コロナ禍の家計調査 飲酒代激減の高知、海なし山梨でマグロ人気の訳

コロナ禍の家計調査 飲酒代激減の高知、海なし山梨でマグロ人気の訳

「巣ごもり消費」が鮮明となった2020年の家計調査

 2020年の家計調査(総務省)の結果が発表され、2人以上の世帯では前年比5.3%もの大幅減少となった。コロナ禍の影響が如実にあらわれた形だが、ギョーザ、納豆をはじめ身近な食品や外食代、飲食代などの消費額(県庁所在地と政令市)も明らかになった。家計調査を徹底検証して浮かび上がった興味深い結果をジャーナリストの山田稔氏がレポートする。

 * * *
 毎年、宇都宮市と浜松市がトップ争いを演じている「ギョーザ購入日本一」。これは1世帯(2人以上の世帯)当たりの年間支出額(購入額)で、スーパーなどで売られている生ギョーザや焼きギョーザ、それにテイクアウト専門店のギョーザが対象。家計調査で明らかになった2020年の順位(家計収支編第4-1表を基に集計)は以下の通りだ。

(1位)浜松市/3765円
(2位)宇都宮市/3694円
(3位)宮崎市/3669円
(4位)京都市/3130円
(5位)大津市/2778円

“ギョーザの街”を守った浜松

 わずか71円差で浜松市に軍配が上がった。ギョーザ購入額は2010年まで宇都宮が15連覇。2011年に浜松市が初めて首位に立ち、その後は抜きつ抜かれつ。2019年は宇都宮市がトップだった。

 実は2020年の上半期は宮崎市が1位に躍り出ていたのだが、この報道を受けて以降、浜松市の毎月の購入額が増えたという。ギョーザの街の意地を見せての逆転劇だ。

 浜松市の年間購入額は昨年よりも261円増えた。コロナ禍で家でギョーザを食べる回数が増えたためと見られる。あるギョーザ専門店は店内の飲食をやめテイクアウトだけにしていたが、それでも売り上げはあまり落ちなかったという。市民がギョーザの街を守ったということだろう。

巣ごもりで即席麺支出は年間2000円超

 ギョーザを含め、身近な食品、サービスの消費額を上位都市順にピックアップしてみた。

【餃子】浜松、宇都宮、宮崎、京都、大津
【納豆】福島、山形、盛岡、仙台、水戸
【まぐろ】静岡、甲府、東京都区部、千葉、横浜
【牛肉】京都、奈良、大津、堺、徳島
【カレールウ】熊本、鳥取、新潟、富山、金沢
【即席麺】鳥取、熊本、大分、北九州、佐賀
【喫茶代】岐阜、神戸、東京都区部、名古屋、大津
【すし(外食)】高知、金沢、静岡、岐阜、福井
【焼肉】高知、岐阜、佐賀、熊本、甲府
【飲酒代】東京都区部、長野、相模原、松江、福岡

 ここに挙げた10項目のうち、家庭内で消費する食品は、前年に比べ支出金額、購入数量ともに大きく増加している。たとえば即席麺。2019年の年間支出額は1842円だったが、2020年は2231円と1.21倍になっている。明らかに巣ごもり消費の影響だ。

酒豪、肉食派の多い高知県民

 逆に外食や飲酒代などはすべて減少した。特に落ち込みが激しいのが飲酒代だ。全国平均は1万9892円から9405円に半減した。コロナ禍の長期化が国民の消費行動にいかに大きな影響を及ぼしたかが見て取れる結果である。

 坂本龍馬を輩出した高知県。その県庁所在地・高知市のデータはとりわけ興味深い。まずは2017─2019年の平均数字を振り返ってみよう。

【飲酒代】1位の高知市は3万7379円で、2位・東京都区部の2万8701円をぶっちぎってトップ。全国平均は1万8785円
【焼肉】1位は高知市の1万4103円で、2位は福井市の1万3914円。3位は大分市の1万2574円。全国平均は7082円
【すし(外食)】1位=金沢市(2万3387円)、2位=福井市、3位=岐阜市の順。高知市は1万6506円で14位。全国平均は1万4885円

 高知市民の飲みっぷりの良さ、肉食派ぶりが顕著だ。もちろん、特産品のカツオも断トツだが、いずれにしても手厚くお客さんをもてなす歓待の文化、いわゆる「おきゃく」(宴会)文化が背景にあるのだろう。気になるのは今年の異変だ。

緊急事態宣言で“返杯”も取りやめ

 外食でみると、焼肉が1万970円で2位の岐阜(1万38円)を抑えてトップとなったのに加え、すしも1万9093円で2位・金沢市(1万8152円)を抑えて首位に躍り出た。

 ところが、飲酒代は1万3354円で、2019年の3万7691円から2万円以上も激減して6位に“転落”した。これは驚きのニュースだ。そこで県庁の担当者に理由を尋ねてみた。

「コロナ禍で外での飲酒を控え、家飲みが増えた結果だと思います。昨年の緊急事態宣言の時だけでなく、街での飲酒を控える動きが見られ、宴会もほとんどなかったようです。高知の宴会では返杯が当たり前ですが、それもやめていますからね」

 筆者も訪れたことがあるが、高知市内の繁華街にある「ひろめ市場」では、コロナ前までは市場の店で買ったカツオや刺身などを広場のテーブルに広げ、隣り合った客同士が盛り上がって酒を酌み交わすシーンが当たり前だった。

