急増するフードデリバリーサービス せめて配達員の名前を表示させるべきではないか

急増するフードデリバリーサービス せめて配達員の名前を表示させるべきではないか

フードデリバリーといえばサービス名の大きなロゴ入りバッグ(イメージ、AFP=時事)

 この1年ほどで、背中より大きな断熱デリバリーバッグを背負った配達員が街を縦横無尽に走り回る様子は日常の風景となった。バッグにはそれぞれのサービス会社のロゴがプリントされたものがあり、デリバリー会社がどこなのか一目で分かることは利用者の安心感を強める一方、会社名も配達員の名前もない場合もあり、それが時にトラブルの元になることもある。また、ロゴ入りバッグのために、言いがかりでしかない災難に見舞われることもある。俳人で著作家の日野百草氏が、ロゴがプリントされたデリバリーバッグをめぐる配達員たちの実態についてレポートする。

 * * *
「どこの配達員かなんてわかりませんから、泣き寝入りしかないです」

 新宿区の幹線道路、ドアミラーをボッキリ折られたという女性のメール。パーキングメーターに駐車して、戻ってくる間に折られたとのこと。彼女はその瞬間を目撃している。

「自転車の配達員でした。あの大きなバッグは間違いないと思います。でも一瞬の出来事で、それ以外はわかりません」

 メールの感じでは自転車に対して車が譲らず、当の自転車も意地を張ってすり抜けるはずがミラーに当った、というとこか。

「フードデリバリー(筆者注:あくまで彼女の憶測でしかないためフードデリバリーとした)のバッグも使わない悪質な配達員です」

 この認識には誤りがある。どのフードデリバリーも(一部例外は後述)、基本的にはその会社のバッグを推奨されてはいるが使わなくていいし、会社名の表示義務もない。雇用ではなく業務委託、どんなバッグを使っても明確な違反にはならない。メールの女性の指摘通り、「どこの配達員かなんてわからない」のだ。自転車にはナンバーもないから、姿かたち以外では何をされたってどこの配達員かなんて判断つかない。

「警察には届けたんですけど、進捗ないです」

 人身ならともかく、この程度の物損、当て逃げだと大抵の警察は頼りない。これはデリバリーに限った話ではないが、当て逃げ得の当てられ損だ。

ロゴなしバッグが配達員評価を左右する?

「勘違いする店とかありますよ、バッグ使ってないってね」

 デリバリーの指名待ちで店の近くに集まっている配達員たち、通称・お地蔵様たちに今回も話を聞いてみる。まずフードデリバリーアプリ最大手、ウ―バーイーツ(Uber Eats)の配達員(正式には配達パートナー)。

「ノーバッグバッドってやつなんですけど、店の評価だとバッグがないとか、ちゃんとしたバッグじゃないとかウーバーに判断されちゃうんですよ。でも店は知らないから、ウバッグじゃなかったってバッド評価つけるんです」

 ウーバーのバッグはあくまで「推奨」であって強制ではない。しかし店は知らずにウーバーのバッグじゃなかったとバッド評価をつけるのだという。そもそもウーバーのバッグ、俗称ウバッグには公式仕様でロゴのないものがある。通称「3代目」というやつで(現在は4代目)、まだコロナ前、ウーバージャパンがパートナーセンターでバッグを支給(正確にはデポジット)してくれた2019年代のモデルだ。もちろん現在もアマゾンで手に入るし、容量が大きく愛用者も多い。

「しゃくれ(「3代目」の別称らしい)でバッドつけられるとか勘弁してほしいです。バッグは何使ってもいいってちゃんと書いてくださいね」

 と、お地蔵様からお願いされたので書いたが、しゃくれでなくとも食料品を運ぶに適したバッグなら何でもいい。しかし一般の人からすれば、それではどこの配達員かはわからないのは事実だろう。かといって、ウバッグを持っているからといってウーバーの配達員かどうかもわからない。なぜならウーバージャパンそのものは、とくにそのバッグでなにをしようが関知しない。たとえ他社の仕事を請け負っていたとしても。

「私はウォルトとウーバーの掛け持ちですが、使ってますよ。禁止されてませんから」

 別の配達員。ガンガン稼ぐ系の人はこういった複数サービスの掛け持ちが多い。ウォルト(Wolt)はフィンランドのフードデリバリーアプリ、まだ馴染みがないが、水色のバッグを福岡や広島あたりだと見かけるかもしれない。もちろん東京にも進出していて、新宿区でも昨年末くらいに見かけるようになった。

