美容・ファッション業界に残る「顔採用」 いつ改められるのか

美容やファッション業界に残る『顔採用』レポート 美人巡り人物評価するルッキズム

記事まとめ

  • 美容やファッション業界に残る『顔採用』について、ライターがレポートしている
  • 美容業界では、若くて綺麗な女性客が来店すると、店長が窓際に座らせるよう言うという
  • 一方、外見でなく採用を続けた店では、売上が短期間で目に見えて上がったケースも

美容・ファッション業界に残る「顔採用」 いつ改められるのか

美容・ファッション業界に残る「顔採用」 いつ改められるのか

美人かどうかで価格変動しているとSNSに書き込んだ美容師とその美容院が炎上した(イメージ)

 ネットで自虐をこめて発される常套句「ただしイケメンに限る」「かわいいから許す」「美人だから成り立つ話」は、人を容姿の美醜によって判断するルッキズムへの、少し歪んだ批判を含んでいるはずだった。ところが、これを本気で信じている人たち、なかでも仕事上の常識でノウハウだと信じている人たちが今も少なくない業界がある。ライターの森鷹久氏が、美容やファッション業界で働く女性たちが当惑しつつも続く「顔採用」についてレポートする。

 * * *
 美人なのか、そうではないかで、その人物を評価する「ルッキズム」は、現在では人物評価をするうえで判断基準にすべきではないことだとされている。しかし、美容ライターの水野陽子さん(仮名・30代)は、まだまだルッキズムは根強くはびこっていると象徴するような出来事が、つい最近、起こったのだと沈んだ面持ちで訴える。

「男性美容師が自身のSNSで、女性客の顔のレベルでサービス内容や料金を変える、というような書き込みをして、大炎上したのです。お店は原宿の一等地にあり、評判も悪くなかったのですが、この件で、本人だけでなくお店の代表まで攻撃される事態に追い込まれました」(水野さん)

 美容師は自身のSNS上で、施術の予約をするのなら顔写真を送って欲しいと前置きした上で「Sランクの美人なら全て無料、Aランクの女性なら〜」と、容姿によって、サービス内容や料金が変わると説明していた。彼がどのような意図でやったのか、もしかすると冗談のつもりだったのかもしれないが、まったく笑えないどころか、不愉快極まりない。

 そして、この書き込みを見たユーザーが、そのあまりの「おかしさ」をSNS上で指摘し、店の代表者が謝罪に追い込まれる事態となったのである。しかし……と水野さんが続ける。

「彼の書き込みは確かに糾弾されるべきです。ただ、美容業界では、そういった考え方が当たり前になっている部分はある。例えば、若くて綺麗な女性のお客さんが来店されたとき、店長に、あのお客さんは窓際ね、と全体のオペレーションの進行を無視して言われ、困惑したという女性美容師の話を聞きます。こんな美人も来ている美容室なんだと外から見えるようにすることが宣伝になるから、窓際に座らせろと勝手に判断して店長は言っているわけです。逆に若くなくて美人ではない人、またはお店の雰囲気にそぐわない人が来ても、美容室としては断る術はないですから、外から目につかない奥(の席に)に案内したりすることもあるといいます」(水野さん)

 ルッキズムは批判されるべきだという風潮の真逆をいく対応だが、こうした感覚は、外見の美しさを追求する職業に就く人の間では「当たり前」になっているようだ。見た目差別は女性に限らず男性にもある、ことさら女性への差別ではないと反論する人も出てきそうだが、こうした選別は、男性スタッフが女性客に対して行っていることが多い傾向があり、女性スタッフから美しい女性や男性に対して特別な接客をしようという提案がされることは滅多にないともいう。おそらく、見た目で差別される経験が女性は男性よりもあり、また、差別することへの罪悪感を強く感じて、特に教育をされなくても「やってはいけない」と理解している人が多いのだろう。

 だが、そうした「選別」を客の前で堂々とできるのかと聞くと、ルッキズムへの意識が敏感であろうとなかろうと、全員が「NO」というだろう。本音はどうであれ、表面には出さないのが客商売であり、何よりも顧客に対して失礼であり余地がないことだと当然理解しているからである。

 でも、仕事上は仕方がない──。

 前述の美容師によるSNS炎上騒動をネットで見たという、全国に女性向けショップを展開する都内のアパレル会社勤務・赤木敬さん(仮名・30代)が複雑な心境を吐露する。

「ショップスタッフの面接では、当然スタイルが良くてかわいい子を採用します。それだけで宣伝になり売り上げも上がるとされているからです。トークが上手いとか接客がうまいとかは、見た目じゃわかりませんから、まずは外見」(赤木さん)

