追悼・鈴木登紀子さん  「焼きたての鮭が入ったお弁当」とばぁばの口癖

追悼・鈴木登紀子さん  「焼きたての鮭が入ったお弁当」とばぁばの口癖

鈴木登紀子さん(撮影/近藤篤)

“ばぁば”の愛称で親しまれた日本料理研究家・鈴木登紀子さんが、肝細胞がんのため2020年12月28日に永眠した。享年96。亡くなる数日前まで「おいしい」と食事をとり、最期は家族が見守るなか、東京・吉祥寺の自宅で静かに息を引き取った。葬儀は近親者で営んだ。

 昨年3月、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令を機に、料理教室や撮影活動を休止していた。

 鈴木登紀子さんは1924年(大正13年)青森県八戸市生まれ。22歳で青森からもんぺ姿で上京、鈴木清佐さん(2009年に逝去。享年92)に嫁ぎ、一男三女に恵まれた。

 サラリーマンの夫と3人の子供を育てる普通の専業主婦だった鈴木さんだが、自宅で主宰していた料理教室の評判が、当時『きょうの料理』(NHK Eテレ)のチーフプロデューサーだった若山慧子さんに届き、「まだ子供の4人にひとりが栄養失調の時代、母親が料理を楽しむことで家族全員が元気になれば」と鈴木さんを抜擢。1977年、46歳のときに料理研究家として『きょうの料理』(NHK Eテレ)でデビューを果たした。

 デビュー作はまぜご飯や炊き込みご飯などの「ご飯もの」。初めての収録もNGなしの一発OK。

「どのお料理も仕上がりがきれい。また、佇まいやおしゃべりがとても上品でチャーミング、私たちは“はつのへの皇后陛下”と読んでいました」(若山さん)。

 以来、約50年にわたって鈴木さんは『きょうの料理』の“顔”に。後藤?榮アナウンサーとの軽妙な掛け合いも人気となり、旬を生かした日本料理の基本を伝える“登紀子ばぁば”の料理は、時短・手抜き料理が流行った時代においても、不動の人気を誇った。なかでも「おせち料理」は何度も再放送され、最高視聴率を記録したほどである。2015年には、和食文化の継承に尽力した功績から「放送大賞」を受賞している。

「鈴木登紀子料理教室」を続けるかたわら、テレビ、雑誌等で“日本の家庭料理”にこだわった和食を伝え続け、著書は60冊を超える。2020年11月に発売された『誰も教えなくなった、料理きほんのき』(小学館刊)が遺作となった。

「食べることは生きること。私の料理が家族の命を育てていると思ったら、どうして疎かにできましょうか」が口癖。毎月10日間にわたって開催していた料理教室でも、手をきちんとかけた家庭料理の大切さを2019年まで伝え続けた。

 最後の“収録”となったのは、昨年11月初旬、遺作となった『誰も教えなくなった、料理きほんのき』のPR用のボイスメッセージ。打ち合わせも台本もなきままの収録となったが、「ばぁばでございます」から始まり計15分ほど、「言い忘れたことないかしら」と言いながら、スラスラと明瞭な思いを語っている。

「鈴木先生とは15年ほどのおつき合いでしたが、撮影時には必ず、スタッフのために撮影用料理とは別に、炊きたてのご飯とおかずを用意してくださいました。あるとき、校了紙を届けるために夜更けに恐縮しながらご自宅にお伺いすると、『あり合わせて申し訳ないけれど』と、焼きたての鮭が入ったお弁当を持たせていただき、思わず泣きそうになったことがあります。きっといまごろは、最愛のパパさんとの再会を楽しんでいらっしゃるのだろうな……と、鈴木先生の笑顔を思い浮かべながら、心よりご冥福をお祈りいたします」(『誰も教えなくなった、料理きほんのき』担当記者/神史子)

関連記事(外部サイト)