看護師不足の医療現場 「学徒動員」より給与アップが必要だ

看護師不足の医療現場 「学徒動員」より給与アップが必要だ

「大阪コロナ重症センター」で研修する看護師ら(時事通信フォト)

 一都三県で再びの緊急事態宣言。ウイルスとは長い闘いを強いられているが、深刻なのは医療現場だ。コラムニストのオバタカズユキ氏が考察した。

 * * *
 それでなくとも足りなかった看護師が、新型コロナウイルスの感染拡大でさらに人手不足に。そして先日、厚生労働省が全国の看護系287大学に対し、大学院生や教員を医療現場に派遣するよう要望した。すると、このニュースに対し、ネット上では「学徒動員だ」という批判とも悲鳴とも取れる書き込みが大量発生した。

 学徒動員は、第二次世界大戦末期に労働力不足を補うため、国が中等学校以上の生徒や学生を軍需産業などで強制労働させたことだ。敗戦への道を突き進んでいった日本の象徴的事例のひとつだが、その哀史の記憶を今回、多くの日本人が呼び覚ましたのである。

 報道によると、厚生労働省の担当者はこうしたネット上での動きに、「あくまで看護師資格を持つ人に対してのお願いであり、強制するものではない」と話したそうだ。たしかに、看護師資格を持つ看護系大学の教員は基本的に医療現場で働いた経験があるだろうし、大学院生についても多くの看護系大学院では受験時に現場経験を求めているそうだから、ペーパー看護師というわけではない。

 しかし、この要望に応じて現場復帰するということは、それまで続けてきた教員としての仕事、学生としての勉学の中断を意味する。相応の犠牲を払わせるわけであり、そうした人材まで駆り出さなければならぬほど事態がひっ迫していることを表している。それはまさに医療崩壊寸前にあることの証拠みたいなものであり、衝撃的だ。だから、言葉としては大げさであっても、「学徒動員」という末期感のある言葉がピタッと当てはまり、一大トレンドワードになったのだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大による看護師不足については、日本看護協会が「看護職員の新型コロナウイルス感染症対応に関する実態調査」を行っている。その調査結果によると、「看護職員の不足感があった」と答えた医療機関は45.5%に上っている。調査は昨年の9月に行われたものだから、その後はさらに不足感が増したことだろう。

 また、全国の病院うち、新型コロナウイルス感染症対応による労働環境の変化や感染リスクなどを理由とした離職が「あった」と回答したのは15.4%。新型コロナの患者を受け入れている医療機関では、離職率が21.3%と高くなっている。

 こうした数字からも、新型コロナが看護師不足を加速させたことは明らかなのだが、現場の看護師の声を聞くと、その切実さがより一層伝わってくる。医療情報専門サイトm3.comが、昨年末に配信した記事では次のような声が紹介されていた。

〈知識や情報の共有など、日々変わる対応に戸惑いがある。スタッフが罹患したり、家族が濃厚接触者だと風評被害にあったりする。休憩も満足にとれない中、患者やその家族からの心ない言葉に傷つけられたりもする。報われない思いと疲弊で辞めていくスタッフ。その穴を埋めるようにシフトが入れられて行く現実。社会では潜在看護師の復帰と言うが、復帰しては、また心折れて辞めていく。2度目の復帰は恐怖に変わる。労いの言葉もあるが、僅かだ。看護する側も人間、家族もある。生活あっての看護。バランスを保てなければ離職しかない〉

「学徒動員」騒ぎの際も、それより潜在看護師の復帰を急げという意見を方々で見かけたが、先の日本看護協会も含め、復帰の促しはすでに行われており、それなりの人数がまた現場に戻っている。だが、〈復帰しては、また心折れて辞めていく〉という現実。この問題解決には何が必要か。同じくm3.comの「声」にこうあった。

〈養成人員数に限りがあるならば、潜在的人員を発掘すべきとおもう。ただ、今までの様な待遇が全体的に改善されて、かつ十分にトレーニングされることが保証されなければならないと思います。大阪府の募集で『月給50万円、人工呼吸器の取扱経験がある方。夜勤手当月6回分は給与に含む。』単純計算で、夜勤手当6回分で12万円。人工呼吸器の取り扱い経験のある看護師ならば、大阪府の職員給与として月38万円は、特段優遇されている訳では無い。しかも、短期間の雇用では、あまりにもメリットが無い〉

 やはりカネが必要なのだ。新型コロナ最前線の現場で通用するスキルとエネルギーに見合った給与を看護師に与えよ。給料が2倍になればコロナ対応の仕事を受ける人も増えるのでは、というベテラン看護師の意見もネット上にあった。今こそカネの使い時だ。自治体の財力には限度があるだろうから、国がしっかり支援せよ。医療崩壊を食い止めるのにケチケチしている場合ではない。

 そして、その支援は新型コロナ感染者の治療に対してだけではなく、もっと俯瞰的に医療現場の困難を見なければならないということを、次のような「声」でまた知る。

〈感染病棟と、一般病棟がある。一般病棟で、コロナ感染患者が発生すると病棟閉鎖するため、その皺寄せを他病棟が補っている。慣れない他科の入院、オペ出しオペ後など、普段の業務にさらに負担になっている現状。コロナ感染病棟に関しては、対応について議論されているが、本当の医療崩壊は一般病棟から始まっている。コロナ感染病棟は、何かと手当てなどあるが、それ以外を支えている看護師は疲弊し、残業、残業で疲れ切っている。何の手当てもなくただ使命感で頑張っているスタッフをどう支えていけばいいのかと思う。経営陣は、コロナしか見ていない現状があるため、一般病棟の看護師達の離職は進んでいる〉

 コロナ感染患者を救えても、そのせいで他の病人の命を救えなかったら意味がない。コロナ対応、特に重症者を扱う集中治療室では大量の医療スタッフが必要になる。そのぶん一般病棟の医療スタッフを削るしかないのが現状のようだが、そのやり方だけというのもまた崩壊への道である。

 しかし、こうしてほんの少しの医療現場の「声」を聞いただけでも、ヤバイなと感じると同時に、今まで国は何をやっていたんだ、という思いになる。我々が新型コロナの感染第一波を経験してから、もうずいぶん長い時が過ぎている。途中、感染が落ち着いていた期間もあった。その間に今の看護師不足を始めとする医療崩壊の諸問題は、容易に予想できていたはずだ。そして、対策を講じていて当然であったはずだ。

 それが、今になって「学徒動員」である。ロクな対策を打ってこなかったことの証左なのである。この怠慢に対して、国民は怒っていいと思う。必要以上の危機を煽ることは避けたいが、仕事をしないお上に対してはもっと批判の声をあげていい。いや、声をあげる責任が我々にはあるとするべきだ。

関連記事(外部サイト)