杉浦太陽が感染の恐怖を振り返る「コロナにかかって希美と話したこと」

杉浦太陽が感染の恐怖を振り返る「コロナにかかって希美と話したこと」

おしどり夫婦として知られる杉浦と辻(時事)

 新型コロナ感染症は、若く健康な人であれば、感染しても症状が軽かったり、すぐに回復したりすることから、「なんだ、インフルエンザと大差ないじゃん」と考える人が少なくない。しかし、わずか1年あまり前に現れた未知の病気であるだけに、発症者が1年後、5年後、10年後にどうなるか、医者であっても誰も予想できない恐ろしさがある。

『週刊ポスト』(2月8日発売号)では、コロナ後遺症を17ページにわたって特集しているが、そこでは回復した発症者たちが様々な後遺症に苦しんでいることを告白した。嗅覚障害がしばらく続いたと話したのは、2020年9月に感染した俳優・タレントの杉浦太陽氏(39)。本誌では一部しかお伝えできなかった体験を詳しく紹介する。

 * * *
 昨年9月14日、発熱しました。病院で検査を受けるまでは家族に移すわけにいかないのでクルマで自主隔離しました。その日は寒さにガタガタ震えながら車中泊し、翌日に検査を受けて陽性とわかって入院しました。東京でも今のように感染者は多くなかったので大きなショックを受けました。

 体の辛さに加えて、家族も感染していたらどうしようという心の辛さのダブルパンチでしたが、家族は9月16日に検査をうけて、17日には妻(タレントの辻希美)も含めて陰性とわかってホッとしました。希美は泣きながら「陰性だったよ」と電話してきて、僕自身はまだ辛い状態でしたが、胸をなでおろすとはこのことだと思いました。

 入院中に嗅覚がないことに気づきましたが、味覚はありました。9月24日に退院できたのですが、その時もまだ嗅覚は戻っていなかった。25日に息子のおむつ換えをしている時に、ちゃんと匂いがすることを実感して安心しました。うんちの匂いも幸せな匂いなんだと感じました。

 それ以降では、実感としてあったのは体力の低下です。低下した筋力を取り戻すのに1か月半ほどかかりました。ウェイトトレーニングをいつも以上にこなして必死に体作りをしていました。僕の場合は、今はコロナ前と変わらない状態になっています。睡眠不足とか脱毛、発汗、目の充血や頭痛など、いわれているような後遺症もないですね。

 ただ、周囲の眼は怖かった。感染したことは報道されているし、自宅もいろんな人に知られています。ご近所さんも警戒するだろうし、子供が学校でイジメられたら嫌だなとか。妻もママ友から毎日のように「旦那さん、どうなの?」とか「子供は無事なの?」などと聞かれていて、通常の生活に戻れるのはいつなのだろうと不安がありました。普段はしない変装をして、わざわざクルマで遠くのコンビニやスーパーに行ったりしていました。外に出るのが怖かったですね。メンタルの回復には2か月くらいかかりました。

 妻とはよく、シミュレーションが大事だね、と話しています。感染対策はもちろんなんだけど、「感染したら、どう行動するか」をシミュレーションすることだね、と。もし僕がもう一度感染したら、すぐさま車中泊します。妻がかかったら、彼女だけ家に残して僕と子供たちは近所の妻の実家に寝泊まりさせてもらいます。子供が感染したら、その子と希美を残して、僕たちは妻の実家へ、といったシミュレーションはかなりしています。

 もちろん二度とかかりたくないし、家族にもかかってほしくないけど、これは災害と同じで、いつ誰がどんな状況で感染してもおかしくない。災害に備えるのと同じことで、しっかりシミュレーションしておくことは大事だと実感しています。

関連記事(外部サイト)

×