ベトナム人留学生がユニクロで起毛パーカを数百着購入した理由

ベトナム人留学生がユニクロで起毛パーカを数百着購入した理由

2021年正月は店頭で福袋の初売りをしない店も多かった(時事通信フォト)

 人気が高く品薄になっている商品を大量購入して売る「転売ヤー」は、最近ではすっかり嫌われ者だ。忌み嫌われているとはいえ、チケットなど特定の品目を除いて転売そのものは違法にはならない。特別な設備がなくとも個人で始められるため、ある人たちにとっては「転売ヤー」がセーフティネットになっているケースもある。ライターの森鷹久氏が、日本の正月を「転売ヤー」として過ごさざるをえなくなった、在日ベトナム人の胸の内を聞いた。

 * * *
 静かなお正月を──。

 旅行も、遊びに出かけることも「自粛」を求められ、かつてないほどに「人出」が見られなかった今年の正月。大多数の日本人は自宅に篭り、テレビなどを見て「静かに」正月を過ごしたようである。しかし、静かに過ごしていては生きていけない、という人々がいた。近ごろ何かと話題になることが増えている「在日ベトナム人」達である。

「ベトナム人には今、日本人から厳しい目が向けられています。もちろん、悪いことをする人はいますが真面目な人たちもいる。だから、悪いことをしなくて済むよう、余裕があったり、仕事がある私たちが、生活が大変なベトナム人を助けなければいけません」

 埼玉県内でベトナム料理店を営むファムさん(40代)は十数年前に来日し、日本人の妻と結婚。県内だけでなく東京や群馬のベトナム人コミュニティにも顔が通じており「頼れる兄貴」と慕ってくれる同胞もいる。そんな彼が今取り組んでいるのは、生活に困った同胞達の救済だ。

 昨年、技能実習生として来日するも、コロナの影響などで仕事が激減し、生活できなくなったという複数のベトナム人が、農家から豚などの家畜を盗み出し、無許可で捌いた疑いで逮捕された。農作物を盗み転売したベトナム人の存在も確認されており、その事実が日本国内のニュースなどで取り上げられると、日本人のベトナム人に対する感情が悪化。筆者も当時、犯行に加担したグループに近いベトナム人に取材をしたが、聞こえてきたのは「生きていかれない」とか「人を傷つけない方法だった」など、その弁解も一方的に断罪できないような悲痛なものであった。こうした背景が、それまで真面目に働き、過ごしてきたベトナム人にも悪影響を及ぼした。

「ベトナム人は悪いことをするかもしれないと、真面目な人たちもアルバイトを減らされたり、辞めさせられたりしたんです。ひどいと思いますが、日本人の気持ちもわからなくはない」(ファムさん)

 ファムさんの店の売り上げもコロナ禍によってかなり落ち込んでいたが、仕事がないベトナム人を雇い入れたり、知人の日本人を頼っては、同胞に仕事がないか、聞いてまわった。それでも食うに困ったベトナム人は後をたたない。正月を静かに過ごせと言われても、金も食べ物もないという同胞達がかなりの数いることに気がついたという。

「食べ物がない人は、お店に来て、タダで食べてもらった。本当は国へ帰りたいけど、帰るお金もないし、コロナで帰れない。それはみんな一緒。私はお店も家もあるし、少しはお金もある。日本のお正月、仕事も食べ物もない人たちと一緒に、お店で過ごしました」(ファムさん)

 助け合うことで、犯罪などに走る同胞が減れば、というファムさんの思い。中には、涙を流して喜ぶ同胞もいたというから、在日ベトナム人の置かれた苦境を改めて思い知らされたという。

 しかし、すべての在日ベトナム人がファムさんのような「兄貴」に支えてもらえるわけではない。どうしても仕事がない、食べ物がない、という人達も当然いる。彼らはいかにして「日本の正月」を過ごしていたのか。

「年末のセール、そして初売りはなんでも安いです。化粧品とかお菓子、一番人気は『ユニクロ』。たくさん買って、ベトナムで売る」

 日本語学校に通いながら、飲食店でアルバイトをしていた千葉県在住のベトナム人・グェンさん(20代)も、コロナの影響で仕事がほとんど無くなった。携帯電話を違法に複数契約したり、同胞女性を風俗店に斡旋するなど法律に触れる仕事に手を出す仲間もいて、グェンさんも心が揺らいだ事があったと打ち明けるが、同居するベトナム人の彼女に諌められた。

「だからベトナム人はダメだと思われる、そう言われました。でも本当に食べ物もお金もない。豚や鶏を盗むのも絶対だめ。だから、日本の商品をベトナムに送ってお金を稼ぎます。このやり方、日本人は嫌いだと知っていますが、仕方がない。犯罪ではないので、許して欲しい」(グェンさん)

 グェンさんは年末年始、首都圏の「ユニクロ」を回れるだけ周り、特にベトナムで人気だという「起毛パーカ」を数百着購入。それを何回にも分けてベトナムで待つ仲間に送るのだという。ベトナムの首都・ホーチミンにはユニクロの店舗もあるが、商品は人気で手に入りづらいし、グェンさんの故郷は、ホーチミンから遠く離れた田舎のため、地元ではユニクロ製品が飛ぶように売れるのだという。

「ベトナムは暑いと思うでしょうが、冬は寒い。だからパーカがたくさん売れる。みんな欲しい」(グェンさん)

 実は、ベトナム人にとっての正月本番は旧暦の正月(2021年は2月12日が旧暦の元日)。1月1日も祝わない、ということではないのだが、あくまでも本番は「旧正月」。だからこそ「日本の正月」は遊んだりせず、徹底的に「稼ぐ」ことにこだわるともいう。

「本当は旧正月に、ベトナムに帰りたい。でも帰れるかどうかわからない。万が一帰れるようになった時のためにお金も貯めておきたい。そうでなくても、旧正月を友達と一緒に祝えるようにしておきたい。でも悪いことは絶対にしません」(グェンさん)

 まさに「生き抜くため」に、過酷な正月を過ごしていた在日ベトナム人達。転売はその金額が大きくなると申告と納税が必要で、ネットを利用した個人の転売に限ると、2019年は転売の無申告による追徴課税が65億円も発生するほどの規模になっている分野でもある(国税庁調べ)。犯罪にならないようにと選んだ転売だが、グェンさんをはじめとしたベトナム人たちの「食い扶持」も、規模によっては「グレー」、もしくは「ブラック」とみなされる恐れは十分にある。

 だが、転売を辞めてしまえば、即食べ物も住処も無くなってしまう。普通の仕事はなく、困った先にあるのは、やはり「違法ビジネス」ということになる。夢に胸を膨らませてきた日本に、彼らが救済される手段はほぼゼロ、セーフティネットが存在していない状況なのだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中でも、ベトナム人というだけで蔑みの目を向けられようと、彼らはがむしゃらに働き続けるしかない。

関連記事(外部サイト)