ボスママがママ友を支配する構造 「プチ教祖」はあなたの身近にも

ボスママがママ友を支配する構造 「プチ教祖」はあなたの身近にも

育児の相談ができるママ友だったが……(イメージ)

 福岡県篠栗町で起きた5歳男児餓死事件で、母親とそのママ友が逮捕された。事件の経過が少しずつ分かってきたが、母親はママ友に精神的にも経済的にも支配された状態だった。2002年に発覚した北九州監禁殺人事件、そして2012年に従犯者の別件逮捕から明るみに出た尼崎事件 ―― そんな異常な出来事など滅多に起きない、と思っている人は気づいていない。あなたの周囲にも、「プチ教祖」として身近な人間を支配している人がいる。俳人で著作家の日野百草氏が、埼玉県東部にいる「プチ教祖」なボスママと、住民たちの怖れについてレポートする。

 * * *
「ママさん2人を従えてるボス、彼女は教祖と呼ばれています。怖いですよ」

 今年2月、筆者は埼玉県東部の各ホテルにしばらく転泊。何人かの情報提供者の中の一人から、当初の情報とは違う興味深い話を引き出した。ホテルのロビーで待ち合わせた彼は橋本寛弥さん(40代・仮名)。草加、越谷、春日部とフードデリバリーや独身男性の介護、テレワークに関しての取材が主だったが、その中でよもやま話として上がったのが、いわゆるママ友のボス、橋本さん言うところの「教祖」である。教団を率いているわけでもないし教祖は大げさなので、「プチ教祖」と言ったところか。しかし文中では他のママさんたちと区別するため、便宜上そのボスママは「教祖」とする。

「ボスママね、たいした人じゃないですよ、金持ちでもなんでもない、市営団地のシンママ(シングルマザー)です。態度でかいんで、むしろ保育園では嫌われてるほうです。でも絶対的な信者がいます。いますといっても2人ですが」

 橋本さんの話は奥さんからの又聞きなので、あくまでよもやま話の類いでしかないし事件性もない。しかし筆者には興味があった。これまでも巷の「プチ教祖」は職場や学校、趣味の世界などに存在した。あなたのまわりのプチ教祖 ―― 筆者も某出版社で遭遇している。ここで断っておくが、多くの人が認めるような人気者が「プチ教祖」ではない。それは文字通りの人気者かリーダーシップや人望のある人、あるいは多少独善的な仕切り屋さんとか威張り屋さんの類いであり、当たり前だが洗脳や支配までには至らない。

「私も何度か園の行事で会ってるから知ってますけど、なんであんな人にって感じですよ。他に魅力的な人なんていくらでもいるのに」

 世間的には支持されず、むしろ嫌われ者なのに特定の人物や少数者をターゲットに徹底支配し、それを奴隷のように操るプチ教祖。教祖と信者一人、あるいは数人で固まりさらに孤立を深める。ひれ伏す信者(表面上は友だち)を前に教祖だけはご満悦で、小さな搾取を繰り返す。スーパースターでもカリスマでもない一般人が、一般人をいとも簡単に支配する。

「そうなんです。これ特徴的だと思うんですけど、さっき言ったように何に優れているわけでもない人なんですよね、むしろ容姿は下、学歴だって仕事だってたいしたことない。ただ唯一言えることは自信家だってこと、自信の根拠はまったくないんですけどね」

 橋本さんの語るその「プチ教祖」は園でも有名な厄介者のママさんだ。まるで「この世のすべてを知っている」みたいな顔をして先輩ママさん面で近づいて来るが、ほとんどのママさんは近寄らないか通り一遍の会釈でやり過ごすという。

「そりゃそうですよね、でも信者のママさんは「○○さんはすごい人」って完全にハマってるみたいです。うちの妻からすれば『はあ?』ですけど。そりゃ『はぁ?』ですよね」

 シングルマザーで子どもを育てるたくましい女性、と映ったのかもしれないが、その信者となったママ2人も園で孤立しているという。いや、させられているのか。ある程度の集団なら相違もあるが、たいてい数人、もしくは2人きりだったりするので価値観は単一化、教祖は絶対となる。

「教祖の買い物には必ずついていって、信者のママさんが支払います。支払うといってもスーパーの買い物とか、日用品レベルみたいですけど」

 いやはや、なぜ他人の生活まで面倒をみるのか。

「家事だって代わりにやったりするみたいですよ、でも友人関係とかそんなんじゃないですね、一方通行ですから。まさに教祖と信者」

 聞けば何でもない女性、どんな魔法を使えばそこまで他人を支配できるのか。

「その教祖、最初はすごく人当たりがいいんですよ。うちは引っ越してきた身ですし、妻も人見知りするほうなので入園式では知り合いもいないので一人でいたら、その教祖が話しかけてきました。妻はあしらいましたけど、ハマる人はハマるんでしょうね、グイグイ心に入ろうとする感じ。あれはマインドコントロールだ! って妻がワイドショーみたいに逐一報告するから、変に詳しくなっちゃいましたよ」

