首相盟友「疑惑の文化功労者」原点は菅氏意向の文化庁長官人事だった

首相盟友「疑惑の文化功労者」原点は菅氏意向の文化庁長官人事だった

菅義偉・首相のスキャンダルの源泉をノンフィクション作家・森功氏がレポート(時事通信フォト)

 菅義偉・首相の権力の源泉は「人事支配」にあると言われる。「政策に反対する官僚は異動してもらう」と公言する一方、山田真貴子・前内閣広報官、和泉洋人・首相補佐官ら、お気に入り官僚を抜擢し、彼らをめぐって接待問題や不倫疑惑といったスキャンダルが噴出。ついには山田広報官の辞任に至った。

 菅首相の強権人事──その原点は官房長官時代の5年前にある。彼の意向によって誕生した文化庁長官が、首相盟友の「疑惑の文化功労者」選出をもたらした。すべての発端は、首相自身だったのだ。ノンフィクション作家で『菅義偉の正体』著者の森功氏がレポートする(文中敬称略)。

 * * *

「どうしても取らせたい」

 芸術と学術の著しい実績を称えて選ばれる文化功労者は、数年後には文化勲章にエントリーされる。どちらも11月初旬には、天皇が宮中で催す茶会に招かれる。わけても文化勲章に輝いた者は天皇、皇后と同じ円卓に着き、フランス料理のコースに舌鼓を打ちながら歓談する。元文部科学事務次官の前川喜平は、2016年11月4日の茶会に参加した経験があるという。

「あのときはたまたま馳浩文部科学大臣がお茶会に出席できず、次官だった私が代役として文化勲章受章者の皆さんと丸テーブルで食事をしました。天皇(現在の上皇)の隣に座ることになり、私の隣が作曲家の船村徹さん(故人)でした。向かい側の美智子皇后(現在の上皇后)のお近くには、脚本家の平岩弓枝さん。皇后と平岩さんはずっと楽しそうに談笑していましたけど、こちら側は困りました」

 さらに茶会の模様を次のように語った。

「天皇と船村さんが私を挟んで会話していたのですが、それがなかなか通じない。栃木県の出身の船村さんはしきりに那須の話をしておられました。しかし、お歳のせいで耳が遠く、天皇のお言葉を聞き取れない。だから私がお2人のあいだで通訳をすることになりました」

 この船村を文化勲章に押し込んだのが、官房長官時代の菅義偉だった、と前川がこう続けた。

「菅さんが直接船村さんと親しいイメージではありませんでしたが、どうしても取らせたいと言う。今年あげないとお亡くなりになるかもしれない、と(官邸を通じて)言われましてね。それで、やむなく関係部署に推しました。文化功労者や文化勲章にもやはり政治の力は働くものですが、船村さんはすでに文化功労者だったし資格があった。しかし、ぐるなびの滝さんのそれは、同じ政治介入でも次元が違うのではないでしょうか」

 グルメサイト「ぐるなび」会長で、長年にわたる菅のスポンサーとして知られる滝久雄は、2018年、母校の東京工業大学や東京藝術大学に多額の寄付をしたおかげで紺綬褒章を受けた。そのうえで昨年、文化功労者に選出された。

 文化功労者は、文科省の設置した文化審議会文化功労者選考分科会のメンバーの推薦があり、そこで審議されて選出される。有識者による第三者機関による選出は文化勲章と同じく、政治色を排除するためだが、必ずしもそうはなっていない。政治の側が推薦人である審議会のメンバーを恣意的に選べば、思い通りの人選が可能なのである。

 おまけに法の改正という国会議員の立法行為が、文化功労者の候補資格を変えた。2017年6月に施行された改正文化芸術振興基本法で、文化功労者の選定方針の〈文化芸術の振興に資する取組〉が加わり、学術や芸術分野で活躍してきた第一人者に限られていた文化功労者の候補が、企業経営者にまで広がった。さらにそこに明記された〈作品の展示〉がクセモノで、まさに滝が熱心に取り組んできた事業でもある。

