震災から10年、被災地・宮城県の歩み 流された国道の橋も復旧

震災から10年、被災地・宮城県の歩み 流された国道の橋も復旧

震災から10年、宮城の街並みはどう変わった?(写真は2011年3月20日、撮影/片野田斎)

 東日本大震災から10年。被災地の人々は笑顔を取り戻したように見える。しかし、震災関連死はこの10年で3767人にのぼっている。前例のない37兆円を超える復興予算で、被災地はどこまで復興したのか──。ここでは、本誌・週刊ポストが10年間見つめ続けた「宮城県」の復興する風景を定点観測でレポートする。

●宮城・南三陸町(2011年3月20日→2021年2月19日)

 JR気仙沼線「歌津駅」があった付近。駅舎は流され、すべての窓ガラスが割れた銀行では、金庫がむき出しになった。現在、伊里前川の河川堤防は8.7mの高さで整備。「歌津駅」は気仙沼線BRTのバス停留所として営業。町全体が移転し、当時の面影はない。

●宮城・気仙沼市(2011年5月4日→2021年2月26日)

 現在、気仙沼港近くでは朝市なども再開され、人通りも活発になった。津波で全壊した1942年創業の老舗飲食店「かもめ食堂」も、2015年に旧店舗から数百m離れた場所で営業を再開。地元住民や漁師たちは、待ち望んでいた名物のラーメンに舌鼓を打っている。

●宮城・南三陸町(2011年3月12日→2021年2月25日)

 町の大部分が流されるなか、高台にあった志津川高校は多くの住民の避難所となった。当時の校庭には「SOS」の文字が。現在は校舎の裏手の山が住宅地として切り開かれ、津波被害に遭ったエリアの一部は「震災復興祈念公園」となっている。震災後の人口減少で志津川高校の生徒数は以前の半分ほどになった。

●宮城・気仙沼市(2012年1月24日→2021年2月12日)

 60年続く「理容 鹿折軒」を営む小野寺さん親子。被災後、5か月ほどでプレハブでの営業を再開。その後、かさ上げされた土地など2度の移転を経て、昨年、元の土地で再び営業を開始した。「ここまで早く家や店の建ち並ぶ光景になるとは思いませんでした」と復興の速さに感嘆する。

●宮城・石巻市(2011年4月8日→2015年2月25日→2021年2月17日)

 2011年4月の激しい余震で祖父母宅に避難した桜井さん親子。15歳となった息子の崇一郎くんは、当時のことをかすかに覚えているという。「夜が暗かった。車の中の揺れが怖かった」。現在、高校受験の真っ最中。「将来は車の設計に携わりたい」と目を輝かせる。

●宮城・石巻市(2011年3月14日→2021年2月25日)

 津波によって寸断された石巻市相川地区の国道398号線。流出した新相川橋は2017年に復旧し、開通式が行なわれた。左上に見えるのは校舎の3階まで浸水した石巻市立相川小学校。2013年に近隣の3つの小学校を統合したことで閉校。現在は記念碑が建つ。

※週刊ポスト2021年3月19・26日号

関連記事(外部サイト)

×