18年ぶり「迎春肉声」公開の雅子さま ギリギリで実現した収録現場

18年ぶり「迎春肉声」公開の雅子さま ギリギリで実現した収録現場

ビデオメッセージで発信された天皇皇后両陛下(写真/宮内庁提供)

 皇后雅子さま(57才)はビデオメッセージの約6分半、片時も目を離さず、決意に満ちた目で画面の先を見つめられた。順調に思えた皇室史上初の試み。しかしその陰には、並大抵ではないご覚悟と葛藤があった──。

 福島県会津地方の民芸品「赤べこ」。体の赤色は疫病を払うとされ、黒い斑点は天然痘を表すという。かつて悪性の天然痘が流行した際、“赤べこを持っていると病気が治る”といわれ、赤べこが子供の身代わりになったとされた。

 1月1日、新年の干支「丑」にちなんだ工芸品を前に語り合われる天皇皇后両陛下と愛子さまの映像が公開された。陛下は赤べこが疫病退散の縁起物であることを説明され、お隣に座る雅子さまは真剣な眼差しで聞かれていた。赤べこは「忍耐と力強さ」の象徴でもある。雅子さまは、18年にもわたる忍耐の末、この1月、ついに力強く「令和の皇后」としての歩みを始められた──。

 令和3年の元旦、天皇陛下の「新年ビデオメッセージ」が公開された。

「陛下と雅子さまが並ばれ、おふたりでお言葉を述べられました。天皇皇后が並んでビデオメッセージを出されるのは皇室史上初のこと。さらに、雅子さまがご自身の声で国民に語りかけられるのは実に18年ぶりです」(皇室記者)

 雅子さまは2002年12月、お誕生日と海外訪問に際しての会見を最後に体調を崩され、国民に直接語りかけられていない。それだけに、昨年12月に陛下のビデオメッセージ配信が決まってから、雅子さまのご同席とお言葉を熱望する声が上がっていた。

「昨年11月の立皇嗣の礼の儀式『朝見の儀』では、秋篠宮さまに語りかけられる形で雅子さまのお声が報じられました。それもあり、雅子さまの肉声メッセージへの期待は最高潮へと達していました。

 そしていま、新年の節目という最高のタイミングでメッセージが実現した。御代がわりから1年以上が経ったいま、おふたりが横に並ぶ“令和スタイル”で臨まれたことで、改めて新しい時代の到来を印象づけるものとなりました」(宮内庁関係者)

 ビデオでは“国民に視線を合わせながら話したい”という両陛下のお気持ちから、原稿を表示する「プロンプター」という装置が使われた。雅子さまがお言葉を発されたのは2回。冒頭の新年のご挨拶と、終盤のメッセージだ。ビデオメッセージの約6分半、雅子さまは片時も目を離さず、まっすぐに画面の先を見つめられていた。

 だが、その決意に満ちた表情の裏には、隠された苦悩があったという。

天皇ご一家だけ撮影が2回延期

 話は新年ビデオメッセージ公開の4日前に遡る。12月28日、新年を迎えたご一家のご近影として、宮内庁は事前に報道機関に向けて天皇ご一家、上皇ご夫妻、秋篠宮ご一家の写真を配信した。だが、当初の配信予定は25日。3日遅れの配信となったのには理由がある。

「事前にご一家それぞれで写真の撮影に臨まれたのですが、天皇ご一家だけは撮影が2回延期になったと聞いています。予定していた撮影日が続けてキャンセルとなったのは、雅子さまのご体調が芳しくなかったからだと思われます」(皇室ジャーナリスト)

 25日に行われた宮中祭祀「大正天皇例祭」も、雅子さまは欠席された。それもご体調の波が原因だったのかもしれない。

 そんな中で行われた、新年ビデオメッセージの事前収録。本来であれば、お誕生日会見など皇族方がメッセージを出される場合は、その収録の日時が前もって報道関係者に告知され、余裕を持って映像が配布されるものだ。

 だが、新年ビデオメッセージに関しては、12月29日という大晦日直前のタイミングまで映像は秘せられ、陛下だけなのか、雅子さまも同席されるのかも明らかにされない、トップシークレットだった。

「実は、収録そのものが報道陣に公開された前日の28日午後に赤坂御所『檜の間』で決行され、急いで編集されたので、侍従側も説明する余裕がなかったのでしょう。その収録の日程も予定より延びたそうです。雅子さまがご同席、ご発言できるのか、ギリギリまで調整が続いていたことがうかがえます。

 ビデオメッセージではお声に震えが感じられ、雅子さまの緊張が伝わってきました。雅子さまのご体調は、いまだ回復途上にあるのでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

直前まで本当に出られるかわからない

 元旦、雅子さまは皇居で「新年祝賀の儀」に出席された。

「女性皇族方は例年と違い、ティアラをつけておられませんでした。コロナ禍で国民が苦しむ中、華美なものは避けたいというご判断だったそうです。雅子さまが決められ、女性皇族方に伝達されたのでしょう」(別の宮内庁関係者)

 皇后として、リーダーシップを発揮された雅子さま。儀式当日のお姿は気品と自信に満ちあふれ、体調不良の噂を吹き飛ばすかのようだった。

「雅子さまはこれまで、お出ましのご予定に合わせて体調を整えてこられました。コロナ禍でメリハリを付けるのが難しくなった最近も健康づくりは欠かされていません。赤坂御用地内のお気に入りのコースを散歩されるなど、継続的に体調管理に努められ、ご体調は上向きだったはず」(前出・別の宮内庁関係者)

 雅子さまは、ご自分が公の場に出ることが、国民に力を与えることを理解されているだろう。

「雅子さまは皇太子妃時代からこれまで、並大抵ではないご覚悟を持って過ごされてきました。きっといまも、強いご覚悟で1つ1つの公務に臨まれているはずです。

 ですが、ご本人がいくら強いお気持ちでご出席を決められても、いまのご体調では直前まで本当に出られるかわからない。今日まで国民に肉声が届けられなかったのは、決して雅子さまが拒まれていたのではなく、“期待に応えたいけれど、どうしても体が追いつかない”という状態の繰り返しだったのだと思います」(前出・皇室ジャーナリスト)

 幾多の葛藤を経て、薄氷の上で成り立ったのが、今回のビデオメッセージだった。

「今回のご出席は雅子さまにとって、大きなステップとなったに違いありません。ビデオ収録なら記者に囲まれることはなく、負担が抑えられたことも実現の追い風だったでしょう。今後はリモートを併用されながら、ご活躍の場を増やしていかれると思います」(別の皇室ジャーナリスト)

 薄氷が張るのは、冬の寒さが残る春浅い頃。氷が解ければ、晴れやかな春の芽吹きが待っている。

※女性セブン2021年1月21日号

関連記事(外部サイト)