ママ友から金を借りるボスママ

“最初に話しかけてくる奴には気をつけろ”ではないが、確かに知り合いのいない席で最初に馴れ馴れしく話しかけてくる人は、申し訳ないが後から知るとヤバい人とかイタい人ということが多かった。やっと話し相手ができたとホッとしたのも束の間、業界全体から嫌われているような危険人物だったり、延々と自慢話を聞かされたりしたあと「あの人に捕まって災難でしたね」としばらくして別の人たちから聞かされるなんてことはあった。

「目ざとく見つけるんでしょうね。だいたい年下か大人しそうな人、その教祖も手当り次第に声かけて、2人の信者を作ったわけで」

『小公女セーラ』という名作アニメがあったが、ヒロインのセーラをいじめる華やかな美少女、ラビニアが引き連れていたジェシーとガートルードのようなものだろうか。

「いやいや、ママ友の世界はそんなカワイイもんじゃないですよ。」

 橋本さんが笑って首を振る。セーラ話は同世代ならたいてい通じる。しかし橋本さんはすぐに顔をしかめてソファーの背もたれに頭を預けた。

「大人は金が絡みますからね……信じられます? 教祖、信者から金借りるんです。額はともかく、普通ありえませんよね」

 教祖となったボスママは信者ママから金を徴収しているようだ。ただし大金ではなく、千円、二千円を「ちょっと貸して」といった具合に。

「シンママで厳しいのはわかりますけど、これは園でも問題になったんです」

 保護者との関係が密な園のようで、そのボスママの「プチ教団」は何度か園から問題視されたようだ。しかし事あるごとに教祖は反発、他のママの陰謀だとわめきたて、信者にもそれを吹き込んだという。その騒動は父兄として同席した橋本さんも目撃している。陰謀なんて、そんな戯言、信じるものだろうか。

「信じてるみたいですね。ママさんも疑うどころか2人で競い合ってます。教祖は信者ママさんの家庭にアドバイスまでしているようです」

 忠誠心を競わせるのは教祖の常套手段、そして教祖の言葉は絶対だ。それにしても、シンママである教祖はともかく、信者ママさん2人には夫がいるという。知らぬ存ぜぬなのだろうか。

「でしょうね。妻いわく、旦那が単身赴任とか、家庭が冷え切ってるとか」

 そういう人だから引っかかるとは限らないが、自信たっぷりの身近な教祖は心の隙間にスッと入ってきたのだろう。頼れそうな先輩ママさんから怖いボスママ、そして絶対的な教祖に変貌を遂げた彼女を前に、ママさん2人は信者として支配される身となった。

教祖は必ず「敵」をつくり、信者に教え込んで孤立させる

「この辺だって園はなかなか入れません。だから転園なんてまず無理です。第一、友達と離れたくないと子どもが反対するし」

 それはそうだろう、埼玉県の待機児童数は2年連続減少傾向とはいえ解消したわけではない。いまだに県全体で1000人超の待機児童を抱え、県庁所在地のさいたま市に至っては、2020年4月1日時点で待機児童387人と関東エリアでワースト1位だ。

「だから子どもが人質みたいなもんです。その教祖をみんな嫌ってますけど、何をされるかわからないから近づきません。ある意味、ママさんたちもかわいそうです」

 教祖と信者2人のママさん教団はこうして野放しとなる。孤立した彼女らは教祖から「敵」の存在を吹き込まれ、それを信じてさらに孤立、誰からの指摘も介入もないまま支配されているということか。

「そうです。必ず敵を作るんですよね、ああいった人は。で、敵と教えられて孤立して、どんどん洗脳される、怖いですよ」

 そう聞くと確かに怖い。先に筆者もそういった事例を知っていると書いたが、その40代のベテラン女性編集者は契約社員の新人女性(20代)を奴隷のように扱っていた。地方から出てきた新人は彼女のアシスタント的な立場だったが仕事に没頭、崇拝し、連日の徹夜に1日15時間労働で日々の私用までつきあわされ、公私ともに支配されていた。先輩後輩の関係とかやりがい搾取とかのレベルではなく、完全に奴隷だった。まさに一人教祖に一人信者。会社側も注意、他の部員が諌めても新人は聞く耳を持たず、洗脳は続き、ついには病んで契約更新されず雇い止めとなった。みるみるやせ細り、目がイッた状態の新人を見るに見かねて救おうとした別の女性編集者もいたが、「○○さん(ベテラン女性編集者の名前)ばかり必死でみんな働いていない、あなたも!」と吹き込まれたであろう会社の悪口そのままに孤立、手に負えなかった。

