あのパチンコ店幹部に「時短営業要請」について聞いてみたら

あのパチンコ店幹部に「時短営業要請」について聞いてみたら

急事態宣言/夜間の外出自粛を呼び掛ける埼玉県の大野元裕知事(中央)ら(時事通信フォト)

 1月13日に決算会見を行った、午後8時までの時短要請に応じているサイゼリヤの社長は、政府がランチでも感染リスクが高いと注意を呼びかけたことに対し「ふざけんなよ」と本音を漏らした。ファミリーレストランチェーンであるサイゼリヤ社長の発言に対しては、ネットでも応援の声が大きいが、政府や行政がこれまで、新型コロナウイルスの感染対策について、やや的外れで不注意な注意喚起をしたため、様々な産業に大きな影響を及ぼしてきたのは事実だろう。2020年の緊急事態宣言発令当時、もっとも激しいバッシングを浴びていたパチンコホール業界は、二度目の緊急事態宣言をどう受け止めているのか。俳人で著作家の日野百草氏が聞いた。

 * * *
「ホールは日本でも有数の安全度だと思いますよ、胸を張って言えます」

 相変わらずの貫禄。関東近郊のパチンコ店幹部、西口真二さん(仮名・48歳)とは半年ぶりの再会となった。思えば4月、コロナによる第1次緊急事態宣言直後、新型コロナウイルス感染拡大の犯人かのように仕立て上げられ、一部は晒し者にされた。最終的には日本全国の98.7%のホールが休業要請に応じた。これは全業種と比べても圧倒的な協力体制。それでも犯人とされたのは、パチンコ店だった。

「ただの1度もクラスターなんか出してません。これは事実です。これ、前も言いましたね」

 筆者は昨年、『「私たちの勝ちですよ」休業を選んだパチンコ店幹部は言った』や『パチンコ店幹部に先行きが心配かと聞くと、笑って首を振った』と題した記事などで西口さんに話を伺い、他社で執筆した記事も含め『自粛圧力・三密批判……パチンコ店幹部が語った「魔女狩り」との闘い』として『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)にまとめた。西口さんは高校時代(筆者と高校は別)、千葉県柏市の人呼んで「マル地下」のゲームセンターに集まったオタク仲間の一人だった。そして今回も、そのマル地下で営業し続ける蕎麦屋で話を伺った。やはり柏はいい街だ。旧そごうの展望レストランが見えてくると嬉しくなってしまう。

「三密も今や昔、です。エビデンスなんかなかった」

 第1次緊急事態宣言で喧伝されたのは「三密」だった。政府は新型コロナウイルス感染症対策本部(令和2年3月 28 日決定、令和2年5月25日変更)の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針 」文書の中で、密閉空間、密集場所、密接場所の3つを「三密」として、クラスター発生のリスクが高いと発表した。

「これがパチンコバッシングにつながったわけです。とばっちりを受けたのは同じ風営(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律、風営法のこと)のゲーセンや興行場の映画館ですね。密閉、密集、密接。確かに政府からすれば三密です」

 風営法上、パチンコは4号、ゲームセンターは5号。映画館は風営法ではなく興行場法上の営業となる。共通するのは三密とされ、そのほとんどが第1次緊急事態宣言で休業したこと。しかし、これらの場所でクラスターは発生していなかった。

「そうです。クラスターは発生してなかった。事実ですね。その後はホールやゲーセンは通常営業、映画館はずっと『鬼滅の刃』ですが、それでも発生しなかった」

 そう、緊急事態宣言終了後、通常営業に戻ってもホールやゲームセンターからクラスターは発生しなかった。ましてや、2621万人(!)もの動員を記録した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(興行通信社1月12日発表)を上映した全国すべての映画館から発生しなかった。どれも昨年、「三密」だとして休業させられた業種である。

「それは仕方ない、コロナがなんなのかわかんないんだから。でも休業要請に従っても”潰せ”という意見は怖かった。自分の気に入らないものや自分に関係ないことには残酷になれるんです」

叩きやすいところにはとことん来る

 筆者は当時「砂漠のインド人は魚を食べないことを誓う」というゲーテの言葉を引用した。古いネットスラングなら「俺は嫌な思いしてないから」だろうか。平時ならそれでいいことも、非常時にはやがて自分に返ってくるというのに。

「そのとおりです。電車や食事を叩きにくいのは当然で、仕事をしていれば電車には乗るし昼飯くらいは食いに行く。満員電車に乗ることも、付き合いや仕事上の都合でランチや接待もあるでしょう。人間はそんなもんです」

