SNSで虚偽の当選連絡、企業の偽アカウントが使われる事案が増えている

SNSで虚偽の当選連絡、企業の偽アカウントが使われる事案が増えている

企業偽アカウントの見分け方

SNSで虚偽の当選連絡、企業の偽アカウントが使われる事案が増えている

有名企業の公式になりすます偽アカウントが急増中(イメージ)

 2020年秋頃より、Instagramの公式アカウントを持つ企業の偽アカウントが多数見つかっている。トレンドマイクロによると2020年12月時点で66の企業の偽アカウントがあり、年明けになっても被害が続いている状態だ。SNS関係の事件やトラブルに詳しいITジャーナリストの高橋暁子さんが、Instagramで企業の偽アカウントが多発する理由と見分け方について解説する。

 * * *
 Instagramに、企業の偽アカウントが次々と登場している。これまでに、ダイソー、エバラ、ちふれグループのスキンケアブランド「ドゥーナチュラル」、セゾンカード、ユニクロ、アサヒビール、スターバックスコーヒージャパン、森永製菓、よつ葉など、多くの偽アカウントが確認された。各企業はそれぞれ自社の偽アカウントに対する警告を発表しているが、うっかり騙されかけた人もいるかもしれない。友人たちとささやかなやりとりをしたり、有名人の投稿を楽しむためにインスタを使っている50代主婦・本橋優子さん(仮名)のもとにも、ある企業の公式と錯覚させるようなアカウントからメッセージがきた。

「『5000円当選しました』という連絡がインスタできました。覚えていないけれど、どこかで見かけて応募したのかもと思って喜んでしまった。夫に自慢したら、『その連絡は絶対に怪しい。調べた方がいい』って言われて。まさかと思って調べたら、応募した履歴もないしアカウントも怪しくて、危なかった」

 本橋さんは夫の言葉によって思いとどまったため、それ以上の不審な出来事は起きなかった。実際、よく調べたらその企業には正式な公式アカウントが別にあり、女性が連絡をもらった方はフォロワー数も少なく投稿も少ない完全な偽アカウントだったそうだ。

 企業のSNSアカウントでは、よく様々なキャンペーンを行っている。多いのが、フォロー&いいねなどによって商品が当選するキャンペーンだ。該当アカウントから当選の連絡がDMできたら、商品送付用に住所や名前などを連絡、または専用サイトに登録することが多い。その、よくあるプロセスを利用した詐欺が行われているのだ。

 たとえば、オフィス用品や文具で知られるコクヨ株式会社の家具部門、コクヨファニチャーのInstagramアカウントでは、2020年12月、実際にプレゼントキャンペーンを行っていた。それに乗じて偽アカウントが作られ、実際にはまだ当選者が決まる前のタイミングで偽当選メッセージが送られていた。もし、その当選メールを信じて返信した場合、正体不明の相手に個人情報を知らせてしまうことになるだろう。このように、偽メッセージが送られてしまった企業は少なくない。

 企業の公式を騙るアカウントを利用して得られたユーザー情報は、何に使われるのか。たとえばショッピグサイトなどの登録の必要があるサービスに不正ログインするために使われる可能性もある。偽アカウントのメッセージをきっかけに銀行口座番号やクレジットカード番号などを知られてしまった場合には、勝手に買い物されるなど金銭的損害を被る危険性が高い。これらの情報収集だけでなく、アフィリエイト収入を得る目的で違うサービスに誘導され、知らず知らずのうちにみずから利益供与に協力してしまうケースもある。

フォロワー数、投稿数、認証マークなどに注目

 これまで、企業の偽公式アカウントといえば、実際に行われているキャンペーンに便乗する形が普通だった。ところが最近は、とくにキャンペーンもイベントも行っていない企業になりすまして偽当選メッセージなどを送りつける例も目立ってきている。

「#懸賞」はInstagramで116万件投稿される人気のハッシュタグだ。主婦層が多いInstagramでは、日常的に様々な懸賞キャンペーンが行われている。しかもコロナ禍で収入減となり、在宅時間が長くなった結果、浮いた時間でこのような懸賞応募に励んでいる人は増えている状態だ。

