坂東眞理子・小笠原文雄対談【2】 「よりよい死の迎え方」とは

坂東眞理子・小笠原文雄対談【2】 「よりよい死の迎え方」とは

坂東眞理子さん

 日常生活を一変させた新型コロナウイルス。2度目の緊急事態宣言が発出され、ふたたび不自由な生活が強いられる中、前向きな気持を保つことは簡単ではない。『70歳のたしなみ』で後半生を黄金時代に変える心構えを説いた昭和女子大学理事長・総長の坂東眞理子さんと、『なんとめでたいご臨終』で最期まで朗らかに生きて旅立った人たちのエピソードを明かした在宅医療の第一人者・小笠原文雄さん。ベストセラー著者2人が、コロナ禍に考えておきたい生き方、死に方について語り合った。

 ベストセラーとなった『70歳のたしなみ』で70才からの後半生を幸せに生きるための“たしなみ”を描いた坂東さん。彼女がコロナを機に考えるようになった「よりよい死の迎え方」をめぐり、2人の対話は深まってゆく。

坂東:お釈迦様は亡くなるとき、老衰で穏やかに生命が消えていかれましたよね。私自身も、ろうそくの炎が消えるようにすーっと亡くなるのが理想です。

小笠原:在宅ホスピス緩和ケアの目的は、朗らかに生きて、清らかに旅立つことです。病院で苦しんでいた人が、家に帰り、在宅ホスピス緩和ケアに切り替えたら、笑って長生きする人が3割くらいいるんです。余命5日と言われた人が8年生きるなど、ありえないことがいっぱい起きるんです。

坂東:それが本当に不思議です。

小笠原:ぼくが病院に勤務していた頃、患者が苦しんで死ぬと、「ご愁傷さまです」と言うように先輩から教わりました。在宅では「家にいたい」という願いが叶い、希望の中で生き、満足して、納得して、死んでいく。「希望死・満足死・納得死」が叶う生き方ができると「なんとめでたいご臨終」だと家族も喜ばれます。

坂東:臨終のときはしんみりすると思い込んでいたので、みんなが笑ってピースして最期を迎えるなんてビックリしました。いままでの常識とかけ離れていますね。

小笠原:そうなんです。現場では、いのちの不思議さを目の当たりにします。大学や教科書で学んだ医学は正しいと思っていましたが、在宅の現場では、そうした常識を覆すことが起こるんです。ひとり暮らしの人は誰かいるときに亡くなるとか、死ぬときを選ぶいのちの不思議さに驚いてしまいます。

坂東:本当に人間の生命って、わからないことの方が多い。病院で亡くなった場合、周りの人は“ここまで苦しんだのだから、亡くなってホッとした”と言うでしょう。死ぬ前は本当に苦しいんだとみんな思い込んでいますよね。進行が遅く、痛みが少ないといわれる90才を過ぎてからのがんだって、部位によっては痛むと聞きます。

小笠原:はい、痛むこともありますが、きちんと取れるんです。緩和ケアの仕事は痛みや苦痛を和らげ、心のケアをすることなので、末期がんの患者でも、モルヒネを上手に使うと痛みはなくなります。ただしモルヒネを使う医師も玉石混淆で、医師を選ぶ必要があります。私が会長を務める日本在宅ホスピス協会の医師は安心だと思っています。

 患者が苦しむのは、ドクターのスキルがないか、病院という環境だからこそ心穏やかにならないのかもしれません。かかりつけ医を、ぼくらが支援しながら教えるシステムが広がれば、どこにいても誰でも穏やかな死を迎えられるはずです。

坂東:私の祖母は肝臓がんでしたが、ドクターに往診してもらって、自宅で亡くなりました。当時、私は6才でしたが、祖母の顔がだんだん黄色くなっていった記憶があります。いまはほとんどのかたが病院で亡くなるので、自宅で亡くなる近親を看取り、死ぬとはこういうことなんだという経験をする機会がなくなりました。いまは病院に行って、ああ亡くなったのだと知るだけだから、テレビゲームをリセットするように、故人がすぐに生き返りそうな気がします。