 西口さん、いや西口は昔から達観しているが、芯は熱い。淡々とした口調とはまるで違う眼光のするどさは、オタクバッシングの時代に見た、あの西口だ。1989年、幼女連続誘拐殺人事件で宮崎勤が逮捕され、あの部屋が映し出された瞬間から始まったバッシングだ。

 当時の雑誌に踊った”ロリコン5万人 戦慄の実態 あなたの娘は大丈夫か?””美少年に走る「女宮崎」はキミのクラスにも1人いる!”という見出し。男女問わず、アニメ好きやゲーム好き、とくに「キャラ萌え」「推しキャラ」系のオタクはクラスの最低カーストに無条件転落となった。この同調圧力と魔女狩りは当時の中高生オタクでないと実感しづらいかもしれない。そんな時代のオタクを笑ったのと同種の連中が、パチンコなんかいらないと攻撃している、エンタメなんか不要不急と冷笑した連中が、いまでは罹患者を「バイキン」呼ばわりで攻撃している。エッセンシャルワーカーを冷笑している。誰がいつコロナのせいで「バイキン」呼ばわりされるかわからない。そんな現場の証言がたびたび報じられている。一緒にするなと笑うかもしれないが本質は違わない。ユダヤ人が悪いというナチのデマにまんまとハマってクリスタル・ナハト(ナチスドイツ政権下のユダヤ人街襲撃事件)を実行したかつてのドイツ国民は、「俺はユダヤ人じゃないから」と一緒にユダヤ人を攻撃し、あるいは見て見ぬ振りで冷笑した。結果は現代人の知る通り。西口さんの怒りの本質はそこだ。

「世の中、叩きやすいとこにはとことん来るってわけです」

 残った数本のそばをつまむ西口さんだが、そのどれも箸の先でぷちん、ぷちんと切れる。いや、切っているのか。しばらくして、

「時短要請、応じますけどね」

 筆者を見ず、それだけ言った。

「日本中どこも厳しいですから、うちだけってわけにはいきません」

 西口は怒っている。物わかりのいいように聞こえるが、声色は明らかに怒っている。1月7日の1都3県の緊急事態措置には、クラスターの頻発する飲食店とともに、なぜかパチンコ店にも20時以降の営業時間短縮という協力依頼が行われた。これに対してパチンコ・パチスロ店舗が加盟する東京都遊技業協同組合は組合員(ホール)に対して、「パチンコ・パチスロ店営業における新型コロナウイルス感染症の拡大予防ガイドライン」の徹底、各種告知広告宣伝の禁止、20時以降のネオン、看板照明の消灯(保安上。必要な場合を除く)とした。

「あくまで法律に基づかない”呼びかけ”って、卑怯ですね。都遊協も言うこときくしかないでしょう。私どもの地域も一都三県(取材段階の発令地域)に含まれているわけで、県遊協も同じように応じるしかない状況です。個々のホールは知りませんがね」

 そう、あくまで「呼びかけ」であったが、その裏には「お前らも時短しろ」という本音が隠れている。クラスターの発生していないパチンコ店も、ゲーセンも、映画館も時短に応じるしかなかった。

「かわいそうに、夜8時に閉めたら大半のゲーセンはやってられないでしょう、平日なんて仕事帰りの客頼みなんだから」

 1都3県のタイトーは一部の店を除き、夜8時閉店で協力した。セガは店による。ちなみに蕎麦屋の向かいにある我らが聖地、ハイテクセガ柏店は協力するものの22時30分までは営業する。今回ばかりは、大手すらその対応は分かれた。

「そりゃそうですよ、ホールだって同じです。協力するにしろ、1時間くらいの前倒しが限界でしょう」

 この「呼びかけ」は法律に基づかないため協力金は1円も出ない。

「あてにはしませんけどおかしな話です。我々は換気、除菌、飛沫防止ボードと徹底してます。マスクをしてなければ差し上げたり、スタッフも最低限の会話しかしない」 各ホールは2020年4月1日からの改正健康増進法に対応するため、大掛かりな空調設備をすでに導入していた。これもコロナ対策に功を奏したのかもしれない。また業界挙げてバッシングに対してきめ細かな説明とサービスに専念した。確かに西口さんの言う通り、ホールは日本でも有数の安全度かもしれない。

