美女になれるAIフィルターアプリで沼にハマる人、騙される人

美女になれるAIフィルターアプリが一昨年に大流行 自分を女性化し妄想して妻バレも

記事まとめ

  • 男性なら女性に、女性なら男性に顔を変えることができるアプリが一昨年、大流行した
  • SNS上で数千のフォロワーを持つ美人女性ライダーに、実は「中年男性」との疑惑も浮上
  • 自身の顔写真の女性化にハマり、女性用下着などで変装していたことが妻にバレた男性も

美女になれるAIフィルターアプリで沼にハマる人、騙される人

美女になれるAIフィルターアプリで沼にハマる人、騙される人

AIフィルターのおかげで冴えない中年男性も不自然さがない美女になれる(イメージ)

 パソコン通信の時代から、ネット上だけで異性のふりをする、なかでも、女性のふりをする男性はいた。そこに、近年、進歩が目覚ましいAIや画像加工技術が加わったことで、変身願望が叶うとしたら、人は何をするか。ライターの森鷹久氏が、自然な女性化・男性化が手軽にできるアプリの沼にハマった人たちについてレポートする。

 * * *
「完全に女性だと思ってましたよ、私も何度か応援メッセを書き込んだんですが、それが中年男性だったとしたら……自分の軽率さを恨みます」

 バイクが趣味という都内の大学院生・吉田コウキさん(仮名・25才)が落ち込んだ様子でこう話す。SNS上で数千のフォロワーを持つ美人女性ライダーの正体が、実は「中年男性」であったのではないか、そんな疑惑が持ち上がったからである。その人気アカウントを、吉田さんもフォローしていた。

「男性が女性顔に、女性なら男性顔に自分の顔を変えることができるアプリを使い、男性が女性のフリをして投稿していたのではないかと言われています。すごい美人で、でも乗っているバイクはすごく渋くて、そのギャップがたまりませんでした。こんなすてきな女性がいるんだと思ったんですがね、幻だったとは」(吉田さん)

 わからない人には、何を言っているのか意味が不明だと思われるので、先に事情を説明しておこう。

 スマホで撮影した顔を、男性化または女性化の加工ができるアプリが一昨年、SNSを中心に大流行したことを覚えているだろうか? AIフィルター技術を使ったこのアプリを使うと、顔写真にヒゲをはやしたり、髪型を変えたり、すっぴんにメイクをさせたり、老け顔、若返りなどの加工をすることができる。このアプリでできることは多岐に渡るが、なんといっても一番話題を呼んだのが、どんなオッサンでも美人風やかわいい風の女性へ(その逆も可能)変身できてしまうという、ユニークな機能。こうした機能は、昔の不気味なモンタージュ写真の如く、変身できたとしても不気味な様相のモノが出来上がるだけ、というのが相場だったが、ブームになったそれは、ほとんど違和感のない仕上がりになるのが特徴だった。つまり、加工された架空の人物写真なのに「本当に存在していそうな」人の写真を作ることができるのである。

 先の美人女性ライダーが実在していたのか、本当は加工アプリによって生まれた元は男性だったのかは神のみぞ知る、ということで言及はしないが、ネット上で異性になりすまし、他者の反応を楽しむ行為というのはインターネットが一般的に普及する前から存在していたし、最近では「中の人」がおじさんであることを承知で架空の女性キャラクターを楽しむ人たちすらいる。ただ、近年の技術革新に乗っかり、単なる「遊び」が行き過ぎてしまい、暴走する人、犯罪に使おうという人々が出始めている。

 都内在住の証券会社社員・野口弘太郎さん(仮名・40代)は、こうした変身アプリを使ううちに、とんでもない「沼」にハマってしまった。

「女性のような見た目になれるアプリがあると聞いて試したところ、自分の顔が予想以上に自分好みの顔に変身したんです。なんというか、こんな女性がいたら絶対に付き合いたい、と思うような見た目で」(野口さん)

