詐欺師の標的は「欲深い人」 コロナワクチン接種でも狙われる

詐欺師の標的は「欲深い人」 コロナワクチン接種でも狙われる

新型コロナウイルスのワクチン接種をかたる新たな詐欺の手口に注意を呼び掛けるポスター[兵庫県警提供](時事通信フォト)

 消費者庁が、新型コロナウイルスのワクチン接種に便乗して官庁になりすまし、ワクチン接種のために必要だと金銭や個人情報をだまし取ろうとする電話が相次いでいると注意喚起を行っている。オレオレ詐欺を彷彿とさせるこの犯罪は、やはり同じ系統の詐欺グループが関与しているようだ。特殊詐欺に詳しいライターの森鷹久氏が、ワクチン詐欺で狙われるのは、どんな人たちなのかについてレポートする。

 * * *
「詐欺師」たちが狙うのは、絶望の淵に立ち、今にも命を投げ出さんばかりの、追い込まれた人たちではない。そんな人たちを狙ったところで、詐欺師たちが得をすることは何もないだけでなく、後味も悪いからだ。

「狙うのは一言で言えば『欲深い人』。欲と言うのは、持たざる人より持っている人の方が強い。欲深い人から盗るのは、心もそれほど痛みません」

 こう話すのは、かつて特殊詐欺の指示役として活動し、6年前に「老夫婦から350万円を騙し取った」として、実行役の「受け子」が逮捕されたのちに自身も検挙されたという末永良平氏(仮名・30代)。実は末永氏本人も、元々は「持たざる者」であったことを告白しつつ、特殊詐欺がなくならないどころか、今後さらに増えていくし、コロナ禍によりその機運が高まりを見せていると考える理由を説明する。

「私の詐欺の原点はリフォーム詐欺でした。片親で、地元の底辺高校をなんとか卒業したものの、仕事もせずプラプラしていた時、地元の繋がりで先輩の仕事を手伝い始めたのが最初です。当時は仕事がまさか詐欺だとは思っておらず、先輩からも年寄りのためになる仕事だと説明され、疑いもしませんでした」

 末永氏が手を染めていたのは、高齢者宅に必要のない、もしくは効果の疑わしい「床下換気扇」を設置させ、実際にかかった商品代や工事費よりも大幅に高い額の請求を行うというもの。当時は同じような会社が関東や関西に林立し、関係者が逮捕されニュースになることもあった。

 報道を見た末永さんは、仕事について当然、疑念を抱くことになる。何より、両親が離婚し父親に引き取られた後、小学校から高校時代まで、末永さんの面倒を見てくれたのは祖母である。祖母と同じくらいの年齢の高齢者を騙し続けることは耐えられなかった。そんな時、詐欺の仕事に誘ってくれた先輩は、いつも次のように繰り返した。

「俺たちが騙すのは金持ち。10万円しか持ってない人たちから5万円盗るのは気が引けるが、1億持っている人から5万円盗るのはどうってことない、5000万円盗っても相手には5000万円残るのだと。さらに1億持っているということは、相当に溜め込む欲深い人であるから、貧乏な俺たちが盗ることは、あまり悪いことではない、そんな教えですね」

 末永氏はすでに詐欺から足を洗い、飲食店事業を営んでいるというが、かつての仲間たちが今なお「仕事に励んでいる」といい、末永さんに「探り」とも言える話を持ちかけてくるという。

「要は、私が『持っている』のかどうかという判断をしたいんでしょう。例えば休業や営業時間短縮に関する補償金について、様々な手を使って『100万円以上もらえる』と持ちかけられました。彼らが持ち込んだのは、全国で相次いだ持続化給付金詐欺と同じようなもので、運営実態のない法人をどこからか探し出してきては、法人登記簿を書き換え、私の店で営業そしていたように見せかけ、その分の補償金を受け取れる、というもの。私が欲深く、ズルをしてでも金が欲しいと考えていたらまんまとハマっていたでしょう」

 末永氏でさえ「持つ者」になってしまえば「持たざる者仲間」から狙われるのだ。そして詐欺師が狙う欲が金だけではないことが、コロナ禍で浮き彫りになりつつある。

「インチキな健康食品、それこそ『不老不死の薬』みたいなのが売れる理由わかりますか? 人より長く健康で生きたいからで、それも欲。ワクチンの接種がいよいよ始まるが、医療関係者や高齢者よりも早く打ちたい、早く安全が欲しい、そんな人たちが絶対にいるとわかっているから、今のトレンドはワクチン詐欺。メールや電話、葉書を使って、かつての仲間たちが金持っていそうな層に近づこうとしているようです」

 待てば打てるが、人より先に打って安心したい、そのためには無料で打てるはずのワクチンにも大金を支払う、そういった「欲」を持つ人々は詐欺師が格好の的になる。欲がある人々を騙すことは、心が痛まないどころか「してやったりだ」と、悪を成敗したような気にさえなる詐欺師もいるという。

「給付金にワクチンときて、仮にもう一度定額給付金がもらえるとしたら、給付金が増額でもらえるなどといった美味しい話をでっち上げ、相手から金を奪い取るようなことを、詐欺師は考えるでしょう」

 また末永氏は、世界的に株価は上がり続けているのに、一般市民の実感が伴っておらず、持つ人と持たざる人の乖離が進めば進むほど「金持ちからは奪って良い」という考えを抱く人間も自ずと増えるはず、と指摘する。

 先に出た「ワクチン詐欺」は、全国で似たような話が報告されており、筆者の調べによれば、地方都市に形成された「マルチ商法」ネットワークを使って、話が流布されているともいう。具体的に言えば、料金を支払えばワクチンを人より先に打てて、打ちたい人を紹介すれば、今度は自分にも幾らかキャッシュバックされる、といったもの。欲だけでなく、人が「狡さ」や「卑怯さ」を見せた時、その様子を舌なめずりをしながら眺めている、それが詐欺師なのである。

 コロナ禍によって様々な「欲」や「卑怯」が渦巻く今、誠実な生き方を選ばなければ、危機に晒されるのは自分自身であるという事実を、肝に銘じておきたい。

関連記事(外部サイト)

×