増殖する「白ナンバーのウーバー配達員」はあまりにも危険だ

増殖する「白ナンバーのウーバー配達員」はあまりにも危険だ

街中を走る「ウーバーイーツ」の配達員。ほとんどの配達員が自転車もしくは原付バイクで配達している(イメージ、時事通信フォト)

 米ウーバーテクノロジーは日本に本格進出するにあたり、2015年2月に一般ドライバーによる送迎事業のライドシェア(相乗り)の実証実験を福岡市で始めた。しかし、国土交通省から中止するよう指導され、米国とまったく同じ形での展開を諦めた経緯がある。これは、無許可でタクシー業を行う「白タク」行為を禁じた道路運送法に違反する恐れがあるためだ。同社が展開するウーバーイーツでも運送業の許可申請に関わる貨物自動車運送事業法との関係が危ぶまれたが、自転車もしくは原付バイクを使用する配達員ばかりで、サービス開始にあたって監督官庁から特に注意が行われることはなかった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって窮地に陥った人たちのセーフティネットのような存在になっている現在、無届け車両による配達が目につき始めた。俳人で著作家の日野百草氏が、一部の白ナンバー営業に振り回される配達員たちをレポートする。

 * * *
「いや勘弁してよ、あんたに関係ないでしょ」

 都心の繁華街、軽ワゴンの男性は口元を歪ませた。彼の車は白ナンバー。どう見ても自家用だ。

「証拠はあんの? 違うってば」

 筆者はしっかり見届けている。彼がウーバーイーツの配達をして、客のマンションから戻ってきたところを。結局、彼は筆者を無視して車を走らせた。彼の行為は白ナンバー営業、貨物自動車運送事業法違反だ。無許可営業なので「三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金」(第七十条)が科せられる。

 もうひとり、都内路地の一角、これまた軽のミニバンでウーバーイーツを運ぶ若者。

「だめなの?」

 本当に知らないのか聞き返されてしまった。知らないはずがない、若者はあきらかに挑戦的な表情で胸を押さんばかりに凄んでくる。が、すぐ踵を返しタワマンのホールに消えた。

「白ナンですか、バイクは前から、最近は車も見ますね」

 池袋。リクエスト(配達要請)の知らせが鳴らないらしく、店の前で地蔵を決め込む配達員に声をかけるとやはり白ナン、白ナンバーによるウーバーイーツ配達の目撃談があった。これは完全に違法、ウーバージャパンでも即アカウント停止になる重大な違反行為だ。2020年7月30日には広島県で400ccのバイクを使ってウーバーイーツの配達員をしていた男が摘発された。125cc超のバイクで有償配達する場合は国土交通省に届け出が必要で、これがバイク便でよく見る「緑ナンバー」の二輪車である。男の白ナンバー行為は通報で発覚したが、これは律儀にもウーバーイーツのバッグを使っていたからだろう。さすがにウーバージャパンも犯罪行為なので「警察の捜査に全面的に協力している」とコメントしている。そう、マナー以前の問題、犯罪だ。

「山手通りで見ましたよ、150ccだった。あれは125とサイズ一緒ですから」

 小型スクーターの中にはフレームも外観も同じ、ぱっと見は小型自動二輪(50cc超125cc以下)か普通自動二輪(125cc超)かわからない車種もある。よほどのマニアでない限り、ナンバーの色で判断するしかない。

「店にも車両情報は行きますけど、わかんないんじゃないですかね。白ナンと緑ナンなんて違いも知らない人は多いでしょう。それに店にバイクで入るわけじゃないし、店員も離れたとこに停めたバイクの確認なんかしません」

最近はバイクより車の白ナンバー

 それはそうだろう。ピック先の店には車両情報も伝えられるが、いちいち店を出て車両を確認する店員など少数派だ。多くの店員が運送業法を熟知しているわけでもない。筆者の知人の洋食屋さんいわく。

