眞子さま結婚問題「年内決着」か 宮内庁が避けたい「駆け落ち婚」

眞子さま結婚問題「年内決着」か 宮内庁が避けたい「駆け落ち婚」

結婚問題の行方は…(2019年10月、茨城県久慈郡。時事通信フォト)

 2021年になっても日本中の注目を集める秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚問題。まだ新年が始まったばかりだが、今年、眞子さまは30才の節目を迎えられることもあり、「年内での決着が1つの目処」(皇室関係者)とされているという。

 小室さんが受験予定の米ニューヨーク州の弁護士試験は、10月末頃には結果が出る。眞子さまは、直後の11月にも結婚できるよう、心づもりをされているのではないだろうか。

「11月に結婚されるなら、遅くとも6月には納采の儀など儀式を済ませることになるでしょう。すると、4月までに宮内庁はその日程を発表しなければなりません。結婚を順調に進められるよう、宮内庁はご結婚問題をはじめとした秋篠宮ご一家への批判を沈静化させようと、腐心している状態です」(皇室ジャーナリスト)

 もしそれができなければ、“最悪の事態”も考えられる。すなわち、眞子さまと小室さんが、皇族としての通常のプロセスを経ず、強硬に結婚届を提出する可能性だ。

「それが宮内庁がなんとしても避けたい“駆け落ち婚”です。納采の儀を経ないご結婚は前代未聞で、半永久的に後世に語り継がれるでしょう。“天皇の姉と義兄”にあっていいことではない。

 そうならないために、宮内庁は水面下で小室さんに連絡を取り続け、危機管理の専門家の手でハンドリングせざるを得ないでしょう。何かを発表するのであれば、言葉尻ひとつとっても問題ないよう、事細かに擦り合わせることになるのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

 危機はいつ去るのか。

※女性セブン2021年1月21日号

関連記事(外部サイト)