震災から10年 一本松、乗り上げた遊覧船…岩手の「あの日と今」

震災から10年 一本松、乗り上げた遊覧船…岩手の「あの日と今」

東日本大震災から10年経ち、岩手の街並みはどう変わった?(写真は2011年5月の“奇跡の一本松”。撮影/小倉雄一郎)

 東日本大震災から10年──。震災関連死を含め、約2万2000人を超える死者・行方不明者を出した未曾有の災害の爪痕は、今も人々の心に重くのしかかる。

 住宅や町のインフラの再建はほぼ完了した。沿岸部の岩手、宮城、福島をはじめとする6県621地区では、防潮堤や護岸の整備が進められ、現在は7割ほどが完成。国道や県道などの交通インフラも、震災前の状態にほぼ復旧した。

 しかし、高齢化の進む被災地では、災害公営住宅で暮らす4割が65歳以上。独居のケースも多く、住み慣れた土地から移ってきたために、家を出たがらない傾向が強いという。さらに昨年からのコロナ禍が追い打ちをかけている。

 避難先での新たな生活が長引き、故郷に戻らない選択をする人も少なくない。加速する人口減少にどう立ち向かうのか。今なお続く被災地の復興が抱える問題は、10年を経て激変した風景の中にあるはずだ。

 前例のない37兆円を超える復興予算で、被災地はどこまで復興したのか。ここでは、本誌・週刊ポストが10年間見つめ続けた「岩手県」の復興する風景を定点観測でレポートする。

●岩手・陸前高田市(2011年5月4日→2021年2月25日)

 約7万本あった松のうち唯一残った“奇跡の一本松”。2012年に枯死が確認されたが、保存整備された。高さ12.5mの防潮堤によって海岸線を見ることはできなくなったが、堤を越えた先の浜には名勝「高田松原」の再生を目指し、4万本の松の苗木の植樹が進む。

●岩手・陸前高田市(2011年3月14日→2011年9月5日→2011年11月29日→2021年2月25日)

 津波の被害が眼前に迫った村上美江子さんの自宅前。大きな被害だったにもかかわらず、電気やガスなど生活インフラはわずか2か月で復旧。昨年、気仙沼へ通じる道路が開通し、車の往来は見違えるほど回復した。復興の様子を見守り続けた村上さんは、今も健在。

●岩手・陸前高田市(2011年4月21日→2021年2月24日)

 創業約80年の歴史を誇る「酔仙酒造」は、酒蔵のみならず7人の従業員の命も奪われた。翌2012年、大船渡市に工場を移転。前店舗と同じ氷上山の水を使っての酒造りに勤しんでいる。「今年はいいお酒ができました」と金野連社長は嬉しそうに語った。

●岩手・大槌町(2011年4月27日→2021年2月20日)

 民宿の上に乗り上げた遊覧船「はまゆり」。民宿の隣に定年退職後の住まいとして新築した家を1年も経たずに流され、「3.11は結婚記念日であり、長男を亡くした日になりました」と語る阿部さん夫妻は、3年前に同じデザインの家を山の上に建てた。「この10年は無我夢中。やっと定年後の夢が実現しました」と前を向く。

●岩手・宮古市(2011年4月26日→2021年2月20日)

 宮古市田老地区は、明治や昭和にも津波の大きな被害を受けた。消防団員の前田宏紀さんは水門を閉めて回り、間一髪で助かった。17年に仮設住宅から新築した自宅に転居。「やはり、自分の家はいいものです」と微笑む。後ろに見える「たろう観光ホテル」は現在、津波遺構として保存されている。

●岩手・大船渡市(2011年3月15日→2021年2月24日)

 JR大船渡線「地ノ森駅」近く。大船渡港から北に1kmほどの県道230号線沿いは、家や建物、電線などすべてが波に飲み込まれた。ひと通り復旧したように見えるが、少し離れると至るところに更地が広がり、荒涼とした風景が広がる

●岩手・宮古市(2011年4月1日→2021年2月22日)

 宮古市鍬ヶ崎の水産加工作業場付近。8.9m以上の津波に襲われた鍬ヶ崎は、防潮堤がなかったために平坦部の家屋のほとんどが流失、50人以上の死者を出した。現在は10.4mの高さの防潮堤が建設され、海とともに生きてきた町の様子は様変わりした

●岩手・山田町(2011年4月27日→2021年2月22日)

 三陸鉄道リアス線「陸中山田駅」は、津波に加え、大規模な火災にも見舞われた。3月14日に鎮火されたが、駅舎をはじめ、町の中心部の家屋のほとんどが焼失、駅前の大木は炭化した。現在の駅舎は3mほどかさ上げされた後に再建。2019年3月24日に運行再開した

※週刊ポスト2021年3月19・26日号

関連記事(外部サイト)

×