 そのひろめ市場も昨年の緊急事態宣言時は臨時休業を余儀なくされた。6月以降に再開したが、座席数を減らし、他人との相席も控えるよう来場者に呼びかけるなどの対策を取っていた。そんな影響が表れたのだろう。

人口少ない「鳥取」で消費額1位の食品続々

 都市別で興味深いケースは他にもある。47都道府県で最も人口が少ない鳥取県。県庁所在地・鳥取市のデータをみると、ユニークな姿が浮かび上がってくる。

 特産品のカニや梨の消費額が全国1位となっているのは郷土愛もあり、分かりやすいが、即席麺、カレールウ、マヨネーズが例年トップ争いを繰り広げているのはなぜだろうか。2020年の結果は次の通りだ。

【カレールウ】1795円で2位。トップは熊本市の1892円
【マヨネーズ・マヨネーズ風調味料】1560円で2位。これまたトップは熊本市で1604円
【即席麺】3329円でトップ。2位は熊本市で3167円

 実はこの3品の2017─2019年平均の数値を見ても、カレールウは1位=鳥取市(1856円)、2位=新潟市、3位=金沢市の順。マヨネーズは1位=鳥取市(1519円)、2位=新潟市、3位=宮崎市の順。即席麺は1位=鳥取市(2952円)、2位=熊本市、3位=山口市の順で、いずれもトップになっているのだ。今に始まった話ではないのである。

カレーで町おこしを図ってきた歴史

 これらの消費傾向について鳥取県庁の担当者の話を参考にして調べたところ、次のようなことが分かった。

 カレーに関しては、こんなエピソードがある。2003年家計調査の結果でカレールウの支出額・購入量が日本一となったことをきっかけに、2005年に市民の有志が「鳥取カレー倶楽部」を設立し、「カレーによる鳥取市のまちづくり」が始まり、「うち家(げ)のカレーコンテスト」を開催。

 その後、オリジナルカレーの商品化を目指して「鳥取カレー研究所」という会社が設立され、県特産の二十世紀梨や砂丘らっきょう、砂丘ごぼうを使用したオリジナルカレールウ「鳥取カレーの素」などを開発した。

 そもそものカレー好きの要因は定かではないが、近年の鳥取におけるカレー人気の背景には、カレーで町おこしを図ってきた歴史的背景があったのだ。ちなみに県内には江崎グリコの工場があり、カレールウを製造している。これもカレー人気の要因のひとつか。

 マヨネーズは、県民の卵好きと関連がありそうだ。実は、鳥取市の卵の支出金額・消費量も例年、全国トップクラスなのだ。鳥取砂丘の砂で蒸し焼きした「砂たまご」という特産品もある。

 鳥取では、ブロッコリーの生産や、海の幸(カレイ、エビ、カニ、イカなど)の水揚げが多く、マヨネーズをそうした食材に付けて食べる機会が多いことも人気の背景にあるようだ。ネット上には特産品のらっきょうを使ったタルタルソースや、らっきょうチーズマヨ等のレシピもある。

 2020年はカレールウの支出金額こそ前年に比べわずかに減っているが、購入数量は逆に増えている。購入平均価格が20円程度下がっているのだ。コロナ禍の影響で少し安いルウを選んだ家庭が多かったのかもしれない。

山梨はハレの日にまぐろを食べる習慣あり

 山梨県の県庁所在地・甲府市の消費データにも注目したい。戦国時代の名将・武田信玄は京の都だけでなく、甲斐の国にはない海にも憧れを抱いていたという。

 そんな海なし県にもかかわらず、まぐろの支出金額、購入数量が例年全国トップクラスなのである。2017─2019年平均は9040円で、静岡市の1万2305円に次いで全国2位。購入数量も同様だ。2020年は9614円でこれまた静岡市の1万1897円に次ぐ2位となっている。

 実は、すし(外食)の支出額も、2017─2019年平均は4位、2020年は若干順位は下がったが7位と全国トップクラスなのである。

「山梨には中世以降、駿河の国からの街道・中道往還を通じて魚介類が馬の背で運ばれていました。まぐろもそのひとつです。甲斐の国は海の生魚を運ぶ限界、魚尻点だったのです。江戸時代、幕府直轄領となった甲府には多くの勤番士が江戸から赴任しましたが、彼らが江戸で馴染んでいたすしを求めたことからすし文化が広まりました。

 今でも、ハレに日にはまぐろやすしを食べる習慣が根付いています。また、山梨には無尽という仲間内の会合(元々は相互扶助の民間金融制度)があり、その会食がすし屋で行われることも多く、まぐろやすしが人気の背景にはこうした歴史的な経緯があるのです」(地元関係者)

 甲府のまぐろ・すし支出にもコロナ禍の影響が見受けられる。外食のすしの支出額が前年に比べ4000円あまりダウンした一方、家庭で食べるまぐろの支出額は958円増加しているのだ。外出自粛の影響だろう。

 数字がズラッと並ぶ「家計調査」という政府統計を細かく分析してその背景を探ると、さまざまな文化や歴史、ドラマが見えてくる。この調査は食べ物関連だけでなく、住居、自動車、小遣いなど生活関連も網羅している。興味のある方は、その不思議な世界を探訪してみてはいかがか。

関連記事(外部サイト)

×