女性の割合1%に満たない左官職人 女性の進出で男性の労働環境改善

女性の割合1%に満たない左官職人 女性の進出で男性の労働環境改善

キャリア16年の左官職人、福吉奈津子さん(写真/本人提供)

 女性の社会進出がどれだけ叫ばれても、依然日本は男社会。とりわけ圧倒的に男性が多いのが職人の世界だが、一方で女性のキャリア形成を支援している会社がある。東京都文京区にある原田左官工業所は、バブル真っただ中で人出不足だった1980年代後半以降、女性職人を積極的に採用してきた。

 現在、左官職人は全国に7万人弱いるが、女性は1%に満たないとされる。しかし原田左官で働く左官40名のうち女性は12名で、その比率は30%にもなる。原田左官社長の原田宗亮さんは、女性職人には独特の強みがあると話す。

「たとえば壁の材料にアイシャドーや口紅を混ぜて色遣いを変えたり、あえて壁に凹凸をつくって華やかにしたりするのは、女性ならではの発想だと感じます。そうしたアイディアが加わったことで、左官の仕事の幅は格段に広がりました」

 募集を始めて間もない頃は、「原田左官レディース」として、女性だけのチームで作業を担当していた。

「最初は男性ばかりの職場に女性が来ることに、男性左官の抵抗が強かったんです。『若い女性をどう扱っていいかわからない』が正直な男性の意見だったので、あえて男女を分け、女性だけで働くかたちにしました。しかし段々と慣れてくると女性が社内にいることや、一緒に働くことが男性左官としても当たり前になって、わざわざチームを分ける必要がなくなった。このため20年ほど前に『原田左官レディース』は消滅しました」(原田さん)

 きつい、汚い、危険の「3K」と称され、見習い中は道具すら持たせてもらえない建設業界において、原田左官は「4年間で一人前の職人になれる」とのキャッチフレーズを掲げて、合理的な育成システムで職人を増やす。19才で入社し、16年のキャリアを持つ左官職人の福吉奈津子さん(35才)が語る。

「とにかく手に職をつけたくて、ここに入社する前は社員がほとんど男性の小さな造園会社で働いていました。だけど『女と働くのはめんどくせえな』という雰囲気があって、居心地が悪かった。半年で辞表を出しました。ネットで女性でも手に職をつけられる建設業の会社を検索したら、当時は原田左官のほかにほとんど求人がありませんでした。

 実際に入社すると、ほかにも女性の職人がいたし、何より『女性は特別』という感じがまったくしなかった。それに個人宅は妻が決定権を持つことが多く、女性同士の方が会話のキャッチボールをしやすい。左官の仕事は速さや力も大事ですが、仕上がりのきれいさも大切で、女性だから不利だということはあまりありません」

 男女共同参画が唱えられて久しいが、森喜朗・元首相(83才)の「女性の多い理事会は時間がかかる」という趣旨の発言や、女子受験者を不利に扱った東京医大の入試の例があるように、いまもなお職場における女性差別が続く。女性を積極的に受け入れ、キャリア形成を促すこうした問題とは対極にあるような職場であっても悩みはつきない。

「やっぱり平等は難しいですよね。体力の差などで女性を優遇すれば、男性にとって不公平になると言われることがあります。ですが、『男が重い材料を2つ持っているのだから女性も2つ持つべき』というのが平等だとは思えない。だからまずは、男女がお互いの違いを知ることが大事だと思います」(原田さん)

 男女平等は難しい──原田左官はその事実から目を背けず、試行錯誤を続けている。

「女性左官が働くようになってから女性左官のための女性更衣室をつくりました。すると、『男にもほしい』という声が上がり、男性用の更衣室や休憩室をつくりました。考えてみれば男性だって清潔な部屋で人目を気にせず着替えたい人も多いし、疲れたら室内の静かなスペースで休みたい。

 その結果、3Kといわれた職場環境が改善され、左官同士のコミュニケーションが増えて社内の人間関係の風通しがよくなり、『この職場なら仕事をしたい』という若い男性の左官が増えました。また、3年前から女性専用の相談窓口も創設。女性職人が気軽に意見を言えるような雰囲気作りを心がけた結果、女性はもちろん男性にとってもより働きやすい職場になったと喜ばれています」(原田さん)

 いま、原田左官が新たに直面しているのは「女性職人として現場の仕事をどれだけ長く続けられるか」ということ。

「できるだけ長く左官として働きたいですが、一回り上の先輩も『膝が痛くなってきた』と話しているし、体力的な衰えは心配です」(福吉さん)

 実際、握力や持久力などの年齢に伴う衰えは、女性の方が早いというデータもある。ノンフィクションライターの杉浦由美子さんも「職人は、どうしても体力面で男性が有利になる」と指摘する。

「機械化されてない仕事の多い職人の世界は、女性が不利になることが多く、目指していた職業であっても諦めてしまうケースが散見される。

 実際、小学生女子の『将来の夢』トップ5に入るパティシエですが製菓学校の男女比は7対3で男性が多い。生ケーキ作りは早朝の下ごしらえから始まり、賞味期限も1日なので作り置きができず、常に仕事に追われる。これはパティシエに限ったことではなく職人と呼ばれる仕事であれば、ある程度共通する事実だと思います」

 出産という女性特有のライフイベントも仕事を続けるためのハードルとなる。

「私は石屋になるために子供を持つことを諦めました」

 そう打ち明けるのは、日本初の女性石職人の上野梓さん(39才)だ。上野さんには10年間連れ添う夫にあたるパートナーがいる。

「とても悩みましたが、持っている時間をすべて使って、全身全霊で石屋に取り組みたいという思いが強く、産むなら自分で子供に全力で向き合いたいという理想もあった。どちらも全力でというのは難しく、私の性分ではジレンマを抱えることになると考えました」

 上野さんのように子供を諦める女性がいる一方、左官職人の福吉さんは一男一女を育てながら働いている。

 環境や職の質に差があるのはもちろんだが、体力面だけでなく、出産、更年期といった体調の変化が激しいため、女性職人が長く働いてキャリアを形成するのは容易でない。実際、今回編集部が取材を申し込んだ女性職人のうち何人かは、すでに退職していた人も少なくなかった。これもまた女性職人をめぐる真実だ。

※女性セブン2021年3月18日号

関連記事(外部サイト)

×