人間が余る時代、「馬鹿ブス貧乏」はどうしたら生き抜けるか

人間が余る時代、「馬鹿ブス貧乏」はどうしたら生き抜けるか

藤森かよこさん。異色の自己啓発本が反響を呼んでいる

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。このコロナ禍を、そして、コロナによって大きく変わる世界をどう生き抜いたらいいのか。とりわけ非正規雇用の割合の多い女性の雇用は悪化し、自殺者も増えている。

 そのヒントの一つになりそうなのが、福山市立大学名誉教授の藤森かよこさんが上梓した『馬鹿ブス貧乏な私たちを待つろくでもない近未来を迎え撃つために書いたので読んでください。』(KKベストセラーズ)だ。本書は「低スペック女子向け」の異色の自己啓発本として大きな反響を呼んだ前著(『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』)の続編でもある。「世界があなたを必要としなくても、あなた自身が世界に居座れ!」と説く藤森さんに、近未来予測と、“持たざる者”のサバイバル術を伺った。

 * * *

「人間が余る」時代が近づいている

──昨年から始まり、現在も猛威をふるうコロナ危機に対して恐怖と不安を抱いた藤森さんが取った行動は、「徹底的にリサーチ」でした。

藤森:不安なとき、恐怖に駆られたときは、自分が怖いと思っている対象について徹底的にリサーチするに限ります。私は生まれて初めて痴漢に遭遇したときから、そうしてきました。昨年の2月から新聞や関連本、インターネット記事などを読み漁って自分なりに勉強した副産物が、今回の新刊になります。かなり厳しいことも書いていますが、未来予測や対策に、見通しの甘さは命取りです。最悪の未来を想定した上で、自分ができる範囲で備えるのが、生き抜くために必要な姿勢だと思います。

──コロナ危機によって、「遠い未来」だったはずのものが、「近未来」になったと書かれています。たとえばデジタル化、AI化の加速、第四次産業革命の到来……。その結果、「普通のその辺の女性(と男性)の雇用が消える未来」が近くなってしまったと。

藤森:こういう方向に世界が動いていくのはわかっていたんですが、私が死んだ後だと思っていました(笑)。今回のコロナが、その流れを加速させたんです。明治維新も戦後もそうですが、歴史を見ればわかるように、世の中、変わるときはサッと変わります。今は「人間が余る」時代が近づいている。その近未来を、私を含めた「馬鹿ブス貧乏=そのへんの普通の女性」はどうしたら生き抜けるのかを考えました。

罵倒されても教えてもらうべき技術

──日本社会に起きていることをわかりやすく分析・解説されていますが、一つに、コロナは「家族の問題」をあらわにしたと指摘されています。

藤森:コロナは綻びているものを炙り出していると思います。その一つが「家族」ですね。昨年、学校が一斉休校になったとき、SNS上は批判的な意見で大騒ぎになったことに驚きました。これでわかったのは、現代の日本の親は、子どもの養育のかなりの部分を学校の役割としていることです。学校給食がなくなると、食べるものに困窮する子供もいますし、また、家庭内の虐待の問題もあります。もはや機能不全を起こしている家族が少なくない現実を日本社会は受け入れるべきでしょう。結婚して子供を産んで育てるという生き方は誰でもできることではないし、しなくてはいけないことでもないんです。

──テレワークが進むことによって「働き方」も変わりつつあります。

藤森:仕事そのものが好きなのか、人と群れているのが好きなのかも、はっきりしましたよね。人と群れているだけの人ほど、テレワークを嫌がるようです。

──大学をはじめ「教育」のオンライン化も進んでいますが、これもすでに進行していた動きが加速していると。

藤森:アメリカには完全オンラインで学位取得できる大学が400以上ありますが、日本には2020年時点で2校のみです。が、海外に比べて遅れていた高等教育機関のオンライン化に、コロナで拍車がかかりました。学びたい人にとって、環境はよくなっています。もともと小・中・高のオンライン化もコロナ前からの国策だったんですよ。政府はそうした情報をすべて公表しているのに、案外、知らない人は多いですね。

──ICT(情報通信技術)は、近未来を生き抜くための必須スキルだと書かれています。年を重ねるほど苦手意識を持つ人も多いと思いますが、取得する秘訣は?

藤森:出てきた技術を使ってみることです。自分で分からない場合は、罵倒されても頭を下げて、若い人や詳しい人に教えてもらう。3時間かかっても1日かかっても、覚えていくしかありません。システム自体を完全に理解する必要はなく、使えればいいんです。80歳だろうが90歳だろうが、働いていようがいまいが、ICTスキルのない人は損をする時代です。

男性が女性を搾取するのも、女性が男性をATM扱いするのもアンフェア

──前著から一貫して説かれているのは、勉強し続けること、一人で食べていく力を持ちつづけることの大切さですね。

藤森:大企業に入ったら一生安泰とか、男性なら食べていけるとか、そういう時代は終わりつつありましたが、コロナで、さらに終わりに近づいていると思います。もちろん、まだ昔ながらの価値観で生きている人は男女問わずいますし、だから男性の機嫌をとったり、ハイスペックな男性を掴まえることに必死になっている女性はいるでしょう。ただ私は、自分で食べていく力を養ったほうがいいのではないかという考えです。

──ただし、働いていても失業することはある。困窮したときは公的支援の利用も検討すべきで、そのために必要なことも書かれています。

藤森:国の支援制度はたとえば厚生労働省のサイトに載っていますが、はっきりいって検索しやすくもないし、わかりやすくもないと私は思います。だからといって使わないのはよくないわけで、まずは自分で調べて動き、助けてもらいたいなら助けてもらいたいとアピールする必要があります。そのためには、自分の要求を相手にきちんと伝える国語能力が必要になります。馬鹿であっても、無知ではいけない。支援を受けるにも相応の能力が必要なのです。

──コロナは2022年まで続くかもしれないという予測も紹介されている通り、この長期戦を生き抜く覚悟と希望が必要ですね。

藤森:今は、いろんなことがバレる時代です。芸能人の不倫も、政治家の嘘もバレる。だから人は道徳的になりつつあるし、本に書いたとおり、企業も利他主義の方向に進むだろうと予測されています。つまり、オープンハートでフェアに正直に生きていく人が、生きやすい時代になるということです。

 男性が女性を搾取するのもアンフェアだし、女性が男性をATM扱いするのもアンフェアです。大学教員時代、私がポストを得ると、「どんな手練手管を使ったの?」と嫌味を言われたことがありますが、私は何もしていません。たとえ枕営業をする人がいても、好きにすればいいと思いますが、そういうことをしないと仕事を得られない、生きていけないと思っている人こそ、本質的に自分を信頼していないのだろうと思います。

 当面はコロナで混乱が続くと思いますが、その後、世界は大きく変わります。「そのへんの普通の人間」であっても、手を抜かずに自分ができることを必死にやっていれば、人の足を引っ張らなくても、誰かに媚びなくても、自分の力で何とか生きていけます。大丈夫!

【プロフィール】
藤森かよこ(ふじもり・かよこ)/1953年愛知県名古屋市生まれ。南山大学大学院文学研究科英米文学専攻博士課程満期退学。福山市立大学名誉教授で元桃山学院大学教授。アメリカの国民的作家であり思想家のアイン・ランド研究の第一人者。訳書に『水源』『利己主義という気概』ほか。

関連記事(外部サイト)