受難のアスリート政治家 「乱闘で“最前線に行け”と言われた」と江本孟紀氏

受難のアスリート政治家 「乱闘で“最前線に行け”と言われた」と江本孟紀氏

参議院議員を務めた江本孟紀氏(左)が当時を振り返る(時事通信フォト)

「五輪の顔にふさわしい」といった期待の声に交じる「ただのお飾りだろう」という冷めた目線……橋本聖子・参院議員の五輪組織委会長就任への賛否の声は、「アスリート政治家」そのものへの評価とも重なる。彼女はその受難の歴史に、ピリオドを打てるのか。

 橋本氏をはじめ、プロレスの馳浩・元文科大臣、スピードスケートの堀井学・衆院議員、プロ野球の石井浩郎・参院議員など、自民党を中心に政界には多彩なアスリート政治家がいる。

 その元祖と言われるのが、東京五輪体操団体の銅メダリスト、小野清子・元参院議員だ。1986年、衆参同日選に打って出た中曽根康弘首相の要請で参院選に出馬。選挙中は演説する中曽根氏とのツーショットがメディアの注目を集め、当選を果たした。

 以後、アスリート議員はその数を増やし、1995年には“文教・スポーツ族のドン”である森喜朗・自民党幹事長が声をかけまくった結果、橋本氏や馳氏らアスリート政治家が大挙当選。対する民主党も2010年に“ヤワラちゃん”こと谷亮子氏を参院選に担ぎ出した。

 しかし、橋本氏や馳氏らの例外を除き、彼らがアスリート時代の実績に比べて政界で活躍したとは言いがたい。

 政治アナリストの伊藤惇夫氏は、その実態についてこう語る。

「擁立する党としては、国会議員のアスリート枠は基本的にはタレント枠と同じで、集票のためです。だから、アスリート議員は参院の比例区が多い。比例区で立てると、知名度で票を集めて追加で1〜2人当選できますから。本人の資質がどうかにかかわらず、田中角栄氏がよく言っていた“人寄せパンダ”と見られているのが現実です。

 だから、国会での活躍については正直、期待されていない。小泉政権の自民党で参院議員となったプロレスラーの大仁田厚氏なんかは、やる気を出して小泉首相を批判したりしたため、かえって党は頭を痛めていました。反対に橋本氏は上から言われたことを黙々とやってきて、自民党にとっては非常に都合のいい人材だということです」

 アスリート政治家自身、その扱いが身に染みている。1992年の参院選比例区にスポーツ平和党から出馬して初当選した江本孟紀氏(73)が振り返る。

「バカバカしい話ですが、法案の採決などで乱闘になりそうになると、『最前列に行け』と言われる。猪木さんや馳さん、大仁田さんとかは行っていたが、ボクは『乱闘でピッチャーは前に出たらアカンのですわ』と断わりました(笑い)」

 官僚や政治部記者からもアスリート議員は軽く見られがちだという。

「一般に議員は特定の業界の利益代表として出てくる人が多いが、スポーツ界から出たといっても、ボクらはスポーツ界で組合を作って組織票で受かるわけじゃない。アスリート議員は支持団体がないので国会の中では重みがないのです。

 だから、ボクらがスポーツ行政の予算を増やすためサッカーくじを考え、5年かけて実現し、年間1000億円の売り上げがあっても誰も評価しない。

 そんななかで橋本さんや馳さんは当選回数を重ねて大臣にまでなったのだから大したもの。世間は女性だから橋本さんを会長にしたと思っているが、橋本さんは能力も経験もあるから起用されたとボクは思っている。そういう目でいつまでも見られるのがアスリート議員の宿命じゃないですか」(前出・江本氏)

※週刊ポスト2021年3月12日号

関連記事(外部サイト)

×