新型コロナワクチン 効果、作用、副反応…どのメーカーを打つべきか

新型コロナワクチン 効果、作用、副反応…どのメーカーを打つべきか

ワクチンはメーカーによってどう違うのか(時事通信フォト)

 供給予定量が届かない、接種スケジュールが不確定など、問題が山積みな新型コロナワクチンだが、いずれは私たちも接種することになる。その前に、知っておかなければならないのは各メーカーのワクチンの性質だろう。安全性や危険性はこんなにも違う──。

 世界を救う救世主として期待される新型コロナウイルスのワクチン。日本に先駆けて接種が始まった国では「異変」が起きている。ワクチンの選別である。ドイツ予防接種常設委員会は、英医薬品メーカー「アストラゼネカ」のワクチンについて、接種対象を65才未満に限定するよう政府に勧告した。同委員会は「高齢者に効果があるとするデータが足りない」と指摘する。

 同様の勧告はフランスやスウェーデンでも行われ、ヨーロッパの約10か国がアストラゼネカ製を65才以上に接種することを避けている。メーカーの“本国”イギリスの国民は、アストラゼネカ製か、アメリカのファイザー社のワクチンを接種することになっている。ただし、自分がどちらを打つのかは選べない。そこである騒動が起きた。

「保健診療所で働くスタッフが、どちらのワクチンを扱うかの“インサイダー情報”を家族や友人にリーク。情報を知った人々が『アストラゼネカ製は嫌だ』として、予防接種の予約をキャンセルする事態が発生しました。

 なかにはファイザー製を接種するために複数の病院で接種の予約をして、リーク情報をもとに接種場所を決める人もいて、『ホスピタル・ホッピング(病院めぐり)』として話題になっています」(在英ジャーナリスト)

 さらにイギリスでは、公共放送BBCの司会者が「アストラゼネカではなくファイザーを打っていいですか。なぜなら有効性がはるかに高いから」と発言して注目された。海外では、たんにいつワクチンを接種するかではなく「どこのワクチンを打つか」こそが関心の的なのだ。

 一方、日本では2月17日より、ファイザー製ワクチンの医療従事者への先行接種がようやく始まった。懸念された健康への影響としては、20日午後5時までに摂取した約5000人のうち2人に、それぞれじんましんと寒気などの副反応と疑われる事例が確認された。5000分の2をどう考えるべきか。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんが言う。

「コロナのワクチンは、インフルエンザなどのワクチンに比べて副反応の割合が10倍ほど高い傾向があります。ただし副反応があるということは、体内でワクチンが効果を発揮する際に欠かせない免疫反応が起きている可能性が高い。現時点でこのワクチンがよい、悪いとは簡単にいえません」

 今後、国内での接種が進む。問題なのは日本はイギリスと同様にどのワクチンを打つか、個人では選べないことだ。海外の事例が示すのは、ワクチンはタイプにより効果や安全性が異なるということ。自分や家族が接種するなら、「どれも変わらない」と高を括るのではなく、それぞれのワクチンの違いを知っておきたい。

ファイザー? アストラゼネカ? モデルナ?

 日本政府はファイザー社(7200万人分)、米モデルナ社(2500万人分)、アストラゼネカ社(6000万人分)とワクチン供給の契約を結んでいる。私たちはその3社のいずれかのワクチンを接種することになる。

 私たちの体に異物が侵入すると、それを攻撃する「免疫システム」が機能して異物の侵入を防ぐ「抗体」を作る。通常のワクチンは、病原体の一部を人工的に体内に送り込んで免疫システムを作りだし、ウイルスなどの感染を防いだり、重症化を防ぐものだ。さらに、ワクチン接種で抗体を持つ人が増えると「集団免疫」が確立されて、感染拡大を抑える効果が期待される。

 今回のワクチンが画期的なのは、「病原体の一部」ではなく、「遺伝子情報」を体内に送り込むことだ。

「ファイザー製とモデルナ製のワクチンは、『mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチン』というタイプで、ウイルスの遺伝子情報を体に打ち込み、免疫反応を呼び起こします。これは世界初の試みであり、人体への影響などの評価が確立されたとは言い切れません。

 一方、アストラゼネカ製は『ウイルスベクターワクチン』というタイプで、アデノウイルスの一種であるチンパンジーの風邪ウイルスを無害化したものに、コロナの遺伝子情報を組み込んだものを接種します」(一石さん)

 気になる副反応は3つのワクチンでどう違うか。

「ほぼ同じような副反応が報告されていますが、アストラゼネカ製は症状が強く、解熱鎮痛剤を多く使う可能性が報告されています」(一石さん)

 ファイザー製とモデルナ製は世界初の試みだけに安全性への懸念もあるが、血液内科医の中村幸嗣さんは「過剰な心配はいりません」と語る。

「ファイザーとモデルナのmRNAワクチンは30年以上基礎研究が続いた技術です。アレルギー反応については処置の手順が確立しており、死亡にいたるケースはまずないと考えられます。

 体内に送り込む遺伝子情報がずっと残って悪影響を及ぼすとの懸念も一部で伝えられていますが、ワクチンのRNAは短期間で分解・除去されるためヒトの遺伝子には組み込まれず、体内に残らないとされます」

 肝心の効き目はどうか。ワクチン接種によって感染リスクがどれほど減ったかを示す「有効性」は、ファイザー製95%、モデルナ製94.5%、アストラゼネカ製70%との結果が出ている。

「通常のインフルエンザワクチンの有効性は50%ほどとされるので、ファイザー製とモデルナ製の有効性の高さは驚異的で、アストラゼネカ製も高いといえます」(中村さん)

 ただし前述の通り、ヨーロッパでは高齢者にアストラゼネカ製ワクチンの使用を控える国が続出。これは高齢者への有効性を示す証拠が不足していることとともに、もう1つの問題点によるという。医療経済ジャーナリストの室井一辰さんが指摘する。

「大きな問題は、アストラゼネカ製のワクチンが南アフリカ型のウイルス変異株に効果がないという懸念があることです。ヨーロッパの国々は南アフリカとの往来があり、変異株を懸念して、アストラゼネカ製を警戒しています」

 他方でアストラゼネカ製のワクチンは、日本人にとっての利点がある。

「いまやワクチンは世界中で獲得競争になっていて、海外で生産された2社のワクチンは日本に入ってこない可能性があります。その点、アストラゼネカ製のワクチンの大半は日本国内で生産するので、安定的な供給が望めます。しかも、国内で作っているという信頼性もありますし、日本人にとって“国産”という事実は安心感があるでしょう。

 確かに変異株に効かないリスクはありますが、現時点で変異株は爆発的に増加しておらず、時間の経過とともにワクチンは改良されるので、日本人にとってはアストラゼネカ製が頼りになると思います」(室井さん)

 自分が打つ可能性のあるワクチンだから、日々情報をアップデートしていきたい。

※女性セブン2021年3月11日号

関連記事(外部サイト)