菅首相の盟友・ぐるなび滝会長「文化功労者」選出にもあの長男の影

菅首相の盟友・ぐるなび滝会長「文化功労者」選出にもあの長男の影

接待騒動とは別の根深い問題が…(時事通信フォト)

 国会を揺るがす菅首相の長男による官僚接待問題では、霞が関からこんな声が上がる。「首相は人事で官僚を支配する。長男に誘われたら、断われないだろう」──それによって、首相に近しい人物が国を動かす力を持ち得てしまう。

 菅首相を取り巻く「ネポティズム(縁故主義)」の根深さ──文化人にとって文化勲章に次ぐ栄誉とされる「文化功労者」の選出をめぐり、さらなる問題が発覚した。ノンフィクション作家で『菅義偉の正体』著者の森功氏がレポートする(文中敬称略)。

 * * *

選出理由は「ペア碁」

〈ペア碁創案者の滝久雄 日本ペア碁協会名誉会長がこのたび、長年にわたりペア碁の普及、パブリックアートの普及(中略)など文化・芸術活動に多大な貢献を果たしたとして、2020年度(令和2年度)の文化功労者に選ばれました〉

 昨年10月27日付の日本ペア碁協会サイトには、本人が満面の笑みを浮かべてそう記している。毎年11月3日の文化の日を前に、文化勲章の受章者と文化功労者が選ばれる。その栄誉に輝いたのだから喜ぶのはさもありなんだ。が、永田町や霞が関ではそこに首を傾げる向きも少なくない。

 大手グルメサイト「ぐるなび」会長の滝は公益財団法人・日本ペア碁協会の名誉会長として普及に貢献したという。その選考への疑問もさることながら、政官界で疑問視される理由は別にある。首相の菅義偉、そしていままさに官僚接待問題の主役となっている菅の長男・正剛との距離感だ。

「Go Toイート」の受託事業者であるぐるなび会長と首相とは、菅が横浜市会議員だった頃からの付き合いで、滝の関連企業が菅側に献金もしてきた。滝が主催する囲碁大会をテレビ放映してきた東北新社の「囲碁・将棋チャンネル」は、正剛が取締役となっている。

「ペア碁大会ではイベント協賛企業から年間ざっと3億5000万円のスポンサー料が集まり、東北新社が番組を流してビジネスにしてきた。滝さんは東北新社や菅さんの息子にそれだけ気を遣ってきた。切っても切れない関係でしょうね」

 ある囲碁関係者はそう打ち明ける。男女のカップルが交互に石を置いて対局するペア碁の発案者である滝は、それだけでなく「ぐるなび杯」などの冠スポンサーとして囲碁イベントを主催。ペア碁の大会の表彰式に官房長官時代の菅が駆け付けていたのは週刊ポストの前号で報じた通りだ。

 ぐるなびの滝は政界で昇りつめる菅と歩みを同じくし、事業を拡大してきた。囲碁に力を入れたのは、囲碁好きで知られるJR東日本の2代目社長、松田昌士に取り入るためだったとも言われるが、菅も松田らJR関係者を有力な支援者としてきた。滝はいまや囲碁の総本山である日本棋院に絶大な力を及ぼす斯界の大立者となっている。

 そんな滝が、菅の首相就任すぐに文化功労者に選ばれたのだから、評判にならないわけがない。政官界では菅の政治力による選定と囁かれてきた。

「委員を差し替えろ」と言われた

 1951年に始まり、70年の歴史を誇る文化功労者は、文化功労者年金法第2条に基づいて文部科学大臣が決定する。いったん文化功労者になれば、350万円の年金が生涯支給される。税金で賄うその年金予算は年間8億円に上る。学術や芸術分野の功績著しい者に与えられる特権だ。

 通例では、音楽や美術、文学や芸能に携わってきた第一人者たちが紫綬褒章を受け、そこから文化功労者に選出される。そして功労者は文化勲章受章の有資格者となり、数年後にはそこに到達する。

 文字通り文化人の栄誉だけに、本来選考は政治色を排除する形になっている。問題になった学術会議のそれとよく似ており、第三者機関の文化審議会文化功労者選考分科会の審議によって決まる。

