橋本聖子新会長就任の舞台裏 離党に追い込み一矢報いた小池知事

橋本聖子新会長就任の舞台裏 離党に追い込み一矢報いた小池知事

カメラの前では“親密”ぶりをアピールしたが…(写真/AFP=時事)

 まさに火中の栗を拾わされる形での就任となった橋本聖子・東京五輪組織委員会新会長。橋本新会長は就任翌日の2月19日、小池百合子・東京都知事のもとに挨拶に訪れ、カメラの前で互いに肘タッチを交わし“親密”ぶりをアピールした。

 しかし、2人は直前まで激しい火花を散らしていたのだ。

 橋本氏はその日の午前中、「自民党を離党する考えはない」と否定し、自民党北海道連会長も続投を明言。自民党議員のまま組織委員会会長を務める算段だった。それに対して野党から批判があがり、小池氏が記者会見で決定的な“離党勧告”をする。

「前の北京五輪では北京市長が組織委員会会長を務めていて、当然、共産党だったが、私はそういったところでは、国民が納得できるような説明も求められるのではないかと思う」

“自民党のままなら中国と同じ”と痛烈に批判したのだ。

 そのうえで、橋本氏に離党や議員辞職を求めるかを問われると、「分かりやすい形が望ましいのではないでしょうか」と突きつけた。その直後に橋本氏は一転、自民党本部に離党届を提出し、北海道連会長も辞任する。

 約2時間後に行なわれた2人の会談では印象的な光景が見られた。小池氏が満面の笑みを浮かべ、橋本氏にこう語りかけた。

「バッハ会長をはじめとするIOC(国際オリンピック委員会)の皆さんに、彼女(橋本氏のこと)はアイアンレディー、“鉄の女”だと、すばらしいと言って、メールを打っておきました」

 IOCとの関係の深さをアピールする小池氏に対して橋本氏は、「小池知事と全力で取り組んでいかなければならない問題がたくさんありますので……」と応じるのが精一杯。組織委員会関係者が舞台裏を語る。

「森喜朗会長の後任選びでは、小池知事は仲のいい竹田恆和・JOC(日本オリンピック委員会)元会長とともにJOC理事の小谷実可子氏を推していた。しかし、森さんは小池-竹田ラインに組織委員会を牛耳られることを心配し、会長就任を固辞していた橋本氏を強引に後継会長に据えた。会長人事でしてやられた小池知事は、本当は橋本氏を議員辞職させたかったのでしょうが、離党に追い込んだことで一矢報いた格好です」

※週刊ポスト2021年3月12日号

関連記事(外部サイト)