「禁止されてませんからね、ウバッグでウォルトの配達はダメだけど、ウォルトのバッグでウ―バーの配達はOKなんです」

 なるほど、ウォルトはウォルトのバッグでなければダメだが、ウーバーイーツ側は問題ないので両方の仕事を請けられるということか。ますますどこの誰だかわからなくなる。しかし配達員の言葉だけで決めつけるわけにもいかない。

 そこで主要フードデリバリーサービスにメール取材を試み、自社バッグを使うことは義務か、他社の配達で自社バッグを使用しても問題ないか、今後、郵便や宅配便のように配達員の名前をネームプレートなりバッグなりに表示を義務づける予定はあるか、の3点を聞いてみた。すでに筆者がこれまでの記事で取材済みのウーバーイーツ(Uber Japan・アメリカ発祥)に関しては、ウバッグは推奨であり強制はなし、自社バッグで他社配達もOKと分かっているので外している。メニュー(menu・日本企業、レアゾン・ホールディングス)もウーバーと同様、自社バッグは推奨でしかないので除外した。※以下、カッコ内の回答はすべて原文ママ。

 まず先にも出たウォルト(Wolt Japan・フィンランド発祥)。「契約上、Woltが貸与する専用バッグにて稼働いただく必要があります。厳密には、商品の品質管理の理由でWoltのバッグもしくはWoltが許可をしたバッグを利用していたく必要がございます。また他社ロゴが入ったバッグでの稼働は禁止されております。上記についてはサービス開始時より変更はありません」とこの業界には珍しく自社配達には自社バッグ、と厳命しているが、自社バッグで他社の配達をすることに関しては「WoltバッグはあくまでWoltでの配達のために弊社から貸与を行っております。しかし目的外での利用について規約内で禁止されている事項はございません」とのことで自社バッグを何に使おうと問題はない。

 次にディディ(DiDiフードジャパン・中国発祥)。「原則DiDi支給のバッグを使用していただきます」とのことだが、自社バッグ使用による他社配達に関しては「違反として取り扱うことはないが、規定のバッグ以外で業務をすることでユーザーからのクレームが多い場合アカウント停止になる可能性があるので、支給のバッグを使用していただくようお願いをしています」とのことで、あくまで「お願い」にとどまっている。

 フードパンダ(foodpanda・シンガポール発祥、ドイツ企業傘下)。「ご登録時にfoodpandaオリジナルのデリバリーバッグをお渡ししております。なるべくご利用いただけるようお伝えはいたしておりますが、義務ではございません」とのことで、自社バッグで他社の配達も「可能です」とウーバーイーツ同様に自由、明確だった。

 最後にフードネコ(FOODNEKO・韓国発祥)。「配達員の方が気軽に配達を始められるよう、新規登録していただいた方につきましては基本的に無料でバッグを差し上げています。配達用バッグの使用を推奨しておりますが、義務化はしておりません。より多くの配達員の方に使用していただけるバッグ作成を目指し、配達員の方々の意見をうかがうセッションなどを実施しながら改善を進めています」とのことで、他社の配達に関しても「推奨はしておりませんが他社のバッグを使用することは可能です」とこちらも明確だった。ちなみにフードパンダとフードネコのバッグは買い切りやデポジットではなく無料で貰える。

 デリバリーバッグや名札などで配達員の名前を表示することに関しては全社、「予定はございません」もしくは「現在検討」であった。

 以上の回答から現状、その会社のバッグを使っているからその配達をしているか公道上ではわからない、ということになる。実際問題として掛け持ちも多いため、いちいち各社のバッグを持つわけにもいかないし、そもそも配達員は業務委託、仲介アプリでしかない各社とも指示を出すわけにもいかないという事情もある。せいぜい規約に書くのが精一杯だろう。それにしても国際色豊か、日本企業のメニュー以外、すべて外資系である。

ウバッグだと煽られたりするから名無し。自己防衛ですよ

「タダでもあのバッグは使わないなあ、名無しで十分だよ」

 別件の取材でさいたま市へ。寒空の中、自転車を押す年配男性に話を聞くと、フードパンダの配達員(正式には配達ライダー)を今年になって始めたという。フードパンダ(Foodpanda)はシンガポール発祥のドイツ系フードデリバリーアプリ。ピンクのバッグがとにかく目立つ。パンダのマークもかわいい。あとバッグがでかい。昨年、大宮で初めて見かけた時はそのインパクトに驚いた(現状、2021年2月の段階で東京には未進出)。