 分科会は文科省と文化庁が選んだ学術と芸術の12人の有識者で構成され、9月の初旬に分科会が発足。任期は1年限りで、事実上、11月の文化の日まで、2回の審議が任務となる。委員は大学教授や作曲家、作家など広範囲にわたり、分科会の審議は一切非公開とされる。文化功労者決定後も、審議内容は明かされない。

 もっとも有識者の推薦だから、政治力が働かないか、といえば、必ずしもそうとは限らない。それが、分科会の委員の選任に政治が介入するパターンだ。

 委員の選任は閣議決定事項のため、顔ぶれを官邸に報告しなければならない。そこに政治力が働く余地がある。元文科事務次官の前川喜平は、その場面に遭遇したという。

「私がかかわった実体験は次官だった2016年です。馳浩文科大臣の了解をもらい、杉田和博官房副長官に分科会委員のリストを提出しました。そこで杉田さんは官房長官の菅さんと相談したのでしょう。リスト中の2人を差し替えろという。ダメ出しをされた1人は安全保障関連法案に反対する学者の会のメンバー。もう1人は文化人だったが、雑誌に政権批判を書いていたという理由でした。すでに大臣のOKをとっているのに、好ましからざる人物だから外せと言われたわけです」

 これも官邸人事の典型といえる。意中の人物を分科会委員に据えれば、文化功労者の人選を操ることができるわけだ。前川が言葉を加えた。

「この類の政治介入は毎年ありました。誰かを文化功労者から外せというより、特定の人にあげてほしいという政治の世界からの圧力です。そのため担当部局では、候補者のマル政(政治案件)リストを作っていました。さらに分科会の委員にも文科省や文化庁のOBが1人入り、調整役を果たしてきたのです」

 分科会の委員候補者は例年8月の後半、唐突に文科省から電話で就任を打診される。了承すると、文科省職員が説明に訪れ、参考資料が送られてくる流れになっている。

「メンバーによってそれぞれでしょうが、私の場合は文科省の人から“今回はこういう方針なので、〇×さんの推薦人になってもらいたい”という感じでしたね」

 委員の一人はそう打ち明けてくれた。分科会の委員たちは文科省から届いた文化貢献者に贈られる紫綬褒章の受章者リストを参考にしながら、推薦するパターンが多いという。推薦枠は委員1人あたり2名となっている。が、誰が誰を推薦したのかも非公開だ。

 菅政権の発足間もない昨秋の文化功労者選出は、究極の政治介入なのかもしれない。

「どなたが滝さんを推薦されたのか覚えてないけれど、強く推薦される方がいらっしゃいました。今回は文科省の人が、芸術家だけじゃなくもっとすそ野を広げ、ITやいろんな人を文化功労者に選んでほしいと言っていましたからね。たしか滝さんはパブリックアートという新しい文化を作った方だけれど、私も別におかしいとは思いませんでしたしね」

 分科会委員を務めた作家の林真理子がそう振り返った。別の委員に聞くと、こう言う。

「昨年の分科会委員長は一橋大学の蓼沼(宏一大学院教授)さんで、副委員長が東京藝術大学学長の澤(和樹)さんでした。委員はそれぞれに専門があり、12人の委員が2名ずつ推薦して全体で24名がリストアップされ、そのうち4名が落ち、最終的に20名に落ち着きます。それぞれの委員は他の分野は門外漢ですから、会議が紛糾することもありませんでした」

 分科会副委員長の澤は、滝が選出された芸術分野をとりまとめる小委員会委員長でもあった。ぐるなび関係者によれば、滝の推薦人は澤だったという。

 滝の文化功労者選出にいたるまでには、いくつかの布石が打たれ、政権の思惑が見え隠れする。初手が法改正である。

「政治的な意図があったと思う」

 第二次安倍晋三政権下の2017年6月23日、改正文化芸術振興基本法の施行により、文化功労者の選定方針が大きく変わった。従来、文化芸術そのものの振興の功労者に限られていた選考対象が、観光など関連分野の活動に広がった。ここで選考対象者に企業経営者が加わるようになったのである。元文科事務次官の前川はそこにいたく違和感を覚えている。

「2018年が文化功労者に経済人が選ばれた最初でした。この年に資生堂の福原(義春名誉会長)さんやキッコーマンの茂木(友三郎名誉会長)さんが選ばれた。これまでの文化功労者と全然違うタイプの人たちですから、そこには政治的な意図があったと思います」

