需要増のオンラインイベント 快適に楽しむための基本と三種の神器

需要増のオンラインイベント 快適に楽しむための基本と三種の神器

オンラインイベントを楽しむためのさまざまな道具も(イラスト/ニシノアポロ)

 新型コロナウイルス感染防止のために、様々なイベントが中止・延期となっている。できるだけステイホーム生活をしなければならない状況の中では仕方ないことだが、息抜きもできずにストレスがたまるという人も多いだろう。そんなか、人気が高まっているのが「オンラインイベント」だ。そこで、ネット初心者でも楽しめるように、「オンラインイベント」の基本を紹介する。

インターネットの回線速度を確認しよう

「オンラインイベント」とは、インターネットを通して、現場(舞台やコンサート会場、旅行先など)と自分がいる場所を音声や映像で結んで開催するイベントのことだ。インターネットにつながっていれば、スマホやタブレットでも参加ができる。

 イベント参加に複雑な手続きは必要ないが、いくつか確認すべき点があると、テクニカルライターの太田百合子さんは言う(「」内、以下同)。

「大切なのはインターネットの回線速度です。特に芝居やコンサートなどを視聴するには高速回線が必要です」

 高速回線であれば、動画が途中で止まることなく、きれいな画質で視聴できる。

「高速回線が必要なイベントのサイトには、申し込みをする前に、『快適に視聴するには、安定したインターネット回線が必要です』、『推奨は○○bps以上』などの注意書きがなされています」

 bpsとは回線速度の単位で、数字が大きいほど高速になる。自宅のインターネットの回線速度がわからない場合は、契約しているプロバイダーなどに問い合わせよう。

 有料ライブでは、チケット購入前に視聴可能かをテストするシステムになっている。テストは、実際に視聴するときと同じ条件で行うことが大切だ。

新たなエンターテインメントとして定着

 オンラインイベントはこの1年で進化し、見せ方や内容にも工夫が見られるという。

「芝居は通常、舞台の正面からしか見られませんが、オンラインなら、舞台の裏側や役者の目線に立って見られるような工夫がされているものもあります。また、オンラインの場合、会場の収容人数を気にしなくてもいいため、チケットが売り切れることもなく、誰もが気軽に参加・鑑賞できるのが魅力です」

 オンラインイベントは新しい分野のエンターテインメントとして、コロナ禍以降も定着する見込みだ。

オンライン生活もっと快適にする三種の神器

●こちらの生活音をカットできる「マイク付きヘッドフォン」

 参加型講座などで会話をしながらやり取りする場合、意外と先方に聞こえているのが、家族の声やチャイムといった生活音。しかし、有線のマイク付きヘッドフォン(2000円程度)をパソコンやスマホにつなぐと余計な音が遮断でき、自分の声だけをクリアに伝えられる。

●映像を大画面で楽しむなら「HDMI変換アダプタ」を活用

 コンサートなどの映像は大きな画面で堪能したいもの。そういうときは、スマホやパソコンをHDMI変換アダプタ(2000円程度)でテレビやプロジェクターとつなごう。出力端子がついているパソコンの場合は、HDMIケーブル(1000円程度)で接続するだけでOK。

●顔をきれいに見せられる「リングライト」を正面に設置

 オンライン飲み会やレッスンなどで、自分の顔を先方に見せる場合、少しでもきれいに見せたいもの。そこで役に立つのが、円形のライト・リングライト(2000円程度)だ。被写体にまんべんなく光を当てられるので、肌色が明るくきれいに映る。

※女性セブン2021年3月4日号

関連記事(外部サイト)