「ちゃんと配達してくれればいいですよ。端末には(車両情報)出るけど、うち(の店)は3階だし、実際にどんな乗り物で運んでるかなんて確かめたことない」

 そう、店の本音は「運んでくれればいい」だろう。そして客の側も「持ってくればいい」だ。ウーバーイーツは三者三様「知らぬ存ぜぬ」を決め込むことができる。これまでのウーバーイーツによる騒動の元凶は、雇用者も責任者も突き詰めれば「いない」という、徹底してドライな関係志向にある。そして問題うやむやのまま、日本社会にフリーライドしている。

「それにウバッグって別に使わなくていいんですよ。なんか勘違いしてる人いるけど、バッグはなんだっていいんです。”Uber Eats”って表示の必要もないです。だから白ナンで乗ったってウバッグがなきゃ、ぱっと見ウーバーかどうかわかんないです」

“ウバッグ”とはウーバーのバッグを指すスラング。おなじみのバッグだが何度かモデルチェンジをしていて、一時はあのウーバーのロゴのないタイプも販売されていた。そもそもロゴ以前にバッグは何を使ってもいい。ウーバージャパンも配達員にウバッグを推奨しているが強制はしない。あくまで雇用関係はないからだ。配達員は個人事業主でウーバーイーツというマッチングアプリに登録しているだけのこと。むしろアプリという立場のウーバージャパンではなく店や客が配達員の「使用者」だろう。

「ナンバー登録もするけど、写真送るだけですからね。別の車両に乗ってもチクリ以外じゃわかんないでしょう」

 配達員(パートナー)になるとき、「自転車で配達」「原動機付自転車での配達」「軽自動車やバイクでの配達 (125cc超)」の三択で申請するが、登録した車両(ナンバープレートも撮影して送る)以外の配達は認められない。しかし筆者は昨年秋、埼玉の4号線でウーバーバッグを積んだホンダPS250の白ナンバーを見た。もちろん走り過ぎただけなので配達中かは分からない。別に配達中でなければウバッグ積んで普通自動二輪に乗っても個人の自由。自転車登録でスピードが異常だとアプリで警告されるが、下道を走るスピードなど125ccであれ150ccであれ、普通二輪の括りならそれほど変わらないだろう。つまるところ、バレなきゃやりたい放題だ。

「でも最近はバイクの白ナンより車でしょう。しょっちゅう話題になりますよ」

 そして冒頭の白ナンバーの車による配達の話。筆者もたびたび目撃したが、ウーバーイーツの配達員の口から最近聞かれるのがこの白ナンバーの車による配達だ。普通車は二輪同様の緑ナンバー、軽自動車の営業車は黒ナンバーとなる。最近はオリンピック記念ナンバーで軽自動車も白ナンバーが走っているが、営業車はその特例から除外されている。

「ハイエースで外国人二人組でしたね。東南アジアだと思います」

 都下で配達する姿を見たという別のウーバー配達員の話。筆者が見たのはいずれも日本人だったが、配達員の証言では外国人、東南アジア系が多い。それにしても車はどこで調達するのか、そういったコミュニティがあるのか、白ナンバー営業という罪を犯してまで車を使うなんてウーバーの稼ぎを考えたら見合わないと思うのだが ―― 指示役の下で不法滞在者が配達しているとの噂もあるが、こんなのと事故ったらたまらない。それにしてもなぜ車。渋滞に巻き込まれやすいし、狭い都心で車なんて配達に不利では。

「寒いからでしょ、車のほうがあったかいもん」

 新宿御苑にいた別のウーバー配達員の話。彼も地蔵中で寒そう。確かに冬になって目撃したという証言は多い。それはわかるがどう言い訳しても無届けなら犯罪、貨物自動車運送事業法違反だ。「配達パートナーの危険な運転に関するお問い合わせや、不適切な行動などをご報告いただいた場合、お客様からいただく情報に基づいて Uber 内で該当配達パートナーを特定し、注意喚起や適切なアドバイスを行うサポートも取り入れております」と、ウーバージャパンはそういった輩を「お客様相談室」に報告して欲しいと広く一般にも呼びかけている。このシステム、大手通販サイトの業者による評価合戦や工作活動と同様、配達員同士の追い落としや嫌がらせに使われかねない懸念はあるが、一歩前進といったところか。

