”資本主義の父”渋沢栄一が「生みの苦しみ」を味わった意外な有名企業

”資本主義の父”渋沢栄一が「生みの苦しみ」を味わった意外な有名企業

500社以上もの企業設立に関わった渋沢栄一(時事通信フォト)

“資本主義の父”と呼ばれる渋沢栄一は、現みずほ銀行やJRグループなど500社以上にも及ぶ企業の設立・運営に関わり、今もその6割が企業活動を続けている。だが、決して順風満帆の船出とはいかない企業も多かったという。偉人研究家の真山知幸氏が、渋沢が“生みの苦しみ”を味わった有名企業を紹介する。

 * * *
 現在放送中のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の視聴率が好調だ。スポットライトが当たっているのは、2024年から新たに一万円札の顔となる、渋沢栄一である。

 渋沢は1873(明治6)年、日本初の銀行として、第一国立銀行を設立したのを皮切りに、様々な会社の設立に携わった。その数は、実に500社以上にも及ぶ。

 言うまでもなく、どんな会社も立ち上げには、幾多の困難を伴う。なにしろ「株式会社」がまだ浸透していない時代である。今でこそ、1万人、2万人といった社員を抱える、名だたる大企業も、生まれしときは難産であった。

「資本主義の父」と呼ばれる渋沢だが、多くの会社の誕生に立ち会った産婆役を果たしたともいえるだろう。そのなかから、今回は大手2社の誕生秘話をお届けする。

 渋沢栄一といえば、日本初の銀行設立など、成功例が語られがちだが、うまくいった例ばかりではない。渋沢は幕末、一橋家の家臣としてパリに随行。道中のエジプトやパリで初めて鉄道に乗車し、その便利さに衝撃を受けた。そんな経験から、渋沢は鉄道事業にも多く携わることになるが、最初の鉄道経営は実現に至らなかった。

 その代わりに渋沢は、出資者の華族から「ほかに何か有望な新事業はないか」と相談されることになる。そこで渋沢が勧めたのが、海上保険だ。

理解されなかった「海上保険」の事業

 幕末から明治においては「荷為替」という決済システムがとられており、米が為替の役割を果たしていた。そのため、米を積んだ船が事故に遭えば、仲介業者や金融業者は大きな損害をこうむることになる。

 安心して取引するためには、保険制度が必要であり、事業を興せば必ずニーズがあると渋沢は考えた。だが、華族たちはどうもピンとこなかったようだ。渋沢は、こんな疑問をぶつけられることになる。

「『危険なことはするな』と一方でいっておきながら、『その危険を保険する保険会社を作れ」というのは、これくらい矛盾した話はないじゃないか」

 こういわれてしまうと、なかなか保険事業の説明というのは難しいものである。何も華族たちの理解力が乏しいわけではない。教育者の福沢諭吉も、渋沢から熱弁されたが「結局、渋沢は利己主義から主張するのである」と取り合わなかった。

 渋沢とともに海上保険会社を立ち上げることになる岩崎弥太郎ですら、当初は懐疑的だったらしい。こんなふうに言われたと、渋沢はのちに回想している。

「どうも保険事業をはじめてみたところで、資本を出す人もなかろうし、また保険を荷物につける人も十分にあるか疑う。自分の考えでは時期尚早である」

第一次大戦で保険ニーズが高まった

 華族たちからしても、よくわからない事業に出資するわけにはいかないから、どうしても慎重になる。それでも必ず成功する自信があった渋沢は、「多くの人が保険に入りたい」と思ってもらえれば成り立つ事業であることを、こんな言い回しで説明した。

「多数が被保険者になるかならないかが問題である。もしそれが少ないと、危険がないとはいえない。それゆえ力ある人でなければ、ここに資金を出すわけにはいかない。保険業は危険がないわけにはいかないが、新しい事業であるから将来大いに有望である」

 丁寧な説明を重ねながら、最もリスクの少ないプランを渋沢は提示。納得した華族たちからの出資を得ることに成功した。

 1879(明治12)年に資本金60万円をもって東京海上保険社を設立。株主には岩崎弥太郎をはじめ、三菱関係者や華族団が加わったほか、安田善次郎や大倉喜八郎などの財界人も名を連ねた。香港や上海、そして、ロンドン、パリ、ニューヨークと支店を作って順調に業績を伸ばしていく。