 最初は、自身の顔写真を撮影し単純に女性化してみた。ところが、そこには女装した気持ち悪いおじさんしか現れなかったので、もう少しどうにかしたいと工夫することにした。そのためにまず、自身の顔写真に「子供のような見た目になる」もしくは「若く見える」フィルターをかけた。その写真に「女性化」フィルターをかけることで、どことなく自分に似た、若くて美しい女性の写真が出来上がり、野口さんは感激した。普段は自分の顔など「ブサイクでモテなそう」と卑下していたが、自身の顔写真を何枚も撮影し女性化させていくほどハマってしまったのである。そして、沼にハマったきっかけというのが、冗談のような顛末だった。

「胸元が伸び切ったTシャツをきて撮影した写真を女性化したところ、なんというか、こう……セクシーな写真が出来上がりましてね。もし服を着ないで撮ってみたらどうなるのか、という興味に勝てませんでした」(野口さん)

 こうしたアプリでは、体型や肌の質感なども自由自在に加工できるため、中年太り気味だった野口さんの体型でも、モデルのような女性に変身できるのである。顔は自分好み、そしてポーズや衣装まで自分で好きなように出来てしまうため、画面の中に自分の言うことをなんでも聞いてくれる女性がいるような気分になったという野口さんだが、一つだけ気に入らないこともあった。

「裸で撮っても、体が女性化しないんです。それならということで、通販で女性用の下着、服、靴などを買い、理想の女性(の写真)に近づけるよう、思考をしました」(野口さん)

 側から見ていれば「女装が趣味」の中年男性に他ならず、もちろん他人に迷惑がかからぬようこっそりやっていれば良かったのだが、思わぬ形でバレたという。

「通販サイトのアカウントが妻と共用でしたので、女性用の下着を買っていたことがすぐにバレまして……。浮気を疑った妻は私に、スマホを見せるよう言ってきたのですが、そこにも女性の写真がたくさんある。当然、恥を忍んで『これは僕だ』と言いましたが、信じてくれず。目の前で実践したところやっと信じてもらえましたが、僕が女性用下着を着用して撮っていたこともやはりバレてしまい、まだ浮気の方が良かったと泣かれ、夫婦の寝室も別にされました。どう謝っていいかもわかりません」(野口さん)

 野口さんの情けない話は、気の毒ではあるが、他人にとっては笑い話になることだろう。だが一方で、こうしたアプリを悪用する例もある。

「若い女性のフリをし、SNS上で詐欺行為をしている人間がいるんです。海外の女性タレント、モデルの写真を使い、女性になりすましてSNSアカウントを作成するのが今までのパターンでしたが、違和感がない異性化も可能な画像加工アプリを使えば、いろんな表情パターンも作成できます。それを悪用して、まずセクシーに誘惑するような写真を相手に送りつけ、詐欺のフィールドへ誘い込むのです」(ITジャーナリスト)

 美しい女性にSNS上で声をかけられたかと思い舞い上がるが、数度のやり取りの中で、女性のさまざまな表情を捉えた写真を見てさらに気に入る。そんなタイミングで女性は「投資話がある」だの「母親が病気で金を貸して欲しい」などと言ってくるのだという。文字だけでのやりとりであれば不信感を抱きやすいが、実際にいそうな「女性」のさまざまな表情まで知ってしまった被害者は、その女性をとても身近でよく知っている人のように錯覚する。その結果、女性の発言を疑う可能性は一気に低くなり、あっという間に騙されてしまうというのである。

 筆者も試しに画像加工アプリの女性化フィルターを使用してみた。実によくできたアプリで、自身のエッセンスが少しだけ入ったいかにも実在しそうな「美人女性」が簡単に出来上がった。これはハマりそうだと思う反面、ネット上では嘘の書き込みだけでなく、こうした写真についても疑いの念を持って見なくてはならないのかと思うと、もう何を信じていいものかと頭を抱えるばかりである。

関連記事(外部サイト)

×