JR四国の新観光列車「藍よしのがわトロッコ」 大河人気にあやかれるか

JR四国の新観光列車「藍よしのがわトロッコ」 大河人気にあやかれるか

JR四国の観光列車「藍よしのがわトロッコ」。外観は特産の「阿波藍」をモチーフとし、2両編成のうち1両がトロッコ仕様。地元の食材を使った駅弁(要予約)を食べることもできる(時事通信フォト)

 NHK大河ドラマの題材が決まると、どんな小さな繋がりであっても、地域の観光と結びつけることが多い。2021年大河ドラマ『青天を衝け』についても、吉沢亮が演じる主人公・渋沢栄一が歴史に残した数多くの関連事物にちなんだものが日本全国に存在している。ライターの小川裕夫氏が、なぜ、渋沢栄一が財を成した藍染産業とゆかりがある観光列車をJR四国が走らせ、京都鉄道博物館で展示することになったのかレポートする。

 * * *
 2月14日から始まった大河ドラマ『青天を衝け』は、初回視聴率20.0パーセント(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。戦国時代の武将や幕末の志士を主人公にしなければ視聴率はふるわないという前評判を覆した。

『青天を衝け』の主人公・渋沢栄一の生家は藍玉生産や養蚕を家業とする富農で、帯刀も許されていた。タイトルにある”青天”は渋沢が詠んだ漢詩を由来としている。また、渋沢の雅号も”青淵”で、これは藍玉にちなんでいるともいわれる。作中では藍玉づくりに勤しむシーンがたびたび出てくるだけに、”藍”は『青天を衝け』のキーワードでもある。

 現在、藍染めの衣料品は一般的とは言い難い。現代人にとって、藍玉生産で財を築いたと言われてもピンとこないだろう。しかし、江戸から明治までは藍染めの衣料品は広く流通していた。

 渋沢家と同様に、藍で財を築いたのが徳島藩だ。徳島は誰もが知る阿波踊りで有名だが、歴代藩主の蜂須賀家は藍の販路を拡大する目的で、阿波踊りを奨励したともいわれる。阿波踊りが流行すれば、藍染めの浴衣や着物がたくさん売れるからだ。

 藍と徳島県の深い関係は、現在もつづいている。JR四国は昨年から観光列車「藍よしのがわトロッコ」運行を開始した。列車名の「藍」は徳島県名産の藍、「よしのがわ」は四国三郎の異名を持つ徳島県民には身近な河川のことだ。

「JR四国はキハ185系を各路線で運行していますが、それらをリニューアル改造して観光列車としても運行しています。『藍よしのがわトロッコ』は、2019年まで土讃線の高知駅−窪川駅間で運行されていた観光列車『志国高知 幕末維新号』として走っていた車両です。一般車両として走っていたキハ185系をリニューアルして新たな『志国高知 幕末維新号』を走らせることになったので、旧『志国高知 幕末維新号』を『藍よしのがわトロッコ』へ再リニューアルすることになったのです」と複雑な経緯を説明するのは、JR四国営業部ものがたり列車推進室の担当者だ。

 地方都市は鉄道の通勤需要が小さく、観光需要に頼らなければ鉄道会社の経営を維持するのは難しい。観光需要で売り上げを拡大させる方針から、JR四国は観光列車を続々と誕生させて利用者の掘り起こしを図った。

 2014年に予讃線で観光列車「伊予灘ものがたり」を、予土線で新幹線0系にそっくりな「鉄道ホビートレイン」の運行を開始。これらが好評を博したことから、JR四国は2017年に土讃線を走る観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の運行も開始している。

「鉄道ホビートレイン」はキハ32形という車両を改造したが、JR四国が運行する観光列車の多くはキハ185系という車両を改造して使っている。「藍よしのがわトロッコ」もキハ185系を、徳島にちなんだ阿波藍を想起させるカラーリングへと変身させた。

「冬季は運休になりますが、『藍よしのがわトロッコ』は3月27日から春季の運行を始める予定です。このほどJR西日本からリクエストをいただき、運休期間中の2月20日から3月14日まで京都鉄道博物館で展示することになりました」(同)

 徳島藩最後の藩主・蜂須賀茂韶はスーパーリッチ大名で、明治新政府発足後も政財界で存在感を発揮した。渋沢と蜂須賀茂韶は藍で財を成したという共通点があるだけではなく、明治以降にビジネスパートナーとして強い協力関係となった。そして、日本鉄道(現JR東日本)や喜賓会(現・JTB)といった多くの事業を一緒に取り組んでいる。

「今のところ、JR四国が『青天を衝け』関連の観光列車を運行する予定はありません。しかし、『藍よしのがわトロッコ』には観光・沿線のガイドさんも同乗します。『青天を衝け』関連の説明を付け加えるといった工夫やお土産の販売といった企画は、今後の課題として検討するかもしれません」(同)

 大河ドラマは一年を通じて放送されるため、ゆかりのある地域は大河ドラマをまちおこしの起爆剤として活用する。前作『麒麟がくる』でも、明智光秀とゆかりのある地域は積極的にPRをしていた。そして、大河ドラマをきっかけに新たな観光地が見出されたりもしている。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、昨年来から全国的に鉄道需要は減退している。東京圏・大阪圏といった大都市圏は通勤需要があるので、地方都市に比べれば需要は維持できている。

 一方、地方の鉄道は観光需要に頼ってきた。それが、新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に追い込まれている。それだけに、好スタートを切った『青天を衝け』と渋沢に期待を寄せる鉄道業界関係者や観光業界関係者は少なくない。

関連記事(外部サイト)