五輪組織委会長騒動 「女性にお鉢が回ってくるのは手詰まりのとき」

五輪組織委会長騒動 「女性にお鉢が回ってくるのは手詰まりのとき」

東京五輪開催予定日まであと4か月半。“オバ記者”こと野原広子が森喜朗氏の後任、橋本聖子氏について語った(時事通信フォト)

 森喜朗氏の女性蔑視発言騒動は、すったもんだの末に橋本聖子氏(56才)が東京五輪組織委員会会長の後任となったが、どことなく後味の悪い結末に多くの国民のモヤモヤは募るばかり……。体験取材などでおなじみの女性セブンの“オバ記者”こと野原広子が、森喜朗氏の失言騒動と後任の橋本聖子氏について、思いを明かす。

 * * *
「そうそう、橋本聖子と言えば、これよ。私の大ちゃんに、許せない!」

 友人からLINEで送られてくるキス写真を見るたびに、私は思わず取り乱す。東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の会長に橋本聖子氏(56才)が就任して2週間近くたつけど、高橋大輔ファンの友人たちはいまだ納得できないのか、鬱憤ばらしなのか、橋本氏の話題になるたびにこの写真を送ってくる。

 コトが起きたのは7年前で、騒動後、橋本氏は見るも気の毒なショゲっぷりでワイドショーのカメラの前で謝っているんだけどね。人の噂も七十五日──私は3年前から、アルバイト先の議員会館や国会議事堂で、何度も彼女を見かけている。けれど、その姿からチュー写真を思い浮かべたことはない。いつもこざっぱりしたパンツスーツ姿で、秘書と話しながら歩く表情にも、生真面目さがにじみ出ているの。

「こういう人が、オリンピックに夏冬7度出場、なんてとんでもないことができるんだな」と、すれ違いざまに頭を下げちゃったこともあったっけ。……でも、それは平時の話ね。森喜朗氏(83才)の女性蔑視発言から始まったゴタゴタの中で彼女の名前が出てくると、どうしたことか、見る角度が変わっちゃう。

「そもそも参議院議員になったのは、当時、自民党幹事長だった森喜朗から声をかけられたからよね」と、政治好きの女友達のK子から聞かされると、「てことは、彼女もしょせんは川淵(三郎)さんと同じ“身内”? 男社会で生きていくためには、結局は長いものには巻かれるしかないってこと?」と言いたくもなるんだって。

 実際、国会の様子をこの目で見ると、“異様”としか言いようがない。何せ、本会議場にいる衆議院議員465人の大半が男性、というかおじさん、おじいさん。濃いグレーか濃紺のスーツで、目から入ってくるものが、一般社会とかけ離れて真っ黒なのよ(なぜかネクタイだけは、目の覚めるようなブルーが人気なんだけどね)。

 これがヘンだと誰もが思っていると思う。古手のおじいさん議員が真顔で「どんどん女性に活躍してほしい」と、とってつけたように言うけど、言うだけで、何かする気はサラサラない。

 で、女性にお鉢が回ってくるのは、橋本氏のように、おじいさんたちが手詰まりになったときよ。大投資をしちゃった東京五輪をやるか、やらないか、やれないか−−会長になったら、最終決断のハンコを押さざるを得ないから、どう転んでもワリの合わない責任を押し付けられることになる。“火中の栗”どころか、火の中へ飛び込めという話じゃないの。

私が橋本氏の友達なら、「会長になんかなるな、逃げろ!」と言うわよ。過去のアヤマチをほじくり返す人間もいるしね(私のように)。なのに、橋本氏は引き受けた。さすが五輪の申し子よね。

 橋本会長は「新編成の東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は、女性理事の比率を40%にする」と言う。これには大賛成! そんな図を想像しただけでうれしくなっちゃう。

 でね。橋本聖子さんに提案があるの。会長になったんだから、森前会長の色を払拭しちゃわない? ちょっとずつ、なんて言わず、思い切ってズバッと。できたら、「森さんの手法はこうだったけど、私はこうします」と発表してくれたらいいんだけど、そこまでは望みすぎかしら……。

 昔はよく「会社や組織では“ほうれんそう(報告・連絡・相談)”が大切だ」なんていわれていたけど、イマドキは「こまつな」や「きくな」なんだってね。「こまつな」は「困ったら・使える人に(仕事ができる人に)・投げる(任せる)」。「きくな」は「気にせず休む・苦しいときは言う・なるべく無理しない」。

 そうそう、これよ。しょせん、おじいさんたちが尻に帆をかけて逃げ出した大役だよ。上手にアピールしながら、気張らず、やりたいようにやればいいんだって。

 橋本さんはプライベートでも大変だと思う。9才上の夫と6人の子供がいる。これ、大変なことでね。現職国会議員で妊娠を発表したのは2人目で50年ぶりだったというけれど、考えてもみてよ。人から絶えず見られている国会議員でありながら、家に帰れば、先妻の子を交えた大家族の喧騒──そんな毎日、並の神経じゃもちませんって。
 
 でも、これって大組織の長、っていうか、ビッグマザーの素質充分ってことじゃない?
 たしかにね、チュー写真はいただけないけど、一連の騒動を見ているうちに、気がついたら私はすっかり聖子ファンになっていたの。

 そうそう、「こまつな」や「きくな」のほかに、「ちんげんさい」っていうのもあるんだってね。「沈黙する・限界まで言わない・最後までがまん」──そんなの、絶対にダメ。片意地張ったおじさんのマネをしたって、いいことなんか何もないもの。

 とてつもない大役を引き受けた橋本さんに、私は心の中でエールを送っている。橋本さんの後に続いて、女性がどんどん政界に入って、国会の本会議場の色を、一般社会並みに変えてほしいな。

【プロフィール】
「オバ記者」こと野原広子/1957年、茨城県生まれ。空中ブランコ、富士登山など、体験取材を得意とする。

※女性セブン2021年3月18日号

関連記事(外部サイト)