 第一次世界大戦が起きると、海上保険に対する需要はさらに高まることになった。1918(大正7)年には、東京海上火災保険と社名を変更して、現在に至っている。

 ちなみに、渋沢の保険事業にポジティブな反応をした貴重な一人が、大隈重信である。実現にいたっては、大隈のバックアップも心強かったことだろう。

学問の発達も支えると考えた製紙事業

「海上保険」のニーズを見事に察知した渋沢だが、目をつけた有望な事業は、ほかにもまだまだあった。そのうちの一つが、製紙業である。

 明治の世を見渡すと、紙幣、新聞、雑誌と紙のニーズが必ず高まると渋沢は予見。また、製紙業の設立が、学問の発展には欠かせないとまで考えた。

「印刷が便利で速いということが大いに関係してくる。では印刷の価格が安く、かつ便利で速いために必要なのは何かといえば、それは紙を製造する事業が大いに関係する」

 そこで渋沢は明治5(1872)年に官営で製紙事業を行うべく、設立願書を提出。翌年の明治6(1873)年に、抄紙会社を設立した。これが、現在の王子製紙株式会社と日本製紙株式会社のルーツとなる。

 工場の場所を決めるにあたっては、渋沢自ら各地を調査。その結果、工場用水にきれいで良質な千川上水が利用できることから、王子に決定した。

鬼気迫る技術者とのやりとり

 誤算だったのは、イギリス人の機械技師とアメリカ人の製紙技師の腕が劣っていたことだ。特にアメリカ人技師の技術に問題があった。建築した工場に最新の機械を備え付けたが、まったくうまくいかない。出てくる紙の質は劣悪で、すぐに切れてしまうのだ。

 二人を雇い入れたのは渋沢である。温厚な渋沢も、いい加減な仕事には我慢ならなかった。なにしろ、この工場がうまくいかなければ、抄紙会社は倒産を迎えるばかりか、出資している第一国立銀行の経営も危なくなる。アメリカ人技師に、渋沢は詰めよった。

「あなたは、経験ある外国の紙漉き技師と聞いている。だからこそ、相当な給料で雇い入れたのだ。機械も最新のイギリス製を使っている。あなたの技術に問題があるとしか、考えられない」

 それでもなお、アメリカ技師は「職工が悪いのです、職工が私の命令を聞かないから」と言い訳するが、渋沢はごまかされない。

「職工はあなたの命令をちゃんと聞いている。原料の製造が悪いか、とか、薬品の調合がよくないかなどに原因があるのだろう」

 そういって、可能性を一つひとつ指摘。解雇も辞さない渋沢の姿勢に、アメリカ技師も腹をくくった。

「一週間待ってください。それでもうまくできないなら、解雇されても不服は言いません」

 一週間後、何とか製品として成り立つくらいの紙は出てきた。だが、まだまだ十分な品質とは言えない。

「苦心して紙を製造してはみたが、値段が安いため、採算がとれない。毎日のように損失を重ねて、株主からは叱責される。事業は一向に振るわない。将来に希望を持っていたものの、当面の経営維持にはまったく困ってしまった」

 渋沢の苦悩は続く。良質な紙が出てくるようになるまでは、1875(明治8)年の初めまで待たなければならなかったという。

「理想を実現するのが人の務め」

 現代では、保険の重要性を説くまでもなく誰もが理解しているし、紙は当たり前のようにスピーディに大量生産されている。だが、そんな常識が作られるまでには、渋沢の相当な努力があった。

 新事業がなかなか理解されなかったり、アイデアに技術が追い付かなかったりするのは、何も明治時代に限らないだろう。今、未曾有のコロナ禍のなか、現状を打破すべく多くの起業家たちが奮闘しているに違いない。そのなかには、何年か先には大事業に成長するものもあるはずだ。

 壁にぶちあたっても、仲間と知恵を絞りながら、乗り越えていってほしい。大切なのは理想を持ち、それを実現させることである。渋沢の名言で本稿を締めたい。

「およそ目的には、理想が伴わねばならない。その理想を実現するのが、人の務めである」

【参考文献】
(1)渋沢栄一、守屋淳『現代語訳 論語と算盤』(ちくま新書)
(2)渋沢栄一『青淵論叢 道徳経済合一説』(講談社学術文庫)
(3)幸田露伴『渋沢栄一伝』(岩波文庫)
(4)木村昌人『渋沢栄一 日本のインフラを創った民間経済の巨人』(ちくま新書)
(5)橘木俊詔『渋沢栄一』(平凡社新書)
(6)鹿島茂『渋沢栄一(上・下)』(文春文庫)
(7)渋澤健『渋沢栄一 100の訓言』(日経ビジネス人文庫)
(8)岩井善弘、齊藤聡『先人たちに学ぶマネジメント』(ミネルヴァ書房)

【プロフィール】
真山知幸(まやま・ともゆき)/著述家、偉人研究家。1979年兵庫県生まれ。業界誌出版社の編集長を経て、2020年に独立。偉人や歴史、名言などをテーマに執筆活動を行う。『ざんねんな偉人伝』『君の歳にあの偉人は何を語ったか』『企業として見た戦国大名』『ざんねんな三国志』ほか著書多数。

関連記事(外部サイト)

×