 赤木さんの会社でも、ショップススタッフの採用時には、女性の顔、バストアップ、全身の写真の提出に加え、さらにスリーサイズまで報告させていた。外見がモノをいう世界にあって、それが「当然だった」。確かに、接客業に清潔感は必須だし、好感を持たれることも必要だろう。だが、実際の採用に利用されていた見た目のチェックは、美人なのか、かわいいのか、といった基準だった。見た目だけで採用か不採用かを決める、そうした価値観には根拠がなく間違っていると感じた赤木さんは、従来の制度を「廃止」するよう、上層部に訴えた。

 ちなみに、女性向けのアパレルショップを展開する赤木さんの会社だが、上層部は全員が男性。末端であるショップスタッフ、本社従業員の3分の1は女性だったが、上層部はことあるごとに「女性」にまつわるあらゆることを「商品化するよう」指導を欠かさなかったという。

「例えば、ショップスタッフは『マネキン』なわけですから、店の商品を着せて綺麗に見えないと困る。身長が低すぎたり、ふくよかすぎてはダメ。シーズンによっては髪は短い方がいいのだから、スタッフにショートカットにするよう、上から指示が出ることもあります。顔も重要ですが、男性上層部の好みで採るパターンもあるし、履歴書に添えられた写真を見て『俺はこいつがいい』なんて品定めするんです。しかし、誰もそれをおかしいとは思っていない」(赤木さん)

 とはいえ、容姿を条件にしなくなった採用には、困難も伴った。

「外見の縛りがあるから応募してこなかったような子が、平気で応募するようになってきたんです。それで上司は怒ってしまったんです。ショップスタッフは時給も安い。それでも、ショップスタッフになれるという『価値』があるから、安い給料でも外見の良い子が来る。外見の良くない子ばかりになったらモノが売れなくなる、というのが上司の理屈です」(赤木さん)

 確かに、高級ブランドショップ、ブティックに立ち、華麗に接客をして見せるのは美人ばかり、というイメージが強い。赤木さんの上司も、美容やファッションという「外見」を美しく整えられると宣伝する業界において、接客担当者が容姿で選別されるのはある程度、暗黙の了解として共有され、それでこの世界は回ってきたのだと言って説得にかかった。接客業で、見た目をまったく気にしないでよい、という条件は確かにありえないと思わず納得しそうになった赤木さんだったが、どうしても腑に落ちない点が残っていた。上司の話は彼の個人的な経験と感覚だけであり、合否の基準が店舗の売上に貢献している根拠として乏しく、それ以上の理由が見当たらない。

 上司との話し合いは平行線のままだったので、自身が関与する面接だけは、外見での選別制度を辞めた。上司が言うところの外見が良い子が店員になったほうが売上がよい、というのは明確に数字として結果があるわけではなかったし、何より差別的なだけで意味が無いと感じたからである。

 すると半年も経たないうちに、思わぬ形で吉報が飛び込んできた。

「西日本の某店舗で、外見でなく店舗の雰囲気に合うかといった性格や意欲、実績で採用を続けたところ、店の売上が短期間で目に見えて上がったんです。売り上げに貢献していたのは、私以外の責任者によって、別店舗での採用の際に『外見』が理由で落とされた子たちです。彼女たちは本当に服が好きで、この仕事がしたいから低時給でも来てくれていた。見た目の良さを取り繕うことに集中していては、こんな成果は出ない。容姿を一番の基準として採用することが、いかに馬鹿げているかと確信しました」(赤木さん)

 とはいえ、今なお業界にルッキズムを肯定する風潮は色濃く残る。これについては、もはや「仕方がないのか」とため息をつく。

「私の上司はこの売上の結果を受けて、従来の容姿で採用という基準がダメだった、とは思っていません。今回は売れたからよかった、だけなんです。セクハラやパワハラがいけないという風潮はかなり浸透していますが、彼らが当たり前だとして改めるつもりがないナチュラルな『ルッキズム』はなかなか打ち消すことができません。男性に対しては、たぶん否定するだろう基準を女性には当然として向けてくる。女性のおかげで成り立ち、現場でもたくさんの女性が活躍している我々のような業界が率先して変えてゆかないとダメなのに。でも、ファッションや美容業界において、容姿選別を仕事の一部だと考える感覚は根強い。これがおかしいという認識が共有されるには、きっと何十年もかかるはず」(赤木さん)

 以前と比較すれば、セクハラやパワハラも、そしてルッキズムについても、それが馬鹿馬鹿しく、あってはならないのだと納得している人は増えたはずだ。それでも、潜在的な意識が変化するまでは時間もかかるし、その過程で先の「客選別美容師」のごとく、ナチュラルに差別と偏見にまみれた発言での大炎上が、あと何度起きてしまうのだろうか。

関連記事(外部サイト)

×