 誰かのすべてを支配するというのは異常な出来事のはずだが、それは決して珍しいことではなく、どんな場所にも「プチ教祖」は存在し、ターゲットを探している。そして搾取するだけ搾取して、いらなくなればボロ雑巾のように捨てる。契約更新しないと判断した一人が、まさにそのベテラン女性編集者だったから恐ろしい。もちろん、売れっ子の女性漫画家を抱えた彼女を会社が切れるわけもなかった。その女性漫画家すら彼女の信者だった。

「その話はわかりますけど会社も悪いですね。でもママ友は仕事みたいに利益絡みませんから、余計やっかいなんですよ」

“ママ”という相対的な評価の難しい立場は同調圧力を引き起こしやすいのだろうか。限られた世界だからこそ、支配の度合いは強いのかもしれない。そうして日常生活にまで入り込まれて搾取される。ただのママ友なのに主従関係と搾取、そんな異常な行為を平気でやってのけるモンスターが普通の顔して近づいてくる。実際、2002年に発覚した北九州監禁殺人事件で犯人は平凡な一家を支配して、その家だけの教祖となった。2012年に発覚した尼崎連続変死事件などは複数の家庭を支配、教祖として君臨した。そんな平成の大事件でなくとも、ごく平凡な日常で、彼らのようなモンスターが意図的であれ、恣意的であれ、ターゲットを探している。仲良くなったばかりの「いい人」が「あなたのプチ教祖」に変貌する。捕食されたが最後、逃げ場はない。

「卒園しても小学校は同じのことが多いですからね、ママ友の主従関係は延々続くんです。奴隷のように使われて、金まで取られて。でも警察呼ぶほどじゃない。こんなヤバい人間関係恐ろしいですよ」

 橋本さんの話を聞いてようやくその怖さがわかった気がする。一度「プチ教祖」に洗脳されたら、支配されたら逃れられない。それは山田詠美の小説『蝶々の纏足』のように美しくもない。洗脳と支配は平凡な日常の、平凡な人間関係、最初はただ近づいてきただけだったはずの平凡な一般人(あるいは自覚なきモンスター)によってもたらされる。手法はこうだ。まず初対面から「ラブ・ボミング」(あるいはラブ・シャワー)と呼ばれる溢れんばかりの「好意の爆弾」で偽りの愛を与えて承認欲求を満たす。そして共通の「敵」を、これまた偽りの「驚異」で一体感を持たせる(グランファルーン・テクニック)。そうして「理解者と思わせる」「嘘と思われない嘘で驚かす」「嫉妬を煽る」「囲い込む」を繰り返す。孤立してしまえばしめたもの、もはや他人の言葉など「敵」の「驚異」だし、真実は自分”なんか”に好意を浴びせてくれる教祖だけ。これで信者の出来上がりである。日常に満たされている大半の人にはピンとこないが、満たされていない人の一部はこうして心の隙につけこまれてしまう。まして困ったことに、支配する気がないのに支配者になれるモンスターのような一般人が存在する。これが本当にやっかいで、教祖サマ本人もちょっとした邪気、下手をすると自覚がない。「プチ教祖」は自覚なき支配者だからこそ恐ろしい。

 世の中には本当に危険な一般人というのが存在する。出会うきっかけは会社か、学校か、ご近所さんか ―― 特別なことではない。いつ自分が支配されるか、洗脳されるかわからない。誰しも信者として搾取され、巷の「プチ教祖」に人生を台無しにされる可能性がある。カルトは日常に存在する。北九州も、尼崎も、今回の福岡も支配者はその辺の一般人だ。

 解決策も見当たらず、筆者も橋本さんもそれから先の話はできなかった。本当に恐ろしく、そして難しい問題だが、長引くコロナ禍でコミュニケーションの機会が減り、ごく限られた人間関係の中で暮らさざるを得ない状況が続いている。今後さらに増えるかもしれない。

 信者2人のプチ教祖。笑うかもしれないが、この関係は本当に危険で、恐ろしい。

【プロフィール】
日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。2017年、全国俳誌協会賞。2018年、新俳句人連盟賞選外佳作、日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞。寄稿『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)、著書『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)など。

関連記事(外部サイト)