 もともと父親の始めた旧国鉄の駅ナカ広告事業を受け継いだ滝は、現在も公益財団法人・日本交通文化協会理事長を務める。駅や空港、学校などの公共施設への芸術作品展示を働きかけてきた。改正文化芸術振興基本法に謳う作品の展示、つまりパブリックアートは滝の得意分野である。とどのつまり、法改正そのものが滝のためのようにも受け取れるのだ。

 法改正の結果、文化功労者の選出は、それまでの15人から20人に増えた。増員が企業経営者の枠なのだろう。その選出枠の拡大は、奇しくも滝が東京藝大に寄付した2018年以降からで、寄付を受けた藝大学長の澤和樹が分科会委員となり、滝の推薦人となったとされる。

 だが、滝の文化功労者実現に関わったのは藝大の澤だけではない。むしろキーマンは、澤の前の学長であり、目下、文化庁長官を務める宮田亮平である。

 そしてそこに第二次安倍内閣の官房長官であった菅が、ひと役買った。菅、滝、宮田それぞれが極めて濃密な人間関係を築き、その先に、今度の文化功労者選出人事があると見ていい。

「お引き受けします」

 東京藝大学長の澤と、前学長で文化庁長官の宮田について、政府の関係者は言った。

「滝さんとのつながりでいえば、前学長の宮田さんのほうが古く、ずっと濃いでしょう。もともと宮田さんが滝さんと親しく、熱海のギャラリーにしょっちゅう出かけ、自らの作品も展示しています。宮田さんの意向を後任である澤さんが引き継ぎ、今度の選出になったのだと思います」

 宮田はイルカをモチーフにした金工作家として知られる。2005年12月、東京藝大の副学長・理事から学長に昇進した。

 文化勲章や文化功労者の決定に文化庁が関わるのは自明だが、滝や菅は宮田と極めて個人的な関係があるようだ。先の元文科事務次官の前川は図らずも、その交わりにも出くわしている。

「私が文部科学審議官だった当時の文化庁長官人事でした。2015年から2016年の年明けにかけ、美術史学者の青柳正規さんが3月いっぱいで長官を退くので、後任を決めなければなりませんでした。で、私の案は文化行政を長くやってこられた河村潤子生涯学習政策局長(現・日本芸術文化振興会理事長)。内部の女性登用案で、馳大臣も了解し、杉田(和博)官房副長官も、『女性、いいじゃないか』と喜んでいたんです」

 ところが、そこに待ったがかかった。菅による官邸得意の差し戻し人事だ。前川がこうも話した。

「菅官房長官に私の案があがり、しばらくすると、別の人間を考えろ、となった。その菅さんの意中の人が宮田さんだったわけです。菅さんはしょっちゅう宮田さんと食事をするような間柄だと聞いていましたから、さもありなんでした」

 ただし、東京藝大はこのとき学長選挙を終えたばかりで、宮田が圧勝していた。2016年4月以降の学長続投が決まっていた。

「学長選挙が終わったばかりだから無理だと思っていましたが、仮にも菅人事だから、長官の打診はしました。宮田さんは断わるだろうと思っていたんです。しかし、『お引き受けします』と了承するではないですか」(同前)

 菅との間で話がついていたのかもしれない。だが、そうなると、今度は東京藝大の次期学長が問題だ。藝大では伝統的に美術学部と音楽学部との学長争いがあるが、後継学長選びは宮田がした、と前川が続ける。

「学長予定者が突然いなくなるから、学内は大変だったでしょう。そこで宮田さんは、学長選で次点だった音楽学部の澤さんを後継指名したのです。音楽学部は歓迎でしょうが、(宮田の出身である)美術学部からは反対が出そうなもの。そこは政治力のある宮田さん、再選挙をやらずに簡単に澤さんに決まりました」

選出に至るトライアングル

 後継指名された澤は、学長の椅子が転がり込んできたことになる。そこから文化庁長官という行政のトップに就いた宮田と新学長の澤ラインができあがったという。では、宮田と菅、ぐるなびの滝のトライアングルはどうやってできあがったのか。

