二・二六事件で交錯した2人??渡辺錠太郎と安田優の物語

二・二六事件で交錯した2人??渡辺錠太郎と安田優の物語

事件で殺害された渡辺錠太郎・陸軍教育総監の末娘・和子さん(故人)と、安田優・陸軍少尉の弟・善三郎さん(左は時事通信フォト)

 数日前までの陽気が嘘のように、朝から厳しい冷え込みに見舞われた2月26日??。東京・麻布にある古刹・賢崇寺では、今年も「二・二六事件」関係者の法要が執り行なわれた。

 青年将校らの遺族会である仏心(ぶっしん)会が主催するこの法要は、事件後に刑死または自決した将校たちだけでなく、彼らによって殺害された被害者を含むすべての事件関係者の冥福を祈る法事として、毎年20〜30人前後が参加して行なわれている。

 事件からちょうど85周年となる今年はしかし、新型コロナ禍の影響が懸念された。実際、遺族の多くが高齢となっており、万が一感染すれば重症化の危険もある。それでも、「86回忌」はコロナ対策を施しつつ極力人数を制限して行なうことになった。仏心会の前代表理事で、安田優(ゆたか)少尉の遺族である弟・善三郎さん(95歳)が語る。

「私らも新型コロナは怖いですから、ふだんはずっと家の中でおとなしくしています。でも、第3波も収まりつつあるようですので、今度の法要は首都圏在住の遺族などに限り、十分な感染対策をした上でやりましょう、ということになりました」(善三郎さん)

 ところが、そう語っていた善三郎さん自身が、直前になって体調を崩して欠席となった。半世紀以上にわたって、毎年2月と7月(青年将校の命日)の法要に出ていた善三郎さんが参加を見送ったのは、これが初めてのことだという。結局、今年の法要の参加者は、香田清貞大尉の甥で仏心会代表理事を務める忠維(ただつな)さんや、今泉義道少尉の次男で同会監事をしている章利さんなど、6人だった。

「渡辺邸襲撃」の指示は決行わずか半日前

 今から35年前、事件から50年目の節目となる1986(昭和61)年に、この賢崇寺での法要に被害者側の遺族として初めて参列したのが、渡辺錠太郎(じょうたろう)教育総監の次女・和子さん(2016年逝去)だった。

 ノートルダム清心学園の理事長などを歴任したシスター・渡辺和子さんは、『置かれた場所で咲きなさい』をはじめ数多くのベストセラーで知られているが、9歳の時に事件に遭遇し、目の前で父親が多数の兵士に殺害されるという凄絶な経験をしている。和子さんが、著書の中でたびたび二・二六事件について触れているのは、その経験の苛酷さゆえだろう。

 二・二六事件では、岡田啓介総理大臣、斎藤実(まこと)内大臣、高橋是清(これきよ)大蔵大臣、鈴木貫太郎侍従長ら、当時政権中枢を担っていた人物が次々に襲撃されたが、それら政府要人とは別に、現役の軍人としてただ一人標的とされたのが、渡辺大将だった。

 事件から85年目にして初めて出された評伝『渡辺錠太郎伝』の著者・岩井秀一郎氏は、蹶起(けっき)部隊に狙われた要人の中でも、とくに渡辺大将が標的とされたことに注目している。

「岡田、斎藤、鈴木の三人は海軍大将で、陸軍出身は渡辺錠太郎だけでした。蹶起したのは陸軍の一部ですから、彼らは自分たちの所属する組織の上層部の人間を殺害したことになります。また、高橋と斎藤は首相経験者、岡田は現役首相、そして鈴木は後年大東亜(太平洋)戦争期間中最後の首相としてポツダム宣言を受諾することになる人物です。それに対して大将は、首相経験も大臣経験もない純粋な陸軍軍人でした。渡辺大将だけは自分の部下たちから標的にされたという点が、他の被害者と大きく違います」(岩井氏)

 それだけではない。渡辺大将襲撃については疑問点が多い。

 渡辺大将を襲撃した30人の下士官兵を指揮したのは、前述した安田優少尉と高橋太郎少尉の二人だった。だが、二人はまず坂井直(なおし)中尉の下で150人の兵士とともに赤坂の斎藤内府邸を襲撃する任務を課された。その後に渡辺総監襲撃を提案された安田少尉は、「(夜が明ける前に2か所を襲撃するのは)時間的にいっても実行不可能」と答えていたという。

 その安田少尉が、いよいよ自分たちが渡辺大将を襲撃すると知ったのは、事件のわずか2日前だった。さらに、決行日が2月26日未明に決まったと聞かされたのは、半日ほど前の25日夕方である。とても「周到に準備された計画」とは言いがたい。

