ブッフェを封じられたホテル 定食やワゴンサービスで巻き返しも

新型コロナウイルスの影響でホテルブッフェは中止に 定食や着席スタイルで巻き返し

記事まとめ

  • 新型コロナウイルスの影響で、ホテルでは「ブッフェ」が中止に追い込まれた
  • 「プリンスホテル」では立食から着席スタイルへと変更して好評を博しているという
  • 大浴場でも変化があり、コロナ禍でこまめなチェックと清掃が入るようになった

ブッフェを封じられたホテル 定食やワゴンサービスで巻き返しも

ブッフェを封じられたホテル 定食やワゴンサービスで巻き返しも

多くのホテルで中止されたブッフェスタイルの食事

 一向に収束する気配のない新型コロナウイルスの影響で、徹底した感染予防対策に神経をすり減らしているホテル業界。これまで宿泊客に好評だった館内施設やサービスも次々と利用中止やプラン変更を余儀なくされているが、苦肉の策が思わぬ人気になっているケースもある。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が、コロナ禍で知恵を絞るホテルの現場をレポートする。

 * * *
 オリンピックも延期され、コロナ一色だったと歴史の教科書で後世に語り継がれるであろう2020年──。そして、年が明けても再び自粛生活を強いられるなど、コロナ禍はじつに多くのモノやコトを社会から失わせた。ホテルもまた然り。様々なサービスがなくなり変容していることは多くの利用者が実感していることだろう。

 宿泊施設の供食という点でみると、多くのホテルで「ブッフェ」が中止に追い込まれた。ブッフェといえば、多数の宿泊客がひとつのトレイやトング等を共有して料理をピックアップする。直接手に触れる器具だけではなく、咳やくしゃみ、会話などが原因で飛沫が料理へという可能性も想定すると、中止の動きは当然の流れだった。

 ブッフェに代わったのが定食による提供だ。定食とはいえご飯や汁椀はお代わりできるホテルは多くあったが、定食だけにおかず類は“1回だけ”であり、好きな料理を好きなだけピックアップできるブッフェ時と同料金という施設では苦情も出たという。気持ちは分からなくもないが、筆者個人としては定食になったことで、食事や料理を見直すきっかけにもなった。

 もっと若い頃だったらブッフェで何回もお代わりしていたという年齢的な面も大きいが、それ以上に少しずつ盛られた料理に感心したシーンも多々あった。とあるホテルで定食メニューをよく見ると、ブッフェの際に提供されていたメニューと同じ料理が小皿や小鉢へキレイに盛り付けられている。ブッフェ時でも美味しいという印象はあったのだが、少しずつ盛られた料理が格別に美味しく感じた。

失った「宴会需要」を補う新サービス

 昨年後半よりブッフェを再開しているホテルもあるが、マスク着用は当然としてビニール手袋やスニーズガードもデフォルトであるし、座席の間隔を空けるなどの対策をとる施設は多い。

 手先が乾燥しているとビニール手袋自体をピックアップするのも難儀で、思わず力が入り不必要な枚数までピックアップしてしまうことがある。昨年末に滞在したホテルでは、手をかざすと風力でビニール手袋が持ち上がりそのまま手が入れられる器具を見かけて驚いた。

 ブッフェといえばバンケット(宴会)でもお馴染みの提供方法だが、そもそも不特定多数の人々が集う宴会はコロナ禍で忌避される最たるもの。だが、多くのシティホテルにとってバンケットは重要な収益の柱でありコロナ禍で業績に大きな影響を与えたサービスのひとつだ。

 そのような苦境を乗り越えようと新たなチャレンジはここにもみられる。一例として「プリンスホテル」では立食ブッフェから着席スタイルへと変更して好評を博している。料理はスタッフがワゴンサービスで提供、オープンキッチンで仕上げたメニューをゲストの席まで提供して回る新しいスタイルだ。

 ゲストは席を立つことなく出来立てメニューを楽しめるし、何より料理前の行列が回避できるのは嬉しい限りだ。

 座席間隔を設けた大きなテ−ブルといった対策にも力を入れているが、そもそもブッフェは省人化の点でも秀逸とされてきた中、着席スタイルとあらばホテルやスタッフの負担は大きい。しかし、会食やパーティーが控えられる状況下、安全安心に新たなコミュニケーションを生み出す場を提供したいというホテルの熱い思いも伝わってくる試みだ。

頻繁に行われる大浴場の清掃

 ホテルのパブリックスペースという点でいえば、大浴場にも変化があった。密を避ける(利用者数の調整)ために、使用できるロッカーをひとつおきとしているホテルが多く見られ、パウダーコーナーではフリーにピックアップできるアメニティが撤去されていたホテルもあった。

 時に大浴場の清掃状態に疑問符がつく施設も見られたが、こまめなチェックと清掃が入るようになったのはコロナ禍ならではの光景だろうか。

 アメニティといえば都心の新しい宿泊特化型ホテルで印象的なサービスが見られた。ビジネスホテルなどではロビーでワゴンにどさっと入ったアメニティバーをよく見かけるが、1人分ずつに分けられたアメニティが小さな紙袋に入って並んでいたのだ。

 一瞬、有料アメニティに見えたが無料とのこと。袋に貼られた丸いシールの色で男女別もわかる。手作り感や特別感に加え、余分に持っていかれないだろうし感染対策にもなっている。ITなど最新技術を駆使して省人力化を図ることがコンセプトのホテルだけに温もりが伝わってきた。

GoToでチェックイン行列が問題に

 事業者支援の目的でスタートし、現在中止されているGoToトラベルは、事業者、ゲスト双方に様々な損益をもたらしていたが、宿泊施設でみると現場への負担は計り知れない。

 たとえば、ホテルによっては“チェックイン時の行列問題”も深刻になっていた。キャンペーンにまつわる説明や手続きで、通常の倍以上の時間がかかるなど宿泊客へ負担を強いている状況を嘆く現場の声が多く聞かれた。

 そんな中、昨年取材で訪れた「オリエンタルホテル東京ベイ」(浦安市)で興味深い光景を見た。東京ディズニーランドのゲストが多く訪れるホテルということで、子連れファミリーも多いホテルであるが、ロビーに面して大きなプロジェクションマッピングが設置されている。前に立つと自分が映像に入っているような動きに子どもは大喜び。チェックインの待ち時間も苦にならない様子だ。

 チェックイン待ちも銀行でみるような押しボタン式を導入し、ボタンひとつにも丁寧な消毒を行う徹底ぶり。プロジェクションマッピングの前も密にならないよう管理するなどホテル現場の努力は続く。

 ディズニーランドの閉園後など特定の時間にチェックインが集中していたため、GoTo対策というよりも、以前からチェックイン待ち対策の努力を重ねてきたオリエンタルホテル東京ベイだが、結果としてGoToという大きな環境の変化によって功を奏していた。

コロナがもたらしたサービス向上

 このように、以前から注力してきた様々なホテルサービスの改善策がコロナ禍で思いがけず効果を発揮した例は非常に多い。

 ホテルは競合が増えると差別化などの動きが強まっていく側面がある。いまはライバルと戦うどころか、未知なるウイルスと戦わなければならない状況が続いているが、ある意味でコロナがもたらしたサービスのブラッシュアップは、その裏にある血の滲むようなホテルの“努力の賜物”といえる。それはアフターコロナにおいて、必ずやホテルの文化的価値を高めることに繋がるだろう。

関連記事(外部サイト)