初の国家資格取得女性医師・荻野吟子 障壁となった悪しき前例主義

初の国家資格取得女性医師・荻野吟子 障壁となった悪しき前例主義

日本の女医の道を切り開いた荻野吟子(写真/共同通信社)

 今でこそ女性の医師は珍しくないが、それが当たり前になったのも先人の努力があったから。1913年、62年間の激動の生涯を終えた荻野吟子は、1885(明治18)年、日本における最初の国家資格を持った女性医師となった人物だ。

 吟子は幕末の1851(嘉永4)年、現在の埼玉県熊谷市の名主の家に末娘の五女として生まれる。名字帯刀を許された家で不自由なく育ち、17才のとき、望まれて近くの名主の長男・稲村貫一郎と結婚する。荻野吟子記念館などのガイドボランティアを行うNPO法人「阿うんの会」代表理事の増田哲也さんが話す。

「1度目の結婚後、吟子は夫から淋病をうつされてしまいます。この病気のために、吟子はいまの東大の医学部にあたる大学東校の附属病院で診察を受け、2年ほど入院していました。当時は男尊女卑の時代で、当然ながら、医師はすべて男性。診察のために、若い男性医師に恥ずかしいところを見られるという屈辱に耐えかね、女性医師の必要性を感じて決心したと、吟子の日記に書いてあります」

 しかし、当時は「女性に学問はいらない」と考えられていた時代。裕福な家に嫁ぐことこそが女性の最大の幸福とされていた。

「当時の人からすれば、医師は男性だけに許された職業です。それを目指すという吟子に、父や兄はいい顔をしなかったようですが、母親だけは賛成した。幼い頃から優秀だった吟子が、玉の輿の結婚にやぶれて帰ってきているわけですから、母は同じ女性として、背中を押す以外にはなかったのではないでしょうか」(増田さん・以下同)

 吟子の優秀さを物語る逸話が残っている。当時の名主は、塾から家庭教師を呼び、自宅で自分の子供を教育していた。『江戸繁昌記』で知られる儒学者の寺門静軒が、吟子の兄に漢学や漢詩を教えていたところ、まだ幼かった吟子は、隣の部屋で聞いていただけなのに、兄よりも早く漢詩を覚えてしまったそうだ。

 やがて東京女子師範学校(お茶の水女子大学の前身)の一期生として首席で卒業した吟子は、上野の医療系私塾・好寿院の聴講生となる。

「女性が正式な学生になることは認められず、聴講生という身分だったようです。同級生の男性から“なぜこんなところに女性がいるんだ”などとからかいを受けることもあったことは想像がつきます。それを避けるためか、吟子は男性の格好をし、常にいちばん早く学校に着き、いちばん前の席に座って学んでいました」

 1882年、31才の吟子は、好寿院を優秀な成績で卒業する。だが苦難は続く。東京府(現・東京都)に医術開業試験願を提出したが却下されたのだ。埼玉県でも同様の扱いだった。「女性の医師は1人もいない」という、悪しき前例主義による門前払いだった。

 このとき、吟子を支えた支援者たちがいた。卒業後の吟子が生計を立てるために家庭教師をしていた、軍医監で子爵の石黒忠悳や好寿院塾長の高階経徳だ。嫁いだ先で知り合った女流南画家の奥原晴湖もまた、吟子の背を押した1人だった。皆、荻野吟子という人を知っていたからこそ、その才能を惜しんだのである。

 受験が許されたのは、そんな吟子の支援者の1人が見つけた平安時代の律令の解説書『令義解』によってだった。この書物の中に、平安時代にも女性の医師がいたことが記されており、わが国の「女医がいない」という前例が覆ったのだ。これがなければ、日本政府はやはり女医を認めなかったのだろう。1884年に願書が通り、見事合格。1885年、吟子は、日本初の女医となる。

 すぐに湯島(東京)に「産婦人科荻野医院」の看板を掲げ、医院を開業する。花街が盛んだった東京には性病に悩む女性が多くいたため、吟子の医師人生の中で、最も成功したといわれている。廃娼運動に取り組んだり、衆議院の婦人傍聴禁止の撤回運動に参画したりするなど、吟子は女性の権利向上のための取り組みを強めた。キリスト教に改宗したのもこの頃だった。

 その後、40才のとき、15才年下で熱心なキリスト教徒だった同志社大学生の志方之善と、周囲の猛反対を押し切って結婚。夫の「北海道を理想郷にする」という夢を信じ、病院をたたんで夫を追い、北海道に移り住んだ。道南地方の瀬棚村(現在のせたな町)で新たに病院を開業し、吟子は一家の大黒柱を担うことになる。

「瀬棚村にはもう1軒、男性の医師がやっている病院があり、やはりそちらに押し負けて、あまり繁盛しなかったようです。それでも、吟子は夫の引く馬に乗って、いつでも親切に往診に行きました。合間を見て日曜学校や婦人会をつくったり、北海道でも女性の地位向上のために努力していました」

 かつて吟子の養女のトミは、作家の故・渡辺淳一さんに、《おばさん(吟子)は厳しくこわい人で、おじさん(吟子の夫)はやさしい人でした》と語っている。吟子はまだ幼いトミにほとんど遊ぶことを許さず、家事と学習を身につけるよう、厳しくしつけたという。

《おばさんはいつも夜中の1時、2時まで英語の勉強をしていて、朝は10時前に起きることはありませんでした》(トミ)

 この厳しさと勤勉さが、世の中を大きく変えたことは間違いない。

※女性セブン2021年1月28日号

関連記事(外部サイト)