ノンアル飲料拡大の兆し 新生活様式に”ゲコノミスト”台頭

ノンアル飲料拡大の兆し 新生活様式に”ゲコノミスト”台頭

近年は健康志向にマッチした機能性のノンアル飲料も続々登場

 在宅勤務の増加や年末年始のステイホーム生活などで、“家飲み需要”が高まっている。ついつい飲酒量が増えてしまいがちだが、2021年はその反動でノンアルコール飲料の市場が急拡大する可能性があるという。経済ジャーナリストの河野圭祐氏が予測する。

 * * *
 毎年、年明け早々にビールメーカー4社は事業方針説明会を開いているが、2021年は各社とも例年以上に“ノンアルコール市場”への取り組み説明に割く時間が増えるかもしれない。

 ノンアル市場は、ざっくり言えば年間販売が2300万ケース弱(1ケースは大瓶換算20本)で、うちノンアルビールテイスト飲料が約2000万ケース、残りがノンアルのチューハイ、カクテル、ワイン、日本酒となる。市場規模はまだまだ小さいものの、2009年と比較すれば4倍のマーケットで、ここ数年もジワジワと増えてきていた。それがコロナ禍を機に、増え方の角度が上がっていきそうなのだ。

 2020年10月に発表された「サントリーノンアルコール飲料レポート」によると、コロナ禍で在宅比率が高まったことや、連動して運動不足による体重増の人が増えたことも相まって、健康・免疫への意識が高まり、20代〜30代を中心にノンアル商品を飲む機会が増えているという。

 飲用機会が増えた理由は、「美味しくなったから」が最も多く、次いで「在宅比率の上昇」「健康意識」「リフレッシュ」「休肝日」の順だそうだ。加えて、ノンアル商品は軽減税率の対象だったことや、2020年10月の酒税改正にも無関係だったことから、今後も価格優位性があり、消費者も気軽に手を伸ばしやすい。

内臓脂肪を減らす、尿酸値を下げるノンアル飲料も

 振り返ると、アルコールゼロのビールテイスト飲料は、2009年発売の「キリンフリー」が始まりだ。当時、キリンビールに在籍して同商品を世に送り出した佐藤章氏(現・湖池屋社長)は、こう語っていた。

「きっかけは、2006年に福岡で幼い子供たちが犠牲になる痛ましい飲酒運転事故が起きたこと。それを機にノンアルビールの開発が始まりました。結果としてセールスにも繋がりましたが、企業は売り上げや利益だけでなく、社会貢献も重要になってくると気付かされたのです」

 翌2010年にはサントリーから「オールフリー」、2012年にはアサヒビールから「ドライゼロ」が発売され、ノンアル市場は徐々に拡大していく。

 現在、ノンアルビールテイスト飲料のシェアは、アサヒ、サントリー、キリンの順だが、ここ1年余りで機能性を打ち出す商品も続々と登場している。サントリーの「からだを想うオールフリー」やキリンの「からだFREE」は内臓脂肪を減らす点をアピールし、サッポロビールも尿酸値を下げる効果があるという「うまみ搾り」を発売している。

アサヒは低アル、ノンアル比率を高める宣言

 こうしてノンアル市場の競争が熾烈さを増す中、2020年12月10日にアサヒが発表した「スマートドリンキング」宣言の中に、目を引く一文があった。ビール類、RTD(※注)、ノンアルコールの販売容量合計に占める、アルコール度数3.5%以下のアルコール商品およびノンアルコール商品の割合を、2019年の6%から2025年までに20%へ高めるというのがそれだ。

【※注/フタを開けてすぐに飲める飲料。缶酎ハイや瓶入りカクテルなど、水や炭酸水で÷手間のかからないアルコール飲料】

 現時点では、同業他社でこのような目標を掲げたところはまだないが、かなり思い切った数字といえる。アルコール度数3.5%という数字での区切りには、何か意味があるのだろうか。この点についてアサヒの幹部はこう説明する。

「グローバルな酒類メーカー、たとえばアンハイザー・ブッシュ・インベブは3.5%以下、ハイネケンなら3.5%未満という表現で同等の基準を採用しています。当社も日本、欧州、豪州の3極で事業を展開しているため、グローバル酒類メーカーと同等の基準を採用しました」

 確かに、インベブやハイネケン、カールスバーグといった酒類メーカーも、2025年までにローアルコール、ノンアルコール飲料の構成比率を20%まで引き上げる目標を掲げている。アサヒもこれらの海外メーカーと足並みを揃えたというわけだ。

