遺族も「処罰は望みません」 介護疲れ3人殺人、懲役18年判決の是非

遺族も「処罰は望みません」 介護疲れ3人殺人、懲役18年判決の是非

現場となった福井県敦賀市の民家

 2019年11月、福井県敦賀市の民家で殺人事件が発生した。介護をしている義父母(当時93才と95才)と夫の太喜雄さん(同70才)を殺害したとして、妻である岸本政子被告(72才)が逮捕された。

 静かな村で起こった殺人事件に、当時、地元では悲しみと同じくらい驚きの声も上がった。というのも、政子被告は「家族思いで本当にええ人」と村人の誰もが口をそろえるほど、評判の妻だったからだ。嫁姑関係も良好で、殺害された義母の志のぶさんも、日頃から周囲に「ええ嫁さんに来てもろて感謝しとる。村一番の嫁や」と、話していたという。しかし政子被告には懲役18年の判決が言い渡された。

 福井地裁で行われた裁判員裁判では、政子被告の口から事件の全貌が語られた。

「事件の直前に目が覚めた政子被告は、『こんなに苦しいなら楽になりたい』と志のぶさんが話していたのが頭に浮かんで、志のぶさんの首をタオルで絞めた。その後、『義父をひとりにするのはかわいそう』『体調の悪い夫を残していくと、娘たちに迷惑がかかると思った』と、次々と手をかけていった当時の心境を語っていました。

 また、検察側から『周囲に助けを求められなかったのか』と尋ねられると『私の性格上、できませんでした。娘に介護を任せて迷惑をかけるのは心苦しかった』と答えて、亡くなった3人に対しては、『3人は最後まで生きたかったと思う。やってはいけないことをした』と後悔をにじませました」(全国紙記者)

 公判では、義弟(太喜雄さんの弟)や、義妹(太喜雄さんの弟の妻)も証言台に立っている。

「義弟は被告について『岸本家にとって大事なかた。処罰してもらいたくない。早く帰って来てほしい』と声を震わせました。義妹も『私たちが早く気づいていたら……処罰は望みません』と語っています」(前出・全国紙記者)

 弁護側は、事件当時、被告は心神耗弱状態だったとして、執行猶予付き判決を求めた。しかし、今年1月5日、裁判所が言い渡したのは懲役18年の実刑判決だった。

「一般的に3人を殺害した事件では、無期懲役や死刑判決を言い渡されることが少なくありません。懲役18年というのは、これまでの被害者が3人の殺人事件と比較して明らかに軽い量刑です。

 河村宜信裁判長は、判決文で『献身的な介護を続け、夫の介助も果たしながら生活した被告人が対処能力を超えて負担を抱え、追い込まれた』として、被告が置かれた状況に理解を示しました。一方で、『被告は善悪の判断が非常に難しい心神耗弱だった』という弁護側の主張は受け入れられませんでした」(前出・全国紙記者)

 判決を受け、政子被告は控訴。被告の弁護を担当するよつば法律事務所の弁護士・端将一郎さんは、「政子被告自身も控訴すべきかどうか決め切れていない状況だったが、2週間の期限内に控訴しておかないと二度とできなくなるため踏み切った。今後、控訴を取り下げる可能性もある」として、こう続けた。

「今回の裁判では、被告は犯行当時責任を問える精神状態だったと判断されました。一方で、介護殺人において1人が亡くなった事案であれば、加害者が心神耗弱であれば9割に執行猶予がついており、全体で見ても半分ほどには執行猶予がついています。刑罰では、どうしても亡くなった人数に焦点が当たりますが、本件は介護対象者が3人なので、1人の介護より何倍も大変です。多大な負担を背負った人がより処罰が重くなるのは、やるせない」

 介護殺人で3人が亡くなるケースは、過去に例がない。しかし、これは政子被告に限ったことではなく、今後同様のケースが発生する可能性があると端さんは指摘する。

「高齢化が進み、老老介護が増える中で、ひとりで一手に介護を背負い、追い込まれる人が増える可能性は大いにあります。誰にとっても他人事ではないのです」

 また、日本各地に根付く古くからの風習も、介護する人を追い込む一因になっているのかもしれない。政子被告は、長男の嫁。日本の家父長制においては、長男が財産などの相続で優遇される分、親の介護も長男夫婦が担うという風潮が強い。長男の嫁が面倒を見るのが当たり前。そんな意識が、きっと政子被告自身にもあったのだろう。だからこそ、誰かに頼ることに罪悪感を覚えたのかもしれない。

「介護はプロに頼ることも大切」そう叫ばれて久しいが、実践するのはなかなか難しいのかもしれない──。

※女性セブン2021年3月18日号

関連記事(外部サイト)