日本初の女性国会議員 “政治の素人”はマッカーサーにも直談判

日本初の女性国会議員 “政治の素人”はマッカーサーにも直談判

日本初の女性国会議員として活躍した佐藤きよ子さ。2008年、89才のとき(写真/『生きた愛した闘った 日本初の女性国会議員 きよ子95歳の人生奮闘記』より)

 世界経済フォーラムが発表した2020年の「ジェンダー・ギャップ指数(男女平等指数)」において、全調査対象国153か国の中で日本は121位と、先進国の中では最低ランクだった。

 いまもなお男性優位の社会ではあるが、いま以上に女性の地位が低かった戦後すぐの日本にあって、国会に乗り込んだ女性がいる。2018年10月、99才で亡くなった佐藤きよ子さん(旧姓・三木)だ。

 太平洋戦争後、初めての総選挙が行われたのが、1946(昭和21)年4月10日。第22回衆議院議員総選挙は、男女普通選挙制度を採用して初の選挙だった。当時のきよ子さんは26才。大阪・あいりん地区(釜ヶ崎)でアパート経営に勤しむ“普通の女性”だった。

《私、男女同権というのは女も経済的に自立して、自分の力で独立して食べていける。これが本当の同権と今も考えています。ですから婦人参政権が認められた時、喫茶店やアパートを経営してきた自分こそ「男女同権を外に向けて叫ぶ資格を持っている」と思いました》(1994年8月21日、毎日新聞・以下同)

 理由はもう1つあった。

《東京の女性立候補者が何人か新聞に出て、関西で出そうな人がいなかったことですよ。大阪、関西でだれか名乗りをあげないと、関西の女性はなんて意気地がないのかと言われてしまう。だから「よし、私が出て関西の、大阪のそういう婦人層の目を覚まさせてやる」と》

 きよ子さんが立候補したのは、大阪府第1区(大阪市)。定員7名に対して立候補者はなんと81名と、全国第2位の激戦区だった。そのうち女性は、きよ子さんを入れてわずか5名だ。

 もちろん、きよ子さんに地盤はない。看板もない。財力もない。のちに、《我ながら驚く程の決断力と大胆な行動力である》と、自伝『生きた愛した闘った 日本初の女性国会議員 きよ子95歳の人生奮闘記』(宝塚出版・以下同)の中で振り返っているが、政治にまったくの素人の女性が、「男女同権」を叫ぶという思いのもとに、たったひとりで国政に打って出たのである。

〈ホームレスや女郎たちが〉応援に

 きよ子さんが経営するアパートは、大阪・釜ケ崎にあった。釜ケ崎には遊郭があり、ならず者や女郎、ホームレスが闊歩する街。いつしか、この人々がきよ子さんの友人になっていた。

 選挙母体のないはずのきよ子さんの選挙には、こうした釜ケ崎の住人が大挙して応援したのだった。「正義の女性」と書かれたのぼりを持って選挙区内を練り歩くと、時間を持て余したホームレスや女郎たちが後ろからついてきて、「がんばれ!」と掛け声をかけた。

《演説でしゃべり疲れると、(ホームレスや女郎たちが)なけなしの金で買ってきたお茶や飴をくれる。他には絶対にない、不思議な光景だったと思う》──

 公約は、「食料の確保と1人3畳の住まい」。多くの人が焼け出されて住まいがなく、食べるものにも困っていた。きよ子さんは、それが見過ごせなかったのだという。きよ子さんは、選挙演説でこう語っている。

《私は、こないして皆さんに生意気なことを申し上げるようだけど、だれにも頼らず家族のために、自分の手で稼いできました。自分で稼いだお金で選挙に出るんです。だから私こそ、その資格があるんです》(1994年8月28日、毎日新聞)

 しかし、選挙の妨害や嫌がらせも多かった。初の女性立候補者の1人であるうえ、若くて独身。にもかかわらず、演説をすれば人が集まる。有り体に言えば、目をつけられたのである。ほかの候補の運動員らしき人物から殴られたこともあった。当時のある新聞には、「中国人の愛人じゃないか?」という根も葉もない妨害記事を掲載されたこともあるという。

 しかして結果は、3万2767票を獲得し、7位で当選。誕生日を迎えたばかりのきよ子さんは27才、全国最年少での当選だった。

 こうして、晴れて衆院議員になったきよ子さんが力を入れたのは「生活保護法」と「売春防止法」だった。食糧難解消の要請をするために、同じ女性議員と共に、GHQの最高司令官マッカーサーに直談判に行ったこともある。

《(マッカーサーは)背の高い男前でな。でも全然威張りがない。話をよう聞いてくれた》(前出の自伝・以下同)

行動力のある女性は、「変わっている」存在だった

 議員は一期で終わったが、日本初の女性議員の勲章は褪せることがない。きよ子さんが生まれたのは、1919(大正8)年。第一次世界大戦が終わった翌年だ。誕生からわずか半年後に、きよ子さんの父親が肺炎で亡くなってしまう。

 長屋を持っていた父親は、住人が困っているのをみると、自分の家も顧みず助けたという。肌着がなくて震えている子供をみれば、わが子の肌着をあげた。母親は、夫を亡くしてからも、お金を工面しては、身寄りのない子供たちを引き取って育てた。多いときには10人の子を預かっていた。

 人助けが当たり前の両親の血をひくきよ子さんは、子供の頃から曲がったことが大嫌いな性分で、いじめられている子をみれば、いじめっ子のところに押しかけていって「謝れ!」とけんかを売りに行ったことさえあるという。

 女学校を経て保険外交員になったきよ子さんは、持ち前の行動力と母の助けになりたい一心で売り上げ1位を収めたが、当の母からは、きよ子は性別を間違えて産んでしまったかもしれないと言われることがよくあったそうだ。この当時、行動力のある女性は、「変わっている」存在だったのだ。

 やがて兄の紹介で知り合った東大卒のエリートサラリーマンと大恋愛の末結婚するも、残してきた母やきょうだいが心配になり、夫の家族に土下座して離婚。その後、戦争が終わるまで、アパート経営で家族を支えながら糊口をしのぐことになる。

《敗戦のショックに打ちひしがれる男性を横目に、私は命が助かったこと、死ななかったことに歓びを感じ、解放感で大声を上げたい衝動に耐えて、全身がガタガタ震えた》

 戦後の混乱の中、前を向いたのは、きよ子さんたち女性だったのだ。そして総選挙への立候補、当選と続く。野に下ってからも、日照権や建築公害に関する住民運動をするなど社会とかかわり続け、解決した件数は、300件以上にのぼる。

 2005(平成17)年、86才になっていたきよ子さんは、新たな社会運動を始める。ホームレスへの毛布の配布だ。

《屋根の無い武庫川土手で暮らすホームレスの人達や、大阪の釜ケ崎の路上生活者に、肌着や毛布等を届けるという、ささやかな活動を続けている。冬の武庫川の河原を歩き、一人一人と言葉を交わしながら毛布を手渡していく。たった一枚の毛布に「有り難う」と涙ぐみ喜んでくれる人が、今時、どの世界にいるだろうか。逆に私自身が、この人たちから生きる支えをもらっているのである》

 きよ子さんは亡くなるまで、自らの味わった苦楽のすべてを生かして、人のために生きた。

※女性セブン2021年1月28日号

関連記事(外部サイト)