“殺した側”と“殺された側”をつなぐもの

 さらに疑問なのは、襲撃場所が都心から離れた杉並区荻窪の渡辺邸であったことである。

 蹶起部隊がクーデターを成し遂げるには、政府要人の身柄を押さえ、さらに天皇の支持を取り付ける必要があっただろう。先ごろ亡くなった作家の半藤一利氏が「宮城(皇居)占拠計画」について詳しく論じていたように、総勢1500人近い蹶起部隊のうち、皇居を占拠すべくまず桜田門にある警視庁制圧に動員されたのは400人の兵士たちだった。永田町の岡田首相殺害・官邸占拠に投じられた兵力は300人。そういう中で、安田・高橋両少尉は荻窪まで軍用トラックに乗り込み、30人の部隊で渡辺総監殺害を命じられたのだった。

 渡辺襲撃だけが異彩を放つのは、それが陸軍内部の権力抗争や派閥争いと絡んでいるからだろう。

 そもそも、蹶起部隊の青年将校たちも一枚岩ではなかったという説もある。中でも、渡辺邸を襲撃した安田・高橋両少尉らは、天皇陛下の「大権私議」に関わるような国家改造や政治改革までは意図していなかったとされる(筒井清忠・帝京大学教授の著書による)。そんな彼らだからこそ、荻窪の渡辺邸襲撃を任された可能性もある。

 前出の『渡辺錠太郎伝』によれば、渡辺大将は青年将校らから「不逞」な天皇機関説を支持していると批判され、「天皇機関説の軍部に於ける本尊」(磯部の手記より)とまで見られていた。その理屈で言えば、渡辺邸を襲撃することは天皇陛下を守るための行動の一環であり、安田・高橋両少尉が否定していた国家改造や政治改革とは異なることになる。

 だが、対する渡辺大将もまた、天皇中心の国体を維持しようと努めていた一人だった。もともと派閥争いとも無縁で、私心のない人物との評価も得ていた。「君側(くんそく)の奸」どころか、軍紀を乱す将兵らの下剋上(げこくじょう)的な風潮を戒め、軍人が政治に関わっていくことを否定していた。

 だとすれば、“殺した側”と“殺された側”の確執とは、いったい何だったのか? なぜ両者は銃口を向け合わなければならなかったのか??。

「コロナで墓参できないのが心残り」

 渡辺和子さんは、前述した賢崇寺での法要で、加害者側の遺族から頭を下げられる。それが、父を襲撃・殺害した安田少尉と高橋少尉の弟たち??安田善三郎さんと高橋治郎さんだった。

 そして、彼らが「滂沱(ぼうだ)の涙」を流して謝罪する姿を見て、和子さんは初めて「辛い思いを抱いて五十年生きてきたのは私だけではなかった」という思いに至るのだ。それ以降、両者は親交を深めていき、交流は和子さんが亡くなるまで続いたという。

 二・二六事件がなければ、和子さんと善三郎さんは出会うことはなかった。「本心では行きたくなかった」という和子さんが、軍人の娘として意を決して賢崇寺に行かなければ、その後の両者の交流もなかっただろう。修道院に入った理由を事件と結びつけられるのを否定していた和子さんだが、日々「赦し」と向き合う修道女の生活が、加害者遺族への赦しにもつながっただろうことは想像に難くない。そこには、いくつもの偶然が重なっている。

 しかし、両者の“和解”は必然だったのではないか??二・二六の歴史を知れば知るほど、そう思えてくる。

 善三郎さんは、和子さんから渡辺大将の墓所が多磨霊園にあると教わって以来、30年以上の長きにわたって墓参を続けてきた。葉山の自宅からだと、JRと西武線を乗り継いで片道2時間半以上かかる行程だが、錠太郎大将とすず夫人の命日に合わせて、年に2回ほど訪ねているという。

 だが今は、新型コロナ禍の影響もあって、それもままならなくなっている。

「去年から渡辺大将のお墓にお参りできていません。それが心残りですが、もう少し暖かくなってコロナが落ち着いてきたら、また行ってこようと思っているんです」(善三郎さん)

 二・二六事件から85年??。今なお贖罪は続いている。

*参考文献/渡辺和子・保阪正康(聞き手)「2・26事件 娘の八十年」(『文藝春秋』2016年3月号)、筒井清忠『敗者の日本史19 二・二六事件と青年将校』(吉川弘文館)、岩井秀一郎『渡辺錠太郎伝 二・二六事件で暗殺された「学者将軍」の非戦思想』(小学館)

関連記事(外部サイト)