 2018年の分科会委員には、資生堂社長の魚谷雅彦が就任。自社の創業家を選出していることになる。

「福原さんは企業メセナ(芸術文化振興による社会創造)の中心的な経営者ですからね。だから少しはわかるとしても、昨年は滝さんでしょ。ペア碁が日本国民に普及しているでしょうか」(同前)

 前川の疑問は、ぐるなびの滝は文化功労者として適任かどうか、そこに尽きるのだろう。滝は2018年に東京藝大や東工大など3校に50億円もの私財を寄付している。東京藝大は〈(国際交流拠点建設)資金として、株式会社ぐるなび会長・CEO滝久雄氏から多額のご寄附をいただいております〉(HPより)と感謝の念を表明している。

 滝はそれらの寄付のおかげで紺綬褒章も受けている。ちなみに紺綬褒章は社会貢献のために500万円を寄付すれば原則受章できるとされる。

「まるで寄付の見返りが文化功労者の推薦と受け取られかねない。余計にまずいのではないでしょうか」(同前)

 東京藝大学長の澤に聞くと、「文化功労者の選出に関することについては、非公開事項であることからお答えできません。文部科学省の厳正な手続きのもと選出されたと認識しております」(大学総務課)との回答だった。

36年前の贈賄事件

 滝の文化功労者選出に関する疑問は、これだけにとどまらない。旧国鉄駅の看板広告事業からスタートした滝は、鉄道会社との縁が深い。国鉄が民営化される2年ほど前の1985年11月6日、広告代理店NKBの経営者時代の滝は贈賄容疑で警視庁に逮捕されたことがある。

「民営化を前にした国鉄では、経営のスリム化にあたり取引先の広告業者の整理をしていました。そこで取引の打ち切りを心配したNKBが国鉄幹部に接待攻勢をかけ、生き残ろうとしたんです」

 事情を知るJR関係者はそう明かした。事実、滝逮捕の警視庁発表は次のように報じられていた。

〈国鉄駅構内の広告看板の設置に絡んで国鉄東京北鉄道管理局事業部長が広告代理店からワイロを受け取っていたことがわかり、警視庁捜査二課は六日夜、この事業部長を収賄容疑で、広告代理店の経営者ら三人を贈賄容疑で逮捕した〉(1985年11月7日付、日経新聞朝刊)

 この広告代理店の経営者が、NKBの社長だった滝である。関係者によれば滝自身は略式起訴されたという。菅長男の総務官僚接待を彷彿とさせる事件だ。

 事件は文化功労者の選出の障害にならないのか。文科省人事課栄典班に尋ねると、こう答えた。

「文化功労者の選考にあたっては、刑事罰はもちろんすべて調べます。交通事故や違反も含め、どの勲章でも褒章でも、みな過去のことを確かめています。その人が事件を引き起こしていたと分かれば、すべて選考はやり直し。ただ、本人が隠していたり、警察で調べが漏れる可能性はあります」

 元次官の前川にも、その点を確かめた。

「前科どころか、役所で懲戒処分を受けているだけで、叙勲や褒章の対象から外していました。文化功労者も普通は外されるはずなので、推薦されれば文科省の中で問題になります。元官僚への叙勲もありますが、私自身、事務次官時代に懲戒処分を受けて辞めているから、対象にならないと思っています」

 滝は自身の文化功労者選出について、「ペア碁、パブリックアートなどの蓄積された実績が評価の対象となっていますので、現政権とは関係がないと理解しています」(ぐるなび総合政策室)と答えた。

 ペア碁の振興が認められて文化功労者に輝いた滝久雄とそれをバックアップしてきた首相の菅義偉。さらに「囲碁・将棋チャンネル」で大会を放送してきた長男の東北新社もまた、そこにひと役買っている。持ちつ持たれつの“共助”の三密というほかない。

【プロフィール】
森功(もり・いさお)/1961年福岡県生まれ。岡山大学文学部卒。新潮社勤務などを経て2003年よりフリーに。2018年、『悪だくみ―「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。近著に『鬼才 伝説の編集人 齋藤十一』『菅義偉の正体』。

※週刊ポスト2021年3月12日号

関連記事(外部サイト)

×