「まして黙って台を見つめて一人黙々と打つパチンコに時短呼びかけですよ。クラスターの原因の多くが飛沫であることは明白でしょう、本当におかしな話です」

これからもホールでクラスターなんか出してやるもんか

 これが分断というものか、そもそも時短の名目で夜を対象にするエビデンスは何なのか、例えば筆者は都内ファミレスのお昼を取材したが、8人の団体家族が子どもを中心に盛り上がり、どこも家族連れ、作業員姿の団体さんが老いも若きもゲラゲラ笑いながら入店して来る恐ろしい店だった。とくに目立った某大手工場の人たちは複数人で楽しそうにランチを食べていた。会社は通達を出していないのか、聞く耳を持たないのか。家族連れは3世代7人、大人は安ワインで乾杯。しかし店は悪くない。徹底した管理をしているのは接客からしてわかる。表に出ない好き勝手な市井の一般人の大多数がバレるわけないとやっている。ショッピングモールも歓楽街も、行ってみればどれだけそうした連中が集団でウロウロしているか一目瞭然、そのコストとリスクは店舗側、エッセンシャルワーカーのみなさんが引き受けている。これが今の日本だ。いつの間にやら30万人以上の罹患者を出して、それでも政府要人はパーティーに集う。悔しいが、上から下までそういう国だ。

「大手は大変です。大手は協力金なんてあっても人件費どころか電気代にもなりません。それはファミレスもそうでしょう。ランチでそんな状態でも従業員を養っていかなきゃいけない。ホールだって、とくに都心は大変だと思いますよ」

 コロナ禍、大手はどこも厳しい。営業時間短縮に応じた飲食店に支払う協力金は1日当たり上限6万円に増えたが、大手にははした金でも、小規模零細はほくそ笑んでいる。実際、都下私鉄沿線の小さな飲み屋の某オヤジは「特需」「時短バブル」と大喜び。「純利で6万円なんて夢のよう」「車買い換えるよ」。みんな自分の利得には文句を言わない。この金は税金で、何ももらえないのはパチンコ店やゲーセン、映画館だけじゃない。サラリーマンも大半はもらえない。時短協力金のために東京都は1528億円の補正予算を、大阪府は当該負担だけで最大350億円を見込んでいる。これはすべて税金だ。さしたる節税のすべもないサラリーマンは来たるべき大増税のみ被ることになるだろう。

「でもね、ホールとしてはお客様だけを向いていればいいですから、粛々と営業するだけです。お客様がすべてです。夜8時は無茶ですが、少しならうちは協力するつもりです」

 それはわかるが今後、万が一、休業要請になったらどうするのか。

「それは……覚悟するしかないだろう」

 いつもの達観した西口さんに戻る。どこも限界が近づいている。 今回は時間がとれないということで、遅めのランチをご相伴させていただく形でお話を伺った。この後は「『とある』いいぞ、見てくか?」と言われたが、筆者も予定があるため失礼させていただいた。ライトノベル、アニメなどのメディアミックス作品『とある魔術の禁書目録』を題材にした『Pとある魔術の禁書目録JUA』という機種で、作品は好きだがパチンコを打たない筆者には力説されてもよくわからない。ただ「温泉モード」「銭湯モード」だけはバッチリ記憶した。西口さん、以前会った時より疲れているのか終始そっけなかったのだが、『とある』の面白さを力説する彼は高校時代、『ダイナソア』というパソコンゲームの裏シナリオに熱弁を奮った西口に戻ってくれたのでホッとした。

「これからもホールでクラスターなんか出してやるもんか、だよ」

 別れ際の西口さん、いや西口のプライドだろう。絶対なんてないが、これまで身を切って、徹底したコロナ対策と国への協力をし続けたのがパチンコ業界だった。嫌う人がいるのはわかるが、パチンコ業界が協力したこともまた、クラスターが無かったこと同様、事実だ。

 1月13日、合わせて11の都府県に緊急事態宣言が発令された。もはや経済は限界、あの第1次緊急事態宣言のときのようにパチンコだけ叩いていればいい時代は終わった。気休めに叩きやすいところを叩いたところで、すべての業種に疫禍は襲いかかった。経済や国民どころか、これから国家そのものが疫禍に衰退し始めている。たとえば大阪府は府の貯金にあたる財政調整基金が2020年2月時点では約1043億円だったのが、約234億円にまで激減した。どの自治体も金が尽きかけている。これからはひたすら自粛と増税という未曾有の時代に突入するかもしれない。日本国内で初めて新型コロナウイルスの陽性反応(武漢帰りの中国人)が出た2020年1月15日から丸1年、コロナ禍でも働かざるを得ないサラリーマンや自営業者と一部の裕福な年金者、補助金の出る業種と出ない業種、生活保護を受けられた者とそうでない者 ―― 誰が原因で誰が悪いか、誰が得で誰が損かの罵り合いの中、罹患者が、死者がいまだに増え続けている。

 悲しいかな、この分断された社会はコロナに翻弄されるまま、今年もパチンコの次の生贄を探すことだろう。

【プロフィール】
日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。2017年、全国俳誌協会賞。2018年、新俳句人連盟賞選外佳作、日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞。寄稿『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)、著書『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)など。

関連記事(外部サイト)