写真で振り返る橋本聖子氏 いつも隣には“父”と慕う森喜朗氏がいた

写真で振り返る橋本聖子氏 いつも隣には“父”と慕う森喜朗氏がいた

1988年、ソウル五輪に自転車代表として出場(時事通信フォト)

 夏冬合わせて7回の出場経験を誇る“オリンピックの申し子”橋本聖子氏(56才)が、東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長に就任した。“問題発言”で退任した森喜朗氏(83才)の後任だが、2月18日の会見では「政治の師でもある森先生は、大変特別な存在」「正していくべきものと継承するものといろいろある」とした橋本氏。たしかに橋本氏の隣にはいつも森氏がいた。

●1988年
 カルガリー冬季五輪のスピードスケートで5種目入賞の快挙を果たし、同年にソウル五輪に自転車代表として冬夏出場。“聖子フィーバー”が起きた。

●1992年
 アルベールビル冬季五輪のスピードスケート1500mで3位入賞。日本人女性初の冬季五輪銅メダルを獲得し、「五輪の申し子」の名をほしいままに。

●1995年
 参院選に自民党から立候補し初当選。政界入りを後押ししたのは当時幹事長を務めていた森氏。出馬会見では「父」と慕う言葉も。

●2000年
 三女のせいかちゃんを森氏に抱かせる橋本氏。森氏のにこやかな表情は“孫”を抱くおじいちゃんそのもの。

●2010年
 自身が団長を務めたバンクーバー五輪から帰国し、高橋大輔選手、浅田真央選手を見つめる橋本氏。高橋氏とは2014年に「無理チュー」セクハラ報道が話題になった。

●2019年
 9月に五輪担当相として初入閣を果たす。

●2020年
 東京五輪開催に向け、森氏を訪問。満面の笑みでガッツポーズ。IOCの会議では、隣に座った森氏と綿密な打ち合わせをする姿も。

●2021年
 新会長に就任し、記者会見する橋本氏。

※女性セブン2021年3月11日号

関連記事(外部サイト)