 40代主婦、松本友里子さん(仮名)もこのような被害に引っかかりかけた一人だ。松本さんは、「当選の連絡がきて嬉しくなって、住所や電話番号などを送ってしまった。銀行口座も書けとあったのに気づかずに書きそびれていて助かった。危なかった」と胸をなでおろす。しかし、「これまでにお皿が当たったこともあるし、チョコレートも当たったので、懸賞応募はこれからも続けるつもり」という。

 どうすれば本物と偽物の区別をつけられるのか。偽物だとアナウンスされたアカウントに気をつけるのはもちろんだが、近ごろの偽公式の広がりは大きい。なりすましているアカウントは一つとは限らず、似たようなIDで複数作っているケースも多い。

 アカウント名で判別しようにも、一見本物と見分けがつかないものがほとんどのため、なんとなく画面を眺めていると、うっかり公式からだと思わせるようなものが多い。たとえば、ネイル用品の大手通販サイト「レッドネイルズ」が、Instagramの偽アカウントについて2020年12月に注意喚起をしているが、偽物の特徴として興味深い例をあげている。本物のアカウント名は「rednails_webchannel」で、偽のアカウントはiが2つ続く「rednaiils_webchannel」やlが2つ続く「rednails_webchannell」といった具合だ。小文字がひとつ余分にあるだけの違いでは、違いを見落とす人が続出しても不思議はない。 アカウント名だけで瞬時に判定するのは難しいが、偽物は投稿数やフォロワー数が少なかったり、ストーリーズが投稿されていなかったり、リンク先が公式サイトではないこともあるので、ちょっとおかしいなと思ったら、そのアカウントの投稿歴やプロフィール欄を確かめると、案外、偽物を見分けられるものだ。それでも判断がつかない場合は、公式サイトからInstagramの公式アカウントを探し、クリックして本物を表示することで確認できるはずだ。その他、認証マークの有無や過去の投稿内容なども確認するといいだろう。

 ただし、ここまで述べた偽アカウントを見分けるコツについても、最近ではひとつだけ試しても分からなくなりつつある。Instagramはアカウント名を変更できるが、それを利用して数日でアカウント名と投稿を差し替え、何度も違う企業の偽アカウントに変わっている例や、公式アカウントの投稿をすべてコピペして偽アカウントへの警告まで投稿していた例もあり、かなりわかりづらくなっているので注意が必要だ。

LINEでも起きている当選詐欺

 このような企業の偽アカウント詐欺は、Instagramだけではなく、LINEでも起きている。

 1月、「ケンタッキーフライドチキンが1年分当たる」という甘い言葉で偽の懸賞へ誘う事案が発生した。

 このLINEの偽懸賞への誘導は、Instagramでよく見られる偽企業アカウントからのメッセージよりも悪質だ。ふだんからLINEのやりとりがある友人からメッセージ付きでURLが送られてくるからだ。友人からなので、さして疑わずにそれをタップすると懸賞画面が開く。その場で当たり外れがわかるタイプのもので、1回目、2回目ははずれるが、3回目は当選。当選した直後、友だち5人にもURLを送るように促される。友人を巻き込んで拡散されていくのは、この仕組みのためだ。 実は3回目は必ず当選するようになっており、交友関係を使って拡散させているのだ。最後に当選商品を請求するためにある電話番号に国際電話をかけるよう求められるが、電話すると高額な電話料金が請求されてしまうのだ。

 このような被害が続いている理由には、コロナ禍で多くのキャンペーンがSNS上で行われるようになっていることが挙げられるだろう。企業がSNS上での販促活動に力を入れた結果、詐欺被害もSNS上に移ってきているのだ。コロナ以前だったら、メッセージについているURLをクリックすることに抵抗がある人は、今より多かったかもしれない。だが、SNS上でのキャンペーンに慣れた結果、危険と感じる風潮は薄れているのではないか。

「当選した」「当たった」などと特別な優位性を強調して近づき、商品を売りつけたりクレジットカードの引き落としが止まらなくなる「当選商法」は昔からあるものだ。これは、その現代版とも言うべきものというわけだ。身近になったSNSの操作は、受け取ったものをじっくり吟味したり確かめるよりも、直感で操作することが多いだろう。もし、その感覚が研ぎ澄まされれば、偽アカウントに対してもすぐに判断できる未来がくるのかもしれない。だが、現実には騙そうとする側のほうが機敏で、なかなか対応できるものではない。対処策としては、ときどき立ち止まって、公式アカウントを丁寧に確認するほかない。

関連記事(外部サイト)

×