ワクチン「打つか」で大論争! パニック恐れて公表されない「コロナ感染は1%以上」という衝撃データ

新型コロナワクチンは接種すべき? 専門家の久住英二氏と岡田正彦氏で意見割れる

記事まとめ

  • 新型コロナワクチンは接種すべきか、様子見すべきか専門家が論じ合った
  • 久住英二氏は接種を勧める根拠のひとつとして感染者数と死亡率を挙げている
  • 岡田正彦氏は、アナフィラキシーショックやワクチンへの過信を指摘した

ワクチン「打つか」で大論争! パニック恐れて公表されない「コロナ感染は1%以上」という衝撃データ

ワクチン「打つか」で大論争! パニック恐れて公表されない「コロナ感染は1%以上」という衝撃データ

欧米ではすでに一斉接種が始まっているファイザーのワクチン(AFP=時事)

 2021年も、まずは国民の最大の関心事はコロナ禍をどう克服するかだろう。欧米ではすでにワクチン接種が猛烈な勢いで進められており、その効果に期待が集まっているが、実際に効果があるのか、重篤な副反応などは出ないのかがはっきりするには、数か月から数年かかると見られている。

『週刊ポスト』(2021年1月4日発売号)では、国民の意見が真っ二つに割れている22のテーマについて、それぞれ専門家が異なる立場から主張を展開している。そのなかで、コロナワクチンを接種すべきか、まだ様子見すべきかを論じ合ったのが、ナビタスクリニック理事長で一般社団法人医療ガバナンス学会代表理事の久住英二氏(接種派)と、新潟大学医学部名誉教授の岡田正彦氏(様子見派)だ。それぞれ傾聴に値する視点で論じているが、打つか打たないかとは別に、両氏は取材で国民が知らないコロナの真実をいくつも明らかにしていた。この記事では、本誌に収録できなかった、注目すべき両氏の指摘を紹介する。

 久住氏は、接種を勧める根拠のひとつとして、実は国内の感染者は報道されている、あるいは国民が思っているよりずっと多いことを挙げた。

「私が聞いた話では、都内中心部の医療機関では、2020年12月現在、PCR検査の陽性率は1%近いそうです。また、世田谷区が独自に実施している介護施設などの職員を対象としたPCR検査の陽性率は、同12月前半で1.46%になっています。連日、報道では東京都の感染者が〇百人などとされていますが、それはあくまで検査で新たに判明した数であって、実際の感染者は何倍もいることが確実です。上記のような陽性率1%超という情報も、公表してしまうと国民がパニックになりかねないから公表されないのです」

 一方で久住氏は、多くの国民が勘違いしているもうひとつの数字について指摘した。

「新型コロナに限らず、『死亡率』といった場合に、発症した患者における死亡者の比率(CFR)を指すことと、無症状を含む感染者における死亡者の比率(IFR)を指すことがあります。当然、IFRのほうが母数が大きいから、比率はCFRより低くなります。ところが、日本では無症状の人まで幅広く検査していないので、正確なIFRがわからない。だから、報じられている『死亡率』というのはCFRのことで、当然、死亡率が高いように感じてしまうのです」

 つまり、国民が思っているよりコロナの感染者は多く、そして死亡率は低いというわけだ。それに対し、接種慎重派の岡田氏は、ワクチンにまつわる2つの懸念を指摘した。

「ひとつは重大な副反応として懸念されているアナフィラキシーショックです。他の医療行為でも起きることであり、コロナワクチンで起きる危険性は高くないという意見があることは承知しています。しかし、これは幼い子供と高齢者に圧倒的に多いのに、メーカー各社の治験では子供は対象にされておらず、高齢者のデータも非常に少ないから、アレルギー体質の人は打つべきではないのです。

 もうひとつはワクチンに対する過信です。ワクチンを打っても感染率が下がる(可能性がある)だけで、感染を完全に防げるわけではない。ワクチンを打てば安心だという意識が広がると、基本的な感染予防を怠って逆効果になる可能性があります。『俺はワクチンを打ったから安心だ』と、予防対策なしに飲食や旅行をする人が増えると、今よりもっと感染が広がる悲劇が起きます」

 そのうえで岡田氏は、ウイルスとの戦いはワクチンなしでも終わると語る。

「ワクチンに頼らなくても、新型コロナが今後5年も10年もはびこる可能性はほぼありません。過去、人類は何度もパンデミックに襲われていますが、どれも必ず、ワクチンなどなくとも収束しています。ウイルスは宿主である人間がいなければ生きられないのだから、人類を滅亡させないという自然法則があるのです。根絶にはかなりの時間がかかるとは思いますが、今回も必ずパンデミックは収束します」

 専門家でも意見が割れるテーマだけに、両論に耳を傾けて慎重に判断したいが、まだまだコロナについて我々が知らないこと、知らされていないことが多くあるというのは、決して良いことではないだろう。

関連記事(外部サイト)