小笠原:家で死ぬと、“人が亡くなると冷たくなって、二度と戻らない。だからいのちは大切なんだ”とわかります。子供にとっていのちの大切さを学ぶ貴重な経験となります。人間は必ず死にます。どうせ死ぬなら、残された人に、どういうふうに死ぬのかを見せることが大切だと思います。残された人のお役に立てれば、死ねる喜びを感じられるのではないでしょうか。実際に清らかに亡くなると、残された人はとても穏やかな気持ちになれるんですよ。

坂東:死について考えるために、私は日本の仏教にもっと頑張ってもらいたいと思っています。

小笠原:ぼくは僧侶でもありますが、その意見には大賛成です。

坂東:自分の力ですべてが解決するのではなく、長い無限の時間の継続の中で自分は生かされているという考え方を自覚するために、宗教はとても大事です。特に山川草木すべてに命があり、その一部である自分も与えられた命を生き切るという仏教の教えは、日本人にはなじみが深い。普段からそう考えられるようになると、死に対して、そんなにたじろがずに受け入れられる気がします。

小笠原:森羅万象のごとく、人も自然に還っていくわけです。人間のいのちは非常に面白いもので、そのいのちを考えながら生きているときは幸せですよ。いのちがあるからこそ、自分は救われているし、生かされている。だからこそ、この喜びを誰かに与えたい、教えたい、伝えたいと思うはずです。まあ、若い頃はなかなかそういう気になれないけど……。

坂東:おっしゃる通りです。『70歳のたしなみ』では、高齢期のたしなみについて、〈「生老病死という命の大原則を変えることはできない。老いや死と同じく病を受け入れ、病とともに生きる覚悟も必要である〉と書きました。年齢を重ねたら病や死を受け入れて、自分が生かされていることに感謝したいものです。

小笠原:せめて70才を超えたら、自分や家族のためだけでなく、国民のために、山川草木すべてのお役に立てれば幸せだと思えるようになりたいですね。

坂東:いろいろな物事を知るだけでなく、自分の命のありようや人の縁の不思議さをしっかりと知ること。年を取ったらそんな「智慧」を身につける必要があります。

小笠原:悟るような智慧ですね。こればかりは勉強しても身につかず、聞くことと、実践から学ぶしかありません。

坂東:私たちはいつ死ぬかわからないからのほほんと生きていますが、やはり高齢期になるとどれだけ健康に気をつけていても病気になることが避けられず、大切な人との別れにも直面して、「ああ自分はあと何年生きるだろうか」、「残された時間をどう生きればいいのだろうか」と考え始めます。そのとき大事なのは、「残りの人生はいい生き方をしよう」とスイッチを入れることではないでしょうか。

小笠原;たとえば70才の古希から77才の喜寿までの黄金世代、「人のお役に立てる、もっといい生き方をしたい」と心に誓うことですね。

坂東:その通りです。コロナやがんや不慮の事故で亡くならず、運よくも生きていられるのですから。いまを大切に生きることが、いい死を迎えるうえでもとても大事であると思います。結局のところ、いい生き方をすると、いい死に方ができるのだと思っています。

【プロフィール】
坂東眞理子(ばんどう・まりこ)/1946年富山県生まれ。昭和女子大学理事長・総長。1969年に総理府入省。男女共同参画室長、埼玉県副知事などを経て、1998年、女性初の総領事になる。2001年、内閣府初代男女共同参画局長を務め退官。330万部を超える大ベストセラーになった『女性の品格』ほか著書多数。

小笠原文雄(おがさわら・ぶんゆう)/1948年岐阜県生まれ。小笠原内科・岐阜在宅ケアクリニック院長。循環器専門医・在宅専門医。日本在宅ホスピス協会会長。名古屋大学医学部特任准教授。昨年、第16回ヘルシー・ソサエティ賞医師部門を受賞。在宅看取りを1500人以上、ひとり暮らしの看取りを99人経験。

取材・構成/池田道大 撮影/政川慎治

※女性セブン2021年1月28日号

関連記事(外部サイト)