秋篠宮家の宮務官に元国連職員が加入 小室圭さん「国連で働く」報道も

【眞子さまと小室圭さんの結婚問題】小室圭さん、国連で働く可能性か 女性セブン報道

記事まとめ

  • 秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんの結婚問題は、具体的な進展のない状態が続いている
  • 秋篠宮家の職員である宮務官に、JICAの元理事である鈴木規子氏が加わったという
  • 女性セブンでは、小室さんが今後、国連で働く可能性などについて報じている

秋篠宮家の宮務官に元国連職員が加入 小室圭さん「国連で働く」報道も

秋篠宮家の宮務官に元国連職員が加入 小室圭さん「国連で働く」報道も

留学滞在中のニューヨークには国際機関の本部が集中する(撮影/黒石あみ)

 具体的な進展のない状態が続いている秋篠宮家の長女・眞子さま(29才)と小室圭さん(29才)の結婚。小室さんの母の金銭トラブルなどにより、暗礁に乗り上げているが、ここへきて新たな動きがあった。

「秋篠宮家の職員である『宮務官』に今年年明けから非常に優秀な人材が加わりました。上皇后の美智子さまと長年の親交があった、日本人で初めて国連難民高等弁務官を務めた緒方貞子さん(享年92)の秘書を務めた女性です。皇室を支える職員の中でも、指折りの国際経験の持ち主です。

 彼女がいま、秋篠宮家の難題である眞子さまのご結婚の“キーパーソン”だといわれています」(皇室関係者)

 1月1日付で、「宮務官」に着任したのは、国際協力機構(JICA)の元理事である鈴木規子氏。

 鈴木氏は上智大学を卒業後にJICAに入った。東南アジアでの駐在や外務省への出向を経験し、さらには初代JICA理事長の故・緒方貞子さんの秘書を歴任。途上国への支援を通じ、国際社会の発展に貢献してきた。JICAから外務省出向時に、ニューヨークにある国連日本政府代表部でも活躍した元国連職員でもある。

 JICAは、派遣する青年海外協力隊と秋篠宮ご夫妻が接見されるなど、皇室とのかかわりが深いことでも知られる。

「秋篠宮ご夫妻もJICA職員と面会される機会は多く、鈴木さんとも懇意だったと聞きます。彼女なら、ご難場の秋篠宮家でも、安定した活躍ができるのではないかという期待からの抜擢ではないでしょうか」(皇室記者)

 鈴木氏には、眞子さまのご結婚問題の解決にも期待が高まっているという。

 眞子さまと小室さんのご結婚は、3年前の結婚行事の延期以来、先の見えない状況が続いてきた。だが、眞子さまが昨年11月に文書にて《私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択》と発表され、秋篠宮さまも結婚を認められ、いずれ籍を入れられることは既定路線になりつつある。

 ただ、小室さんには、金銭トラブルというネガティブなイメージや結婚後の家計を支える経済基盤について不安視する声は少なくない。

 鈴木氏が今後、小室さんの相談相手となり、将来設計についてもサポートしていく可能性があるという。

「鈴木さんの人脈のサポートを受ければ就職の筋道も立つでしょう。秋篠宮ご夫妻と眞子さまにとって、強力な援軍であることは間違いありません」(前出・皇室記者)

 2月18日発売の『女性セブン』では、「仰天スクープ 小室圭さん『国連で働く!』秋篠宮家との“密議”」とのタイトルで、眞子さまの結婚問題に関する最新情報を詳報。秋篠宮家と小室さんとの“密議”で国際機関への就職の道筋ができていたとする皇室関係者の証言や、小室さんが今後、国連で働く可能性などについて報じている。

関連記事(外部サイト)

×