コロナ禍だからこそ増えている求人 除菌代行の「ご近所ワーク」ほか

コロナ禍だからこそ増えている求人 除菌代行の「ご近所ワーク」ほか

特に学校や公共施設などで需要が多い除菌代行業

 長引くコロナ禍によって、仕事の求人数は大きく減少している。これまで業績が好調だった企業でさえ、一気に求人をストップしたり、早期退職制度の募集をかけたりするなど、“人減らし”に躍起になっている。だが、そんなコロナ不況下だからこそ求人を増やしている職種もある。働く主婦の調査機関「しゅふJOB総合研究所」所長兼「ヒトラボ」編集長の川上敬太郎氏がレポートする。

 * * *
 厚生労働省が発表した一般職業紹介状況によると、2020年12月の有効求人倍率は1.06。辛うじて1倍を超えてはいるものの、1.6前後あったコロナ禍前と比較すると大きく悪化したままだ。

 一般職業紹介状況の職業別有効求人数を見ると、2020年12月の「職業計」は前年同月比で78.8%。2割以上も求人が少ない。

 求人数の前年同月比を職業分類別に並べると、前年より増加しているのは、もとより人手不足感が強くオリンピック需要も影響していると考えられる「建設・採掘の職業」のみ。他はすべて前年割れしている(別掲表参照)。

 中でも最も減少しているのが「事務的職業」で69.1%。減少幅は前年比3割以上にもなる。

「事務的職業」の内訳を見てみると、「一般事務の職業」69.4%、「事務用機器操作の職業」67.8%など軒並み前年比7割未満。経理知識など専門性が問われ、比較的需要が高いと推察される「会計事務の職業」のみ79.6%と7割を超えているが、それでも8割に届かない。

もともと需要が伸び悩んでいた業種も

 求人が減少している共通要因はコロナ禍であることは間違いないが、個別に異なる要因もある。コロナ禍との関わりを軸に大まかに分けると、次の3つのパターンに整理される。

(1)コロナで直接ダメージを受けた「産業」

 副業解禁や出向推進で話題となっているANAなど、航空業界はコロナ禍の影響が直撃して最も苦しんでいる産業の一つだ。他にも入国制限の影響を受けた観光業界やホテル・旅館業界、飲食業界、アパレル、百貨店などの小売業界も厳しい状況にある。

 コロナ禍発生までは業績が堅調、あるいは増収増益を続けていたとしても、未曽有の危機による社会構造の変化の影響を受けてしまうと、企業努力だけで対処できることには限界がある。

 飲食店のように全国各地で多店舗展開しているような業態の場合、店舗を閉じる度にまとまった数の余剰人員が生まれてしまうこととなり、これまで貢献してくれた社員やアルバイトなどを解雇せざるを得ないケースも発生してしまう。そのような状況では、新たな求人を出すどころではない。

(2)コロナ前から業績が伸び悩んでいた「企業」

 産業の種類にかかわらず、コロナ禍発生前から業績不振に陥っていた企業もある。産業全体ではそこまでコロナの影響を受けていないはずなのに早期退職のような人員削減策を打ち出した企業などは、コロナ前から不調だった可能性がある。

 また、業績不振とまではいかないまでも伸び悩んでおり、これから盛り返そうという矢先にコロナ禍に見舞われた企業もある。伸び悩みの状況を打開するために思い切った投資を行った直後にコロナ禍が発生した場合など、大きく算段が狂ってしまったはずだ。

 もとから業績不振であれば求人も控えていたはずだが、伸び悩む中でリカバリーしようと計画していた企業の場合、先行投資としてコロナ前に積極的に求人を出していた可能性がある。それがコロナ禍で一気に求人をストップした場合、コロナ前との落差がより大きくなってしまう。

(3)コロナ前から需要が減少しつつあった「職種」

 先に紹介したデータで求人が最も大きく減少していた「事務的職業」は、かねて求人倍率が低い職種だった。2019年の有効求人倍率の平均は0.5。求職者2人に対して求人は1件しかない比率である。2020年の平均はさらに下がり0.39となっている。

「事務的職業」は求職者からの人気が高い一方で、需要自体は減少すると言われてきた。技術革新でAIなどロボットによる業務自動化が進むと話題になり、事務的職業の多くのポジションがロボットに切り替わる可能性が指摘されていたからだ。

 そもそもAIとまでは行かなくとも、すでにあらゆる場面で自動化の動きは具体化している。分かりやすい例の一つが受付だ。かつては受付に社員が常駐している企業が多かったが、今では珍しくなった。多くは受付用内線電話やタッチパネルなどに置き換わっている。

少子化で労働者の希少価値はアップ

 コロナがいつ終息するのかはっきりしない以上、求人が一気に回復するという期待を持つのは厳しい。また、コロナ前から存在している求人減少要因もある。コロナ前の有効求人倍率は高い水準にあったものの、すでに景気後退局面に入っていることが指摘されており、有効求人倍率も徐々に下降し始めていた。

