ルポ「水際対策の最前線」 外国人新規入国停止初日の成田空港は長閑だった

ルポ「水際対策の最前線」 外国人新規入国停止初日の成田空港は長閑だった

閑散とした成田空港第1ターミナルの出発フロア(写真は12月26日、時事通信フォト)

 イギリスで新型コロナウイルスの変異種がみつかり、続けて南アフリカ由来の変異種が見つかった。2020年春の、欧州由来のウイルスを防ぐ対応が遅れたことへの反省だろうか、日本政府は外国人の新規入国停止を決めた。島国だから鎖国しやすくて便利だと思うかもしれないが、実際には水際であるはずの空港の様子は鎖国とは違っているようだ。俳人で著作家の日野百草氏が、新規入国停止のその日、成田空港における感染症の水際対策の最前線を取材した。

 * * *
 全世界から日本への新規入国停止が始まった2020年12月28日、京成上野駅。成田空港に向かう京成スカイライナー乗り場に人影はなかった。ちらほらと日本人らしき家族はいるが3組ほどだろうか、あとは外国人が数人といったところ。筆者は10分前から乗車しているが誰もいない。2020年2月以前、25日から春節だった1月に来日した92万4790人の中国人が押し寄せたころは満席だったはずのスカイライナーに、乗客が一人もいない。思えば新型コロナウイルスで死者が続出し、都市封鎖まで敢行された中国から92万人4790人も入れてしまったが(大事な数字なので二度書く)、航空会社も旅行業者も店も観光客も悪くない。入れてしまったのは日本政府である。台湾は1月22日に武漢、そして24日には中国全土の団体旅行の往来を禁止したのに、日本は入れた。

 結局、筆者のみを乗せて発車。次の日暮里で2人ばかり乗ってきたので安心したが、正直どこへ連れていかれるのか不安になってしまった。

「私は仕事で福岡です」

 話しかけると日本人のビジネスマン。夕方の福岡便に乗るという。

「今日のうちに福岡に入って明日はクライアントに出向きます。そのまま実家へ帰ります」

 実家が九州ということでちょうどいいのだろう。

「(車両に人)乗ってませんね、こんなにいないのはゴールデンウィーク以来ですね」

 やはり彼も人が乗っていないのを気にしていたか。ゴールデンウィークとは2020年の緊急事態宣言のころだろう。確かにあのときは特急どころか在来線すら閑散としていた。

 それにしても京成電鉄、筆者の生まれ故郷の千葉県に本社を置く私鉄だけに心配だ。これでは赤字を垂れ流しているだけだろうに。コロナ禍がこのまま続けば、日本の鉄道網そのものが変わってしまうかもしれない。現に2021年春ダイヤ改正から終電の繰り上げ、初電の繰り下げが実施されるが、さらなる減便と特別列車の間引き、廃止が相次ぐ恐れもある。

 終点の成田空港駅(第1ターミナル)に着く。降りる人もまばら、この前駅の空港第2ビル駅(第2、第3ターミナル)も同じようなものだった。今日は12月28日、昨年までなら年末年始を海外で過ごす観光客や日本で楽しむ観光客、国内外の帰省客でごった返していたはずだ。とくに入り口に誰のチェックもなく、空港のエスカレーターを上がる。途中「成田国際空港PCRセンター」の看板。空港では会うことの少ない白衣のスタッフが多数。緊張感が漂う。誰とも会わないエスカレーターを4階まで上がりしばらく歩くと、北ウイングの国際線出発ロビーが目の前に広がる。

「暇疲れします」と力なく笑う

 とてつもなく広大なフロアは空港職員や航空会社のスタッフだけで客はまばら。上から全景見渡せるエントランスに上がってみる。この巨大空港の開放感たるや人生初の経験。ほとんど閉鎖だが、ごく一部のチェックインカウンターにはベトナム人と中国人、ちらほら日本人もいる。こぢんまりとした集団はベトナムの人たち。ハノイ便の出発時間が変更になったらしく少々お疲れ気味。

「帰ります。嬉しい」

 それでも笑顔。日本での日々、いろいろあっただろうに。どうかお幸せに。北ウイングの出発便は電光掲示板の限りはこの遅れているハノイ便の他はソウル便とジャカルタ便のみ。日本人と思っていたのは韓国の人で仲間と記念撮影、あとヒジャブの女性のいるグループはインドネシアの人々、夜の香港便は欠航なので、北ウイングの国際線出発はこれだけ。大型の電光掲示板も数行の表記でなんとも寂しい。

