「二・二六事件」秘史──被害者遺族を救った天皇の言葉

「二・二六事件」秘史──被害者遺族を救った天皇の言葉

事件で犠牲となった陸軍教育総監・渡辺錠太郎(左から2人目)、1人置いて妻すずと膝に抱かれた娘の和子(渡辺家蔵)

 今年もまた、2月26日がやってきた──。今から85年前の1936(昭和11)年2月26日、大雪に見舞われた帝都・東京で“事件”は起きた。1500人近い陸軍将兵らがクーデターを図った「二・二六事件」である。

 今年1月に90歳で亡くなった“昭和史の語り部”作家の半藤一利氏も、この事件についてさまざまな視点から言及していた。中でも印象的なのは「宮城(皇居)占拠計画」に関する指摘だろう。

〈彼らが狙ったのは、天皇陛下というものをわが手で押さえてしまおう、そうすれば、明治維新の時に「玉(ぎょく)を押さえる」ということで、薩摩と長州と土佐が明治天皇を頭に戴(いただ)いて偽の命令を出し、あっという間に官軍になってしまった歴史的事実がありますので、この場合も昭和天皇を背後に戴くことによって自分たちが官軍になる、これに敵してくる者たちは賊軍になるという方式を考えたのです。〉(『昭和史 1926-1945』「二・二六事件の眼目は『宮城占拠計画』にあった」)

「尊王義軍」という論理

 主謀した「蹶起(けっき)部隊」の青年将校たちは、時の首相や蔵相ら政府要人を暗殺するばかりか、皇居までも占拠する??まさに“日本改造”を企図していた。その背景に「官軍」「賊軍」の考え方があったとするのは半藤氏ならではの解説だが、さらにそこから権力の中心にある天皇が「維新」のために担ぎ出される経緯が解き明かされる。

〈こうなると「明治維新」です。彼らは事件を「昭和維新」と銘打ち、自分たちは天皇陛下を尊び、義のために立った「尊王義軍」と称しました。確かに彼らの気持ちの中には「天皇陛下のために立ち上がる、そして陛下はそれをわかってくださる」という確信があったのでしょう。[中略]そこで彼らは何を考えたのか、先に申しましたが、宮城をまるまる占拠しようとしたのです。〉(同前)

 しかし、当の昭和天皇は兵士らの蹶起に激怒し、即座に事件を終息させるように命じた。当時側近だった陸軍の本庄繁・侍従武官長が日記に残した天皇の言葉はよく知られている。

「朕(ちん)が股肱(ここう=腹心)の老臣を殺戮(さつりく)す。この如き凶暴の将校ら、その精神においても何の恕(ゆる)すべきものありや」

 結局、蹶起3日目の2月28日、天皇から各部隊に撤退を命じる「奉勅(ほうちょく)命令」が下達。参加した下士官や兵士たちは「叛乱部隊」とされ、青年将校たちは収監・処刑された。

「陛下の御恩を忘れてはいけない」

 この昭和天皇の言葉に救われたのが、事件の被害者遺族だった。

 犠牲者の一人である陸軍教育総監・渡辺錠太郎大将の末娘で、のちに200万部超の大ベストセラー『置かれた場所で咲きなさい』を著わしたシスター・渡辺和子さん(2016年逝去)は、こう回想している。

〈事件後も母は涙を流すことはありませんでした。ただ事件を知った昭和天皇が「朕自ラ近衛師団ヲ率ヒ、此レガ鎮定ニ当タラン」、つまり自ら近衛兵を率いて鎮静にあたるとまで言ってくださったことに母は大変感謝して、「陛下のお蔭でお父様の面目が立った。天皇陛下の御恩を忘れてはいけない」とつねづね言っておりました。〉(渡辺和子「憲兵は父を守らなかった」)

 渡辺大将の没後85年目に初めてまとめられた話題の本格評伝『渡辺錠太郎伝』には、青年将校らと同じ陸軍軍人でありながら、「戦争だけはしてはいけない」という非戦思想を唱えていた渡辺大将の人と形(なり)が綴られている。

 その渡辺大将が、二・二六事件で襲撃対象になったのは事件直前と見られるが、詳しい経緯は明らかになっていない。だが、同書の著者である歴史研究者の岩井秀一郎氏によれば、前任の教育総監だった真崎甚三郎大将らとの陸軍内の権力抗争に加え、天皇を国家の中の一つの「機関」とする「天皇機関説」をめぐる政治的な争いが影響していたという。

「大きな契機になったのが、事件の半年前に渡辺大将が陸軍の将校相手に訓示をした際に『天皇機関説』を支持した、と喧伝されたことでした。それによって、渡辺大将に対する批判が殺到します。しかし、もともと天皇自身が『機関説』を認めており、渡辺大将にしてみれば、その陛下の考えを否定するのもいかがなものかという思いがあったのではないかと思います。

 また、そもそも訓示は、そうした問題について陸軍の軍人たちが個々に議論することを戒めるものでした。にもかかわらず、その真意が広く伝わることはなく、一方的に『君側(くんそく)の奸』というレッテルを貼られたのです」(岩井氏)

 同じ陸軍の中にあって、青年将校にしても渡辺大将にしても「天皇陛下のために」という思いは共通していた。しかし、昭和天皇が救おうとしたのは、渡辺大将のほうだった。そして結果的に、渡辺大将が命を落としたことで、日本はさらに坂道を転げ落ちるように戦争へと突き進んでいく。85年目の評伝は、その歴史の真実を教えてくれる。

 昭和史は、まだまだ語り継ぐべき教えに満ちている。

*参考文献/半藤一利『昭和史 1926-1945』(平凡社ライブラリー)、渡辺和子「二・二六事件 憲兵は父を守らなかった」(「文藝春秋」2012年9月号)、岩井秀一郎『渡辺錠太郎伝 二・二六事件で暗殺された「学者将軍」の非戦思想』(小学館)

関連記事(外部サイト)

×