「ピンクにパンダ、おっさんには恥ずかしいよ。名無しで十分」

 名無しというのはロゴなしという意味だろう。フードパンダもまた、先の取材の通り、自社のバッグを推奨しているだけで強制はしていない。

「最初は時給くれるからここにしたんだ。ちょっとした研修も受けたよ」

 フードパンダは登録後に簡単な研修があり、時給補償もある(地域によってはすでに終了)。高齢者には入りやすいのかもしれない。しかしここでも、彼がフードパンダの配達員かどうか、見かけだけではわからないということになる。

 こうしたフリーダムな各国のフードデリバリーアプリに押されているのが旧来型の出前館だ。基本、直接雇用を守ってきたが、2020年8月期の連結決算で営業利益26億2300万円の赤字、9〜11月期連結決算でも営業利益31億円の赤字、最終損益が35億円の赤字という結果となった。現在では他社同様、完全歩合制の業務委託として「出前館配達パートナー」を募集している。じつは出前館、昨年から韓国のネイバーとその子会社LINEの傘下になったので、それまでの直接雇用の経営方針から大きく転換を図っている。

 つまるところ、一般の人にはどこの配達員だかまったくわからない状態だ。ある時はウーバー、ある時はメニュー、またある時はパンダ、ネコ、しかしてその実態は ―― なんだかかっこいい感じもするが、これまでの郵便や宅急便の責任を明確にした車両の表示に慣れた日本人からすれば違和感を抱くのも無理はない。とくに自転車の配達員はバイクのようにナンバープレートもない。ロゴすらないバッグだと「ウバッグっぽいバッグを背負った配達員のような何か」状態である。冒頭の女性もそれでわからなかったのかもしれない。

「ウバッグだと煽られたり嫌な目に遭うかもしれないから、自己防衛ですよ」

 池袋の配達員はそう言っていたが、確かに街中では会社名を伏せたほうが、人によってはいろいろ都合がいいのだろう。自己防衛という気持ちもわかるが、それはいわゆる「白ナン営業」の温床にもなっている。「白ナン」とは自動車や125cc超のバイクで営業許可も取らずに商業輸送を請け負う行為を指す隠語だが、街中でそんな輩を見かけたとしても配達員かどうかはわからない。配達しているかもわからない。たとえウバッグを使っていたとしても、ウバッグ大好きな人かもしれないし、パンダやネコのマークがかわいいと私用で使っているのかもしれない。配達員が配達員をしていない時間かもしれない。各社通報窓口はあるが、機能していないと心ある配達員からの不満が聞かれるのはそんな不明瞭さにもある。

 あくまで配達員は「個人事業主」であり、フードデリバリーアプリ各社ともあくまで仲介役の「アプリ」である。ゆえに雇用関係はなく、強制はできない ―― このフードデリバリーにおける新たな産業形態はあっという間に広まった。その分ひずみも大きく、雇用の問題、道交法の問題が山積みだ。しかし、ローソンがすでに試験的ながら医薬品(風邪薬や胃腸薬など第2類・第3類の一部)の配達をウーバーイーツに委ねるなど、この流れは止まらない。むしろコロナ禍の長期化でさらに加速するだろう。共存していくしかない。

「安心して仕事したいだけですよ。食ってかなきゃいけませんから」

 子どもを抱えたお父さん配達員の話、彼の話によればちょっとした事故なら逃げる配達員もいるという。冒頭のドアミラーを破壊した配達員もそうなのだろう。痛かったろうに、配達中だから事故処理に時間を取られたくなかったのか、弁償したくなかったのか――(配達員の補償制度は各社異なるが、原則は個人事業主であり、自己責任である)。それでも犯罪であり迷惑行為。それは先の「煽られたり嫌な目に遭う」という報いにつながる。その報いに多くの配達員が巻き込まれる。

 あくまでアプリの提供者であり、個人事業主に対しての強制はできないという建前はわかるが、せめて各フードデリバリーはバッグや名札による配達員の名前表記だけでも規定してはどうか。掛け持ち云々という話で会社表記の厳密化が難しいなら、配達員の名前だったら問題ないはずだ。多くの旧来型の運送会社で働く配達員や車両はそうしている。日本社会に本当の意味で受け入れられることを望むなら、グローバリズムを盾にするのではなく、日本社会に合わせる柔軟性も必要ではないか。これまでも書いてきたが、ここは日本である。

 街中で、配達員がどこの誰だかわからない。これはとても恐ろしい話だと思うのだが。

●ひの・ひゃくそう/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。2018年、評論「『砲車』は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞を受賞。『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)寄草。著書『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)など。

関連記事(外部サイト)

×