コロナに弱腰な日本政府 必要なのは中曽根康弘氏の「俺が俺が」精神

コロナに弱腰な日本政府 必要なのは中曽根康弘氏の「俺が俺が」精神

中曽根康弘氏が首相だったら、コロナ禍をどう乗り切る?(時事通信フォト)

 未曾有のコロナ禍にもかかわらず、リーダーシップに欠け、対策も後手後手に回っている日本政府だが、いま昭和を代表する政治家、中曽根康弘氏が首相だったら、このコロナ禍をどう乗り切っただろうか──。外交評論家の加瀬英明氏が、過去の歴史を振り返り、現状を打破するヒントを提言する。

 * * *
 先進国のなかで、日本はワクチン接種が大きく遅れています。OECD加盟国37か国のなかで、接種が始まっていないのは日本を含む5か国のみ。これは日本政府の弱腰がなせる業でしょう。

 もし中曽根さんが首相なら、レーガン大統領との「ロンヤス関係」に象徴される強固な日米同盟の関係を生かし、諸外国を出し抜いていち早く国民のためにワクチンを調達していたはずです。

 中曽根首相は貿易赤字縮小や不沈空母発言などで「アメリカ追随」と批判を浴びました。しかし、首相特別顧問として間近で見ていた私からすれば、彼は日本にとっての必要性を勘案してアメリカに従っていた。核兵器を持たない日本はアメリカに頼らざるを得ないからです。

 中曽根首相は、ただアメリカの言いなりになるのではなく、日本の存在感を示すことを考えていました。1983年のウィリアムズバーグサミットでの記念撮影では、レーガン大統領の隣のポジションを勝ち取り、「日本の国際的地位が上がった」という印象を世界に与えました。

 コロナ禍の今、一国のリーダーである首相に求められているのは、中曽根首相が持っていたような強力なリーダーシップであり、「俺が、俺が」という気概です。

 中曽根首相の発信力の高さは安倍首相や菅首相とは比べ物になりません。貿易赤字が日米の外交問題になっていた1985年には、会見場にパネルを持ち込み、グラフで貿易赤字の状況を示しながら説明しました。

 1987年にも売上税に関して、パネルを使って説明しました。自身の政策を国民に訴えかけたい、国民のため、国家のために必要だと信じる政策を理解してもらいたいと思い、努力していたのです。

 菅首相は「専門家の先生方のご意見を伺いながら」などと何度も口にしていますが、そんなのは当たり前のこと。あえて専門家の名を出すことで、自分だけの判断ではない、責任を免れたいという内心を暗に示しているようにも見えます。これでは一国のリーダーたる首相としての自覚が欠けていると言わざるを得ません。

 中曽根首相なら、感染拡大を防ぐために「ともかく自粛してほしい」と、一番大切なことを訴え、図表も使って、自分の言葉で説明、説得したでしょう。それに反するGoToキャンペーンなんて、絶対にやらなかったでしょうね。

※週刊ポスト2021年2月26日・3月5日号

関連記事(外部サイト)

×