キャッチが導くプチぼったくり店「コロナ禍でサービス合戦」の皮肉

キャッチが導くプチぼったくり店「コロナ禍でサービス合戦」の皮肉

千葉県船橋市の居酒屋店主(左)に営業時間短縮を要請するチラシを渡す千葉県の森田健作知事(右)(時事通信フォト)

 今では多くの繁華街で禁止されている路上での客引き、いわゆるキャッチの誘いに乗って飲食店を利用すると、出てくる料理のレベルが低すぎたり、高額な請求をされるなど満足できないのが普通のことだった。さすがに新型コロナウイルスの感染対策のために飲食店が時短営業や休業をするようになると、キャッチの姿も消えていたが、最近になって東京近郊の街では、今までとはちょっと違うキャッチ行為が行われているらしい。ライターの森鷹久氏が、コロナ以前と何が違うキャッチなのかについてレポートする。

 * * *
「うちは飲めますよ! すぐご案内できますので!」

 金髪、小柄な若い男が声を張り上げているその場所は、千葉県某市の繁華街。

 一都三県をはじめ、大都市を擁する自治体は「緊急事態宣言」発令の真っ只中で、時刻は夜10時過ぎ。ほとんどの飲食店が時短営業要請に従いのれんを下げている。しかし、いつもより薄暗くなったその通りには、前出の金髪男のような「違法キャッチ」がそこら中に立っていた。そして、道ゆく人に手当たり次第、声をかけまくっているのである。

 付近の飲食店店主が言う。

「この辺は小さな店も多く、1日6万円の協力金があるなら喜んで夜8時で営業切り上げるよって感じ。うちなんか完全に閉めちゃってるくらいだけど、飲みたいお客さんっているんだよね」(飲食店店主)

 筆者は以前、条例によって客への呼びかけや声かけが規制されているにもかかわらず、路上に立ち続けるキャッチの存在、そしてキャッチが連れていくのはどんな店なのかについてレポートした。そこは、ほとんどが「プチぼったくり」と呼ばれる店で、ぼったくりに「プチ」とつけているのは、少しずつ割高なものを積み重ねて客に請求する、というシステムがあったからである。

 生ビールは水のよう、お通しはなぜか800円もする、料理がメニューにある写真と比較してあまりにも貧相で、さらに席料やサービス料、週末料など訳のわからない追加料金が上乗せされ、2人で少し飲んだだけなのに2万円近くする、といった塩梅だ。一人に何十万円も請求するという分かりやすいぼったくりではなく、少しずつ割高なものを積み重ねて、料理の内容などサービスに見合わない高めの請求をする「プチ」ぼったくりというのが、キャッチが連れて行く店の正体だった。

 もちろん、彼らの背後には反社会勢力の影がちらついていた。時には半グレのメンバーが直接、キャッチに立つこともある。もちろん、キャッチとプチぼったくり店はお互いに利益を分け合う共犯関係にある。彼らの普通ではない雰囲気は、飲食業の世界をよく知らない人でも、なんとなく感じるものだ。だから、通常時ならキャッチについていくのは酔っ払って勢いづいていたり、あまりにも世情に疎い人だった。ところが、と前述の飲食店店主が続ける。

「飲み足りないって若いやつだけじゃなくてさ、普段なら敬遠して絶対に入らないようなパリッとしたスーツ姿のサラリーマンまでさ、どんどんキャッチに付いていっちゃうの。うちのお客さんもどうしても飲みたくて入っちゃったらしいけど、なんか普通だったって言ってたよ」(飲食店店主)

 他の店がやってないからこその「スキマ商売」とでも言おうか、いや、平たく言えば「闇営業」そのものなのだが、キャッチに連れられた客が、わかっているのかいないのか、そのままプチぼったくり店に吸い込まれていくというのだ。ところが、あまり酷い目に遭っている様子がない。

 冒頭の小柄金髪に事情を聞いたところ、実に生き生きした感じで「儲かってます!」と白い歯を見せる。

「プチぼった店というか……(笑)、いや、今はまともにやってますし、まともにやってないとお客さん怒って帰っちゃうんで。キャッチはグレーかも(筆者注:路上での客引き行為は条例違反)しれないけど、他に店もないしキャッチいらないくらいお客さん来てくれてます。うちは時間制限なし、タバコ吸い放題、席料も深夜料金もサービス料もないんで!」(あるキャッチ)

 筆者が店に入る事はなかったが、出てきた客に話を聞いてみると、やはり「意外と普通」と答え、さらにこの店がどういう店かも知っていると応えるのである。

「キャッチがいる店だからろくな店じゃない、と知っていましたが、最近マシになったって聞いてね。そういう店しかやってないし、そういう店の中でも『サービス合戦』やってるみたいよ。ビールも水っぽくないし、ハイボールは逆に濃かった」(店利用客)

 筆者が立って眺めていると、制服のようなものを着た中年男性がやってきて、キャッチに向かって「禁止行為をやめてください」と拡声器を使い怒鳴ったが、キャッチは完全無視、そしてキャッチに声をかけられている客がコソコソ顔を隠すようにして、雑居ビルの中へと連れて行かれた。

 コロナ禍の緊急事態宣言下で、違法キャッチ絡みのプチぼったくり居酒屋同士が「営業努力」に励んでいるというのはなんとも皮肉な話だ。とはいえ、結局のところは何がなんでも「飲みたい」というニーズがあるから、彼らはそこで少しずつ条例や法律を破りながらでも商売を続けられるのだ。

関連記事(外部サイト)