森友問題で命を絶った職員の妻告白「財務省は誠意を見せてください」

森友問題で命を絶った職員の妻告白「財務省は誠意を見せてください」

夫との楽しい生活から一転、「苦悩の日々」に(写真は2月17日の開廷後に会見する雅子さん)

 森友学園問題で財務省近畿財務局職員赤木俊夫さん(享年54)が自殺して、間もなく3年になろうとしている。妻・雅子さん(49)はこう振り返る。

「夫は自ら命を絶った。もうすぐ3年になる。ある日、自宅を片付けていた私は、手のひらにおさまるほどの小さなメモ帳を見つけた。開くと『3/7』の文字。

『あっ、としくんが亡くなった日だ』

 あの頃、誰にも頼れず夫婦二人で苦しんでいた思いを、私はメモ帳に残していた。それは、夫が死に至る絶望の日々の記録だった」

 あれから3年。雅子さんが苦悩の日々をつづった初公開メモをもとに、彼女の思いを大阪日日新聞記者・相澤冬樹氏がリポートする。

 * * *
 世に知られる財務省公文書改ざん事件の物語。森友学園に格安で売った国有地の取引をめぐり、財務省は公文書を不正に書き換えた。当時の安倍(晋三)首相の妻、昭恵さんの名前をすべて消した。

 改ざんさせられたのは出先機関の近畿財務局の職員だった赤木俊夫さん。妻の赤木雅子さんのメモ帳には、誠実な公務員が命を絶つまでの苦悩の日々が記されている。

 雅子さんは以前から、思いついたことをメモ帳に走り書きする習慣があった。森友学園問題が明るみに出る以前は、このメモ帳には夫との何気ない幸せな出来事ばかりが記されていた。

 筆致に暗い影が差すようになったのは2017年3月3日の記述から。

〈いったいとしくんはいつ帰ってくるのか。あれはたしか2/8頃はじまった森友学園の問題。1ヶ月近く、毎日タクシーだ〉

 この5日前の日曜日、俊夫さんは雅子さんと近所の梅林公園で過ごしていたところを上司の電話で職場に呼び出された。この時、最初の改ざんをさせられたのだ。

 その日を境に俊夫さんは心を病んでいく。暗くふさぎ込んで「内閣が吹っ飛ぶようなことやらされたんや」とつぶやく。でも詳しいことは語らない。

 5月12日の記述。

〈としくんが10日程前から様子がおかしい〉

 自宅上空を飛ぶヘリコプターを見上げて「あれは僕のことを見張りに来てたんだぞ」と言い始めた。改ざんに反対したが無理矢理させられた負い目からか、捜査で追及されるという恐怖心が強まっていた。職場を辞めたいという発言も増える。

〈としくんはもー仕事やめるという。それはしかたないよね〉(5月20日)
〈としくん仕事やめるってよ 暗〜い〉(7月1日)
〈としくんおかしくなりました ねむれないし、もう駄目だー〉(7月19日)

 この翌日から俊夫さんは仕事を休み、二度と職場に戻れなかった。

〈としくんも休んで1月と10日程たつ 毎日かっとうしている〉(8月31日)
〈昨日帰りにラーメンにいく 久しぶり〉(10月14日)

 これが夫婦での最後の外食となった。

財務省が隠す「赤木ファイル」

 俊夫さんの病状は急速に悪化し、雅子さんもメモを書く心の余裕がなくなる。3か月以上の空白の後、翌年3月7日朝の記述。夫を失った日だ。

〈ずいぶん暖かくなってきました としくんは音問題で夜もねむれず、イライラして頭おかしくなっていたけど、昨日〇〇さんにそんな事実がないことをきいてきたから少しおちついたようだ〉

 自宅の騒音で近所から苦情を受けている、と妄想が現われていた。そんな事実はないとマンション管理人の言葉を伝えると落ち着きを取り戻したように見えたので、雅子さんは出勤した。だが帰宅すると俊夫さんは窓の手すりにコードをかけ息絶えていた。メモはこの日で終わっている。

 雅子さんは裁判で真相を明らかにするため、夫が改ざんの経緯を職場で書き残した通称「赤木ファイル」の提出を求めている。しかし財務省は、ファイルがあるともないとも言わない態度を取り続けている。裁判でも国会でも、いつも「お答えを差し控える」。歪んだ言葉を繰り返す。

 メモ帳を読み返すと、つらい気持ちが甦る。財務省という組織が変わらない限り、それは変わらない。

「『職場はこんな立派に間違いを認めて、何があったかすべて明らかになったよ』って、としくんに伝えられるような、そんな誠意ある対応をしてほしい」(雅子さん)

 それが、3月7日に夫の命日を迎える雅子さんの願いだ。

※週刊ポスト2021年3月12日

関連記事(外部サイト)