森友学園問題、赤木さん妻「運命の2月26日を決して忘れません」

森友学園問題、赤木さん妻「運命の2月26日を決して忘れません」

4年ぶりに思い出の公園で梅を見る雅子さん(2021年2月26日撮影)

 2月26日、国会で森友学園との国有地取引をめぐる公文書改ざんの問題が取り上げられた。立憲民主党の階猛議員は衆議院財務金融委員会で、改ざんをさせられたことを苦に命を絶った財務省近畿財務局の職員、赤木俊夫さん(享年54)が経緯を詳しく記していたとされる文書、通称「赤木ファイル」について明らかにするよう麻生太郎財務大臣に迫ったほか、「隠ぺいを続けるのならまた(改ざんは)繰り返される。公務員の倫理も廃れていくのではないか」と指摘した。

 実はこの26日は「森友学園問題」にとって重要な節目だ。俊夫さんが初めて上司に指示されて改ざんを行ったのが、2017年の2月26日なのだ。雅子さんはその日のことをこう振り返る。

「今日2月26日は、私たち夫婦にとって忘れられない日です。4年前の日曜日、夫の久しぶりの休日。私たちは近所の梅林公園にいました。『満開やね』『いい香りやわ』と語り合っていたら夫の携帯が鳴りました。職場からです。電話が終わると夫は言いました。

『上司が困っているから僕、助けに行くわ』。笑顔でこう言い残し職場に向かったんです。でも、その日を境に夫は少しずつおかしくなっていきました。そして1年。夫の職場の不正行為について、新聞に記事が出ました。『夫がやらされたこと、これやったんや』。

 でも職場からは何の連絡もありません。自分だけのせいにされると怯えた夫は、自宅で自ら命を絶ちました。夫を変えてしまったあの日、私たち夫婦の平和な暮らしを壊した運命の2月26日を、私は決して忘れません」

 4年前の2月26日、俊夫さんの身に何が起きたのか。雅子さんの証言をもとに、大阪日日新聞記者の相澤冬樹氏がリポートする。

 * * *

 あの日、俊夫さんはご機嫌だった。森友事案への対応で連日激務が続く中、久しぶりの休日。まず夫婦で神戸・三宮の行きつけのセレクトショップを訪れ、お気に入りのブランド・インコテックスのパンツを2本買った。これからの季節にぴったりの夏もののパンツ。

 俊夫さんは、お気に入りの服を初めて着るのはいいことがある日と決めていた。このパンツもそうするつもりだったはずだが、この後、改ざんをさせられてしまう。その後、いいことはなかった。だからこのパンツは穿く機会のないまま、今も自宅のクローゼットにしまわれている。

 買い物の後、俊夫さんが「梅林公園に行こうか」と言い出して、夫婦で訪れた。ちょうど梅の季節。暖かな日差しの陽気のもと、梅は満開を迎え、あたりに梅のかぐわしい香りがたちこめていた。

 打って変わって今日の神戸は雨。雅子さんは同じ梅林公園にいた。あの時、夫婦で眺めたのと同じ時間。同じ梅の前で佇むと、つらかった日々の気持ちがよみがえる。だが俊夫さんの遺書を公表した後は、大勢の人が味方をしてくれるようになった。あの日以来、初めてここを訪れることができた。

「この雨は夫の涙ですよね、きっと。私たちの幸せな時間はここで終わったんです。なぜ終わってしまったのか、明らかにしてほしいです」

 今、雅子さんの手元に1枚のカードがある。国家公務員倫理カード。夫、俊夫さんが手帳に挟んでいたものだ。毎年新しい手帳に挟み変えていたのだろう。表面がこすれて色が落ちている。そこにはこう書かれている。

・国民全体の奉仕者であることを自覚し、公正に職務を執行していますか?

・国民の疑惑や不信を招くような行為をしていませんか?

・公共の利益の増進を目指し、全力を挙げて職務に取り組んでいますか?

 俊夫さんは、こうした言葉そのままに誠実に職務にあたる国家公務員だったという。これらの言葉に忠実に、俊夫さんは上司からの改ざんの指示に相当に反対し抵抗したというが、最後はやらされてしまう。しかも繰り返し。さぞつらかったことだろう。それがうつ病を呼び、死に至らしめた。悲痛な言葉を机の上に手書きで残して。

〈これが財務官僚王国 最後は下部がしっぽを切られる。なんて世の中だ〉

 この俊夫さんの倫理カードについて、階議員は26日の国会でパネルにして紹介した。「公務員の鏡だ。私たちは宝を失った」と。その言葉が雅子さんは何より嬉しかったという。「財務省の人たちがみんなこのカードの通りにしてくだされば改ざんなんて起きないし、夫も死なずに済んだんです」

 それが2月26日を迎えての、雅子さんの思いだ。

 当時、私はNHKの記者だった。森友学園の籠池泰典理事長(当時)の単独インタビューを撮るため、NHK大阪放送局の応接室で待っていた。するとそこに籠池理事長とともに10人余りの人々が入ってきた。学園の保護者や支援者たちだという。その一人は終始ビデオカメラを回していた。

 この映像はネットに流出すると覚悟せねばならない。森友学園に迎合するような質問はできない。だが批判がましいことばかり言えば支持者たちが怒り出してインタビューは成り立たなくなる。迎合でも批判でもなく、聞くべき事を聞き出す。これまでの記者経験で最も緊迫したインタビューの一つだ。

 そして、私が籠池理事長と緊張感いっぱいで向き合っていたまさにその頃、赤木俊夫さんは近畿財務局で改ざんをさせられていた。しかもその時、俊夫さんと私はすぐそばにいた。財務省近畿財務局とNHK大阪放送局は隣と言っていいほど近くにあるのである。俊夫さんと私の人生はその時、間近で交錯していた。不思議なご縁を感じる。

 日本で2月26日と言えば1936年に起きた二・二六事件だろう。平成の「二・二六事件」は2017年に起きていた。昭和の事件とは違い、人知れずひっそりと。だが日本の道を誤らせるという意味では同じだ。改ざんは国家公務員の倫理観を破壊した。

 国を誤らせないため、この事件を忘れてはならない。赤木雅子さんは真相解明を目指して裁判を続けている。森友事件は終わっていない。

関連記事(外部サイト)