「(これから)大阪です。仕事ですよ」

 椅子しか並んでいないロビーでノートパソコンを広げている男性に話を聞く。夜の便で大阪に仕事だそう。国内線の電光掲示板を見れば福岡便と大阪(関空)のみ。さっきスカイライナーで出会った福岡行きの女性はあれに乗るのだろう。この2便ともピーチ航空(ピーチ・アビエーション)で、2020年10月25日から第1ターミナルになったというポスターが多数貼られていた。企業努力の賜物だろう。それなのにコロナ禍、厳しいことは容易に想像できるが、大手が軒並み欠航の中、こうして飛ばしている。意見は様々だろうが、格安航空会社に休んでいられる余裕はない。2020年11月に破産したエアアジアにはなりたくないだろう。

 国際航空運送協会によれば2020年の世界の航空会社の損失額は12兆4千億円、ヴァージン・アトランティックもタイ航空も破綻した。航空会社はどうしても観光依存が強くなる。生活インフラとしての在来線を持つ鉄道会社より深刻だ。

 南ウイングまで歩く。空港内のショッピングモールはどこも休業中。

「暇疲れします。売り上げもわずかです」

 数少ない営業中のショップ店員が力なく笑う。ごく一部は営業しているがモールのどこに行っても空港関係者ばかりで客はいない。途中、マクドナルドに寄ってハンバーガーのセットを頼む。誰もいない通路横の休憩スペース、ここでも食べていいとのことで席につく。ふと目の前にトイレ、用を足そうと席を立ち、戻ってみるとテリヤキバーガーがない。よほどお腹の空いた人がいたのだろう。さっき耳にした「置き引き、盗難が多発しています、ご注意ください」の空港アナウンスが脳内で虚しく響く。困っている人の役に立ったと思うことにして残されたポテトで食事を済ませる。いいさ、おいしく食べてもらえたなら本望だ。

 他に客は白人の男性とアジア系の女性の2人だけ。マクドナルドは営業していたものの、飲食店もほとんどが休業中。成田周辺は空港関連の非正規職で生活している人も多い。頼みの成田山新勝寺も初詣は自粛だろうし、これでは地域経済も厳しい。

 南ウイングも似たようなもので、師走の成田空港とは思えないほど人の少ない景色が広がる。メキシコシティー、杭州、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、ニューアーク、グアム、シンガポールとそれぞれ出国手続き中。シンガポール行きを最後に南ウイング発着便は18時10分の武漢行き以降すべて欠航とのことで、17時の杭州便に乗らなければ中国人は帰れない。それにしても数少ない中でも中国人とベトナム人は目立つ。日本がいかに購買力だけでなく、彼らの労働力に頼っていたかを思い知らされる。唯一、夜19時55分発のハワイホノルル便(ターキッシュ)が第2ターミナルから飛ぶらしい。数少ない日本人はこれに乗るのだろうか、ハワイは最高だ。なんだか羨ましい。2019年までは年末年始のハワイ便なんか予約をとるだけでも大変、金額もべらぼうだった。今や昔である。

誰も乗っていない車両が2両

 到着ロビーに降りてみる。14時以降はニューアーク、ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコ、グアム、ロサンゼルスとアメリカからの便が多い。午前中はアムステルダムからもKLMが来たようだ。あとはジャカルタ(インドネシア)。全世界からの日本への新規入国停止と菅義偉内閣総理大臣は発表していたが、あくまで新規入国であり、これまでも緩和していた中国や韓国など11ヶ国および地域のビジネス用途の往来は除外している。なんだか一部の報道機関も含め、実態をごまかしているなあというのが率直な感想だ。

「全世界からの日本への新規入国停止!」なんて聞くといかにも空港封鎖かと思わせるが、以前に比べれば少ないとはいえヨーロッパを中心にごく一部の国を除けば航空便は到着しているし、到着ロビーにアジア系を中心に外国人の集団がいる。中国も韓国も、あちらは厳戒態勢なのに日本は口だけで事実上の入国を認めている。筆者も正直、この事実を目の当たりにして拍子抜けしてしまった。

 それにしても外国人、ソーシャルディスタンスの印も無視して10人以上が長椅子に身を寄せて座って話し込んでいる。職員の誰が注意するでもなく野放し、対コロナの最前線たる国際空港とは思えない状況だ。厳戒態勢の他国の空港、たとえばインチョンやヒースロー、シャルル・ドゴールでこうはいくまい。