日本でも台頭の兆し“ソバーキュリアス”とは

 WHO(世界保健機関)が、タバコの規制の次に標的としそうなのがアルコール分野であることに加え、国連のSDGs(持続可能な開発目標)の健康分野でもアルコール関連問題が挙がるなど、酒類メーカーにとってローアルやノンアル比率引き上げは、確かに課題になってきてはいた。

 また、こうしたいわば外圧的な要因だけでなく、コロナ禍前から海外では、敢えてお酒を飲まない、あるいは少量しか飲まない、“ソバーキュリアス”と呼ばれる人たちが、若年層を中心に拡大しているという背景もある。横文字のソバーキュリアスほど語感がスマートでクールな印象はないものの、日本でも最近、“ゲコ(下戸)ノミスト”という言葉を目にすることが増えている。

 かつては、「クルマの運転があるから」、「休肝日だから」、「持病がある」、「病み上がりだから」、あるいは、下戸やお酒が弱い人が「酒席で仕方なく注文する」など、積極的な理由からとは言い難かったノンアル商品の選択が、海外のソバーキュリアス台頭を含めて消費者の意識もかなり変わり始め、そこにコロナ禍での新生活様式のトレンドも乗ってきたといえそうだ。

 もちろん、各メーカーの企業努力によってノンアルビール自体の改良も重ねられ、「以前に比べて飲みやすくなった」「美味しくなった」という声も増えてはいる。一方で依然、「ノンアルビールは、通常のビールに比べて香りや味にクセがあって馴染めない」「香料や人工甘味料などの添加物が多い。カロリーゼロでなくていいから添加物ゼロにしてほしい」といった指摘もよく聞く。

 このうち、添加物に関してはたとえば、キリンが2020年3月から発売した「グリーンズフリー」は無添加で香りや味にクセもなく、スッと飲める印象だ。

大手メーカー品以外で人気高いノンアル飲料は?

 ネット上でレビュー評価が相対的に高いノンアルビールを探してみると、大手メーカー品以外で2つ、明らかに露出度が高い商品があった。1つは、日本ビールが販売する「龍馬1865」。もう1つが、パナバックが輸入販売する「ヴェリタスブロイ」だ。

 そこで筆者も両商品をアマゾンで購入し、試してみた。まずは「龍馬1865」。缶デザインにはドイツ麦芽100%、プリン体ゼロ、添加物ゼロ(炭酸以外)の文字が刻印されている。飲んでみた印象は、添加物ゼロと謳うように変なクセはなく、前述したキリンの「グリーンズフリー」の味わいに近い印象で、違和感なく飲めた。

 続いて「ヴェリタスブロイ」。こちらは330mlと、通常の350ml缶に比べてやや容量が小ぶりだ。同じように、缶デザインには添加物不使用の文字があるほか、ドイツ直輸入、ビール純粋令仕様とある。ビール純粋令とは、「ビールは麦芽・ ホップ・水・酵母のみを原料とする」という内容の一文で知られるものだが、それ以上に目を引いた文言が“脱アルコール”の文字だった。

 これは一度、正真正銘のビールを作り、そこからアルコールだけを抜き取る製法だが、日本では同製法は認められていない。実際に「ヴェリタスブロイ」を飲んでみると、味わいはライトで、「バドワイザー」からアルコールを抜いたような印象だった。

ノンアル市場拡大のカギ握る「脱アルコール製法」

 脱アルコール製法による「ヴェリタスブロイ」は、明らかに他のノンアルビールとは香りも味も違って、一線を画していた。文字通り、本物のビールからアルコールだけを抜いた感覚で、一言でいうなら美味しい。輸入者であるパナバックのホームページのニュース欄には、以下のような挑戦的ともいえるアピール文もある。

〈市場環境が激変すれば、10年後にはビール市場の30%がノンアルコールにとって替わられる可能性がないとは言い切れません。そんな中、ビールの代替需要しか視野になく、香料で人工的に味付けしたビール風味飲料に頼っていて、環境激変の荒波を乗り切れるでしょうか? パナバックは本物のビールからアルコールだけを抜いた脱アルコールビール、添加物ゼロで安心・安全な栄養補助飲料とも言える『ヴェリタスブロイ』を提案します〉

 日本ではアルコールを除去する製法を採用した場合、一旦は実際のビールを製造するために酒税法が適用されてしまうし、相応の設備も必要になる。結果、日本製の脱アルコールビールは存在していないわけだが、これは非常に残念だしもったいない。

 醸造技術力が高い国内の大手ビールメーカー各社から、もし脱アルコール製法によるノンアルビールが登場したら、ノンアルビールの市場規模は現在より、飛躍的に拡大する可能性が高いのではないだろうか。

関連記事(外部サイト)