 しかし現在、データ上はじわじわと求人数が回復しつつあることも事実だ。

 見過ごしてはならない根本的な事情として人口減少がある。日本の人口は10年以上前から減少している。また、15〜64歳までの生産年齢人口にいたっては20年以上も前から減少し続けている。

 理由は少子化だ。いま年々出生数が減少していることも含めると、労働者の成り手自体の母数が向こう数十年減少し続けることはすでに確定した未来となっている。言い換えると、労働者自体の希少価値が上昇する土壌が形成されているということだ。

“無理やり在宅”から定着で広がる仕事

 IT技術者や介護職員、家事代行などコロナ前から需要が高まっていた職種もある。そして、まだ大きな波を起こすには至っていないものの、コロナ禍を機に徐々に需要が増えたり、新しい需要が生まれる可能性が芽生えつつある仕事も出てきている。そこで、コロナ禍だからこそという観点から3つの仕事を紹介したい。

●在宅テレホンオペレーター

 一度目の緊急事態宣言発出時に、在宅勤務者が一気に増えた。しかしながら、二度目の緊急事態宣言では一度目に比べて在宅勤務者が減少したと言われている。在宅勤務できる体制が構築できていない中で行われた“無理やり在宅”が多かったことが原因の一つだ。

 一方、在宅勤務できる体制が構築できると、緊急事態宣言のような政府要請の有無にかかわらず、働き方の選択肢の一つとして定着するようになる。テレホンオペレーターなどは、継続して在宅勤務しやすい業務の一つだ。

 アポイント取得や電話営業といった発信業務、カスタマーサポートのような受電主体の業務など内容や給与形態も様々だが、首都圏であれば時給で1800円とか2000円を超えるような求人もある。

 勤務先から電話が貸し出されるような場合もあるが、今はCTIなどのシステムを使ってパソコンと電話回線をつなぐケースが増えてきている。並行してZoomやチャットなどを使用することもあるため、自宅にインターネット環境が整っている人がスムーズに業務に入ることができる。

 在宅勤務しやすい仕事は地方にいても全国から仕事を受けることが可能だ。在宅テレホンオペレーターのような仕事が増えると、今まで居住区域近辺では見ることのなかった求人に応募できるようになる可能性が広がる。

●RPA技術者

 かつて工場のオートメーション化(自動化)が進み大量生産できるようになったことで、人々の物質的な豊かさは格段に上昇した。一方、近年ではホワイトカラー系業務の自動化も進んできている。その代表格と言えるのがRPAだ。

 RPAとはRobotic Process Automationの略で、パソコンの中で行われる業務の自動化を意味する。インターネットで検索したデータをExcelなどに張り付けるような業務は、その法則性をパソコン内の“ロボット”に覚えこませることで、24時間、手早く、ミスなく、こなすことができる。

 これまで手作業で行ってきた業務をRPAに置き換えることで奪われてしまう雇用もあるが、一方でRPA周りの技術者の需要は増えている。生産性向上や人手不足の解消といった背景に加え、コロナ禍による出勤自粛などが需要を加速させる要因となった。

 業務フローの可視化やRPAに記憶させるシナリオの作成、導入後の運用・保守などがRPA技術者の役割になる。新しい職種だけに、未経験から教育研修を受けて就業する仕組みが整っている企業もある。正社員求人も多く、給与条件は年収400万円以上のものが少なくない。

●除菌代行サービス

 商業施設やオフィス、飲食店など施設内の除菌ニーズは高まっている。毎日多くの生徒が通う学校などもその一つだ。

 ただでさえ過重労働が問題視されている学校の先生たちに代わって、校内除菌を代行するような業務はコロナ禍ならではの需要と言える。電気のスイッチ、水道の蛇口、窓のカギなど、あらかじめリストアップされた学校内の設備をアルコールを使って除菌する。

 就業形態は個人業務委託のものが多い。近所の主婦などがすきま時間を使って対応する「ご近所ワーク」と呼ばれる働き方の場合、60〜90分程度の作業時間で1回2000円からといった報酬体系となる。

危機の中にも「チャンスの種」

 コロナ禍は未曽有の災害であり危機である。しかし一方で、変化のきっかけともなっている。この変化をチャンスに変えることは容易ではないが、よく目を凝らして見てみると、危機の中にチャンスの種も蒔かれている。ここに紹介したような事例以外にも、まだまだいろんな種や芽が潜んでいる。

 厳しい状況が続くからこそ、現状の負の側面に目が行きがちではあるが、その合間に蒔かれているチャンスの種や芽にも目を向ければ希望は見えてくる。その希望をしっかりと育てていくことができれば、必ずや未来は切り拓かれていくはずだ。

関連記事(外部サイト)