「9号車、10号車はいまのところ誰もいませんよ、どちらにします?」

 帰りは成田エキスプレス。みどりの窓口で「なるべく人の少ない車両」と告げたら誰も乗っていない車両が2両もあった。JRも大変だ。空港第2ビル駅で3名ほど乗ってきたが静かなもの。入国者は公共交通機関を利用しないよう要請されているがどうだろうか。うかつなことは言えないし声をかけたら無視されたが、日本人とは思えなかった。中国や韓国など、緩和措置の継続されている国からの入国者に対してはあくまで要請、空港から駅に降りる階段に見張りの職員はいたが、抜け道はいくらでもありそうだ。

 政府は2020年の3月から「水際対策の抜本的強化」を謳っていた。「新型コロナウイルス感染症に対する水際対策の抜本的強化に向けた更なる政府の取組」として厚生労働省が発表している。

「全ての国または地域を出発し、日本に到着する航空機及び日本の港に入港する船舶に乗って来られた方については、検疫法に基づく隔離(入院)・停留が必要となる場合があるほか、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機をお願いすることとなります。また、ご自宅等へは公共交通機関を使わず、ご家族やお勤めの会社等による送迎でのお帰りをお願いすることとなります。 加えて、入国した日の過去14日以内に入管法に基づく『入国拒否対象地域』に滞在歴のある方については、全員にPCR 検査が実施されます。そのような状況を踏まえたうえで、渡航、帰国を検討いただくようお願いします」

 としているが、正直、成田空港内を半日歩く限りどこもかしこも野放しとまでは言わないが牧歌的な雰囲気に満ちていた。筆者を含め様々な国の人が少ないながらも空港内を歩いていたが、予想していた緊張感のある水際対策の最重要施設という雰囲気ではなかった。

「静かだからここで仕事してるんです。こんなに便利なところないですから」

 オフィス家具メーカーが提供しているモバイルスペースにいる男性は空港と関係ない成田市の住民であった。別に誰が出入りしても構わないのだろうが「検疫の最前線」である国際空港とは思えない長閑さだ。到着ロビーにアジア系外国人の集団も2組ほどいたが密であってもあちこち動き回っても注意されることはなかった。そもそも誰が帰国者で、誰が出国者で、誰が空港の目的外利用者かもわからない。なぜなら空港は出入り完全自由、2020年末に帰国者が要請を無視して公共交通機関を使うことが問題となっていたが、この空港の体制では無視も簡単、先にも書いたがしばらく空港内でやり過ごして駅に降りればいいだけだ。誰も声などかけられてなかった。筆者もなにか言われるかと思ったが何もなかった。 以上が全世界から日本への新規入国停止が始まった2020年12月28日の成田空港である。この措置は2021年1月31日まで、あからさまな春節目当てであることは明白だ。中華人民共和国における2021年春節の祝日は2月11日から2月17日、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会は菅義偉総理に当初2021年1月末までだった「GoTo トラベル」の延長を陳情、ゴールデンウィークまでの延長が決まった。そして今回の新規入国停止でも中韓からの入国緩和は継続。全国旅行業協会会長にして日中友好団体「日本ボアオ会」創立会長、日韓議員連盟常任幹事の二階俊博自民党幹事長の影響力を思い知らされる。

 そういえば、成田空港の大型スクリーンのあちこちに映し出される映像は2021年東京オリンピックのPR映像だった。春節はともかく、最終的な目標は「コロナ禍でもオリンピック」だろう。国民の命より中国人の金、国民の命よりオリンピックが日本政府の本音だろう。それを支持する「命より経済」という国民も多い。日本政府は当初予定通り、オリンピックのため責任者を除く医療従事者5000人を原則無償で確保する計画、これが我が国の本心だ。

 全世界から日本への新規入国停止と言いながら入国緩和は継続 ―― この矛盾まみれの政策、矛盾を背景に深刻化する「命か金か」の分断。これがコロナ対策に遅れを取り続ける日本政府の現実である。この国のあからさまな春節やオリンピック目当ての強硬策、悲しいかな、コロナがおさまらない限り続くのかもしれない。

【プロフィール】
日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。2018年、評論「『砲車』は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞を受賞。『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)、『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)他。

関連記事(外部サイト)