驚きの激変!「社長が住む街ランキング」で田園調布と成城がランク外になったワケ

『社長の住む街全国ランキング』田園調布や成城がトップ10から消滅した理由

記事まとめ

  • 東京で金持ちが住む街として、田園調布や成城はそのブランドを維持してきた
  • しかし2020年調査では、『社長の住む街全国ランキング』から姿を消している
  • 社長のステータスが、閑静な住宅地の一戸建てから繁華街の高級タワマンに変化と識者

驚きの激変!「社長が住む街ランキング」で田園調布と成城がランク外になったワケ

驚きの激変!「社長が住む街ランキング」で田園調布と成城がランク外になったワケ

田園調布のブランド力も衰え始めているのか(時事)

 どんな国でもどんな時代でも、金持ちは特定の街に集まるものだ。東京では戦後ずっとそのブランドを維持してきたのが田園調布や成城だ。「家は田調です」「実家は成城なので」と言えば、誰でも「ああ、お金持ちなんだな」「お嬢様じゃん」とわかるフラグだった。

 しかし、そのブランドに大きな変化が起きている。『週刊ポスト』(2021年1月4日発売号)では、「令和のネオ株長者150人の素顔」を特集している。1位はソフトバンクグループ会長の孫正義氏で保有額2.5兆円、2位はファーストリテイリング会長の柳井正氏で1.5兆円……といった目もくらむ金額が並んでいるが(ちなみに150位は231億円)、同特集では番外編として、2020年に東京商工リサーチが調査した「社長の住む街全国ランキング」も公開している。

 2003年の同調査では、同率1位に並んだのが田園調布と成城で、3位が大泉学園町だった。いずれも閑静な住宅地で、東京にありながら敷地も建物も大きな「お屋敷」が並ぶ景観で知られる。ところが2020年調査では、そのトップ3がすべてトップ10から姿を消した。代わって上位に並んだのは、1位・赤坂、2位・西新宿、3位・六本木、4位・代々木、5位・南青山といった東京都心の町名だ。どちらかというと繁華街やビジネス街のイメージが強い場所が多く、社長が邸宅を構えるには不向きにも思える。このうち2003年調査でトップ10にランクインしていたのは南青山だけ(4位)だから、この17年間でブランド力がガラリと変わったことがわかる。

 調査を担当した東京商工リサーチ情報本部の永木緋鶴氏は変化の理由をこう語る。

「赤坂の繁華街の裏手には高級タワーマンションが立ち並んでいます。社長のステータスが、閑静な住宅地の一戸建てから繁華街の高級タワマンに変わっているのでしょう。都心のタワマンはセキュリティを重視するところが多く、コンシェルジュも常駐している。社長の世代交代も進んで、そうした自宅を選ぶトップが増えているのだと思います。今回の調査では分譲か賃貸かは把握していませんが、そうした自宅は賃貸というケースも多いと思います。社長が賃貸に住むというのも時代の変化ですね」

 赤坂の高級タワマンに住む社長の一人は、やはりセキュリティ面を住まい選びの理由に挙げた。

「一軒家よりマンションのほうがセキュリティが堅牢です。敷地に入るところに守衛がいて、エントランスまでクルマで行けますから安心です。タワマンはプライベート・ジムなども併設されていて、人目を避けて生活したい社長さんたちに好まれるのでしょう。このあたりは大使館が多くて、人通りは少ないけど警官が多いというのもいいですね。

 田園調布や成城、大泉学園などは物件の価格も下がっていて資産性も良くないので嫌われています。港区のマンションや土地は中国人投資家も参入してどんどん値上がりしていますから、資産としても魅力的なんです」

 では、今後のトレンドはどうなっていくのだろうか。前出の永木氏は、「コロナの影響で在宅勤務やテレワークが進み、本社機能を縮小、移転する企業が増えています。社長も都心に住む必要はなくなって、郊外や地方などに移住する可能性もあります」と予測する。

 不動産ジャーナリストの榊淳司氏は、郊外でもなく都心でもない新しいブランドが生まれつつあると指摘する。

「センスのいい社長たちがいま狙っているエリアが代々木上原や代官山です。上原はもともとお屋敷町だったところに低層マンションが多く建ち、雰囲気としては“マンションの田園調布”といったイメージです。そうした街に住みたいと言って物件や土地を探し続ける人は意外と多いのです。土地の希少価値が高いということは値下がりもしない。港区はどちらかというと新興企業の社長が住むケースが多いですが、上原や代官山は長い目で見てそこに価値を見出す社長たちが選ぶ街ですね」

 社長の住所は時代を映す鏡でもあるようだ。

関連記事(外部サイト)