「でもバカだよね。保険も下りないし、事故ったらヤバいのに」

 そう、違法行為なので万が一の事故ではウーバージャパンの用意した保険はもちろん、個人の任意保険もまず適用されないだろう。自賠責は被害者救済のため適用されるが、大きな人身事故に対応できる額ではない。正直、違法行為をしている配達員など同情する余地もないが、被害者やその遺族が泣き寝入りはあんまりだ。白ナンバー営業を続けるウーバー配達員はどういうつもりなのか。有償運送許可証を取得すれば白ナンバーでも営業できるとうそぶく配達員もいたが(その人自身は原付だったので違法行為はしていない)、あれは現状ではウーバーイーツに当てはまらない。確かにウーバーイーツのようなギグワークで営業申請するなんて現実的ではないが、軽い気持ちで脱法行為を繰り返し、好き勝手な配達をして他人を傷つけることの正当化にはならない。そもそも「万が一」という想像力はないのか。

ウーバーの評判が悪くなると困る。同業でも怖い

「食い詰めてるの多いもん、先なんて考えらんないよ」

 大久保の小さな公園、地べたにバッグを置いてうずくまっていた初老の配達員が話してくれた。

「ウーバーに落ちるってそういうこと」

 耳を疑った。ウーバーイーツは元々「自由な時間を有効利用する」ギグワークだったはずが、このコロナ禍で食いつなぐためのシノギに変わった。2020年12月25日公表の労働力調査では完全失業者数195万人、2020年のコロナ関連の解雇者は1月15日集計だと見込みも含めて8万2050人(厚労省集計)となった。とくに外食や小売を中心としたアルバイトは深刻で解雇はもちろん、必要なだけのシフトに入れず、やむなくウーバーイーツという人もいる。そしてベテラン配達員が口々に訴えるのが新規パートナーの参入による競争激化とモラル・ハザードだ。西新宿、ニット帽に金髪ロングの配達員がこぼす。

「白ナンとか知らないでやってるのもいるんじゃないすか。注意してもわかってないっぽいし。容赦なくチクリますけど。ウーバーの評判悪くなると困るんで」

 これは切実な話だろう。評判の悪さが仕事に支障をきたし始めている。それまで迷惑をかける側とされたウーバーイーツ配達員が一般車両に煽られたり、街中で一般市民に罵られたりする事案が増えた。「底辺」呼ばわりで蔑まれたという証言もある。自業自得と切り捨てるのは簡単だが、全員がマナー違反や犯罪行為をしているわけではない。

「何考えてるかわかんないヤツもいますし、同業でも怖いヤツもいます。でも多くはちゃんとしてますよ。まして白ナンなんてガチで犯罪だし、するわけない」

 ウーバーイーツの白ナンバー営業なんて本当にごく一部の連中だし、れっきとした犯罪だ。見つけ次第、先のウーバージャパン「お客様相談室」の相談フォームに報告してもいいし、犯罪なので警察に通報だって構わないだろう。もっとも、筆者のケースも結局そうだったが、警察もこの程度ではなかなか動いてくれないのが現実なのだが ―― 道交法違反、地蔵行為、プライバシー問題、白ナン営業、なにもかも過渡期のウーバーイーツ、今年もコロナ禍に利用者を伸ばすと同時に世間を騒がしそうだ。

 ともあれ、白ナンバー営業だけは本当にやめてほしい。知らなかったとか、軽い気持ちなど許されない。重ねるが規約違反のみならず犯罪である。大きな事故でも起こせば、保険も適用されず一生が終わる。

【プロフィール】
日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。2017年、全国俳誌協会賞。2018年、新俳句人連盟賞選外佳作、日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞。寄稿『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)、著書『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)など。

関連記事(外部サイト)