「滝が菅と宮田の接着役を果たしていると思います。もともと滝はパブリックアートで宮田と関係を深め、政界で力をつけてきた菅官房長官を宮田に紹介したのでしょう」

 そう推測するのは、あるぐるなび関係者だ。実際、菅、滝、宮田はこの10年来、かなり濃密な付き合いをしている。3人の関係を時系列に追っていくと、よくわかる。

 1990年代から現在に至るまで滝が依頼し、JRや地下鉄の駅構内に宮田作品を設置。滝が理事長を務める日本交通文化協会のホームページでは、これでもか、とばかりにそれらを紹介している。高崎駅の「幸福のだるま」や北千住駅の「乾杯」、東京メトロ池袋駅「幸せのリング」、東京メトロ上野駅の「上野今昔物語」といったアンバイだ。これらが文化功労者選出の理由となったパブリックアートだと評価されている。

 ちなみに宮田が訪れてきたと先に触れた滝の熱海のギャラリーは「クレアーレ熱海ゆがわら工房」という。滝は定期的に「くれあーれにゅーす」なる小冊子を発行し、関係者に配ってきた。

「東京五輪と文化」座談会

 その2014年10号(8月20日発行)には、特別企画と題し、宮田や滝に加え、官房長官として菅自身も座談会に参加し、滝のインタビューを受けている。題して〈オリンピック開催を機に「文化国家 日本」の宣言等について語り合う〉──。

 折しも2020東京五輪の開催が決まったすぐあとの企画だ。滝は自ら発案したペア碁を五輪競技に加えようとしてきた。それもあり、インタビューにも熱が入っている。

〈菅長官は(中略)オリンピック・パラリンピックを招致できた中心的な立場のお一人であり、これから2020年に向け、「文化国家 日本」を売り出す立場にもあります〉

 滝がそう持ちあげ、菅が答えている。

〈2020年を新たな日本を創造する年にしたい。東京だけのオリンピック・パラリンピックではなくて、日本全体のオリンピック・パラリンピックにするのが政府の役割だと思っています〉

 2020年の東京五輪開催はコロナのせいで実現できなかったが、滝はこの年、文科功労者に輝く。

 さらにくだんのインタビューから2年後の2016年2月、宮田の文化庁長官就任が発表された。すると、滝は日本交通文化協会で〈「1%フォー・アート」の法制化を〉とパブリックアートの法制化を訴えるようになる。

〈当協会では早くから、駅や空港、学校、図書館などの公共空間にアートを設置するパブリックアートの普及・振興に努めてまいりました。人々が日常的に芸術・文化に触れることで美的感覚や情操を養い、これがひいては社会をより多様性溢れる寛容で豊かなものにすると考えたからです〉(2016年2月24日付ホームページより)

 1%フォー・アートとは公共建築費の1%を芸術分野に支出しようという提案だ。滝が考案したものではなく、欧米で一般化されているが、この運動もまた文化功労者選出を後押ししている。

 交通文化協会では、パブリックアートの振興目的と称し、国際瀧冨士美術賞を設けてきた。文化庁長官になったあともずっと宮田が賞の審査員を務めてきた。宮田は賞の授賞式にも参加し、そこに東京藝大の澤学長が駆け付けてヴァイオリンを演奏して花を添える。そんなパターンだ。

 法改正のあと、滝は東京藝大とお茶の水女子大に10億円ずつ寄付し、大学が国際交流施設を建てる。お茶の水女子大の施設には宮田の彫刻が置かれ、2019年の施設竣工式ではここでも澤がヴァイオリン演奏を披露している。

 澤は東京藝大でアーツ・ミートサイエンスなるプロジェクトを立ち上げて昨年9月、滝を運営委員に加えている。文化功労者選出のメンバーとなったあとのことだ。

 蜜月関係のキーマンとなった宮田に聞くと、文化庁を通じて「文化功労者の選考については、外部有識者で構成される分科会における審議を踏まえて、適切に選考されているものと承知している」と回答した。

 だが、それを額面通りに受け取れない。菅、滝、宮田はまさに蜜月というほかない。人事を操ることで国家を私物化してきた弊害が、今まさに露呈している。

【プロフィール】
森功(もり・いさお)/1961年福岡県生まれ。岡山大学文学部卒。新潮社勤務などを経て2003年よりフリーに。2018年、『悪だくみ―「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。近著に『鬼才 伝説の編集人 齋藤十一』『菅義偉の正体』。

※週刊ポスト2021年3月19・26日号

関連記事(外部サイト)