福岡5才児餓死、ママ友の特殊な洗脳 黒幕にされた女性が怒りの告白

【福岡5歳児餓死事件】"ママ友"赤堀容疑者の洗脳手法は特殊だと捜査関係者が指摘

記事まとめ

  • 碇利恵容疑者と知人の赤堀恵美子容疑者が保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された事件
  • 赤堀容疑者は共通のママ友を"ボス"に仕立て上げ、主従関係を作り上げていったという
  • ボスと呼ばれていた女性は「聞けば聞くほど腹わたが煮えくり返る」と語っている

福岡5才児餓死、ママ友の特殊な洗脳 黒幕にされた女性が怒りの告白

福岡5才児餓死、ママ友の特殊な洗脳 黒幕にされた女性が怒りの告白

元夫との結婚式で白無垢姿の赤堀恵美子容疑者(2001年)

 福岡県で発生した5才児の餓死事件で、カギを握るのが母親の知人。なぜ母と子の関係に第三者が関与したのか?

 2019年1月、福岡県。保健福祉事務所の職員は動揺していた。目の前には、生活保護を申請したシングルマザーがいる。生活保護費を支給する場で職員が気になったのは彼女ではなく、その隣にいる、ゆうに100kgは超えている巨体を窮屈そうに椅子に収める第三者の存在だ。生活保護の受給には、かなりプライベートな質問を要するため、通常は第三者を同席させることはない。

「ちょっと、席を外してもらえますか」

 職員が慮ってそう言うと、首を横に振ったのは、シングルマザーの方だった。

「どうしても一緒にいてほしいんです」

 職員はそれ以上、その女について何も言うことができなかった。福祉事務所に来る前、シングルマザーとその女は入念に打ち合わせを重ねている。

「生活保護は絶対に現金で支給してもらうこと。そうしないと、借金相手に通帳を見せなければならなくなったとき、お金があることがバレてしまうから」

 打ち合わせといっても、女からの一方的な入れ知恵だ。書類を前にしたシングルマザーは、女に言われたとおりに、話を進める。女は一言も口を挟まない。シングルマザーに給付される約20万円の生活保護費を何に使おうか──そんなことを夢想していたのかもしれない。

 昨年4月、5才だった翔士郎ちゃんに充分な食事を与えずに餓死させた疑いで、母親の碇利恵容疑者(39才)と知人の赤堀恵美子容疑者(48才)が、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは3月2日のこと。2人は、福岡県篠栗町にある同じ幼稚園に子供を通わせる保護者として5年前に出会った。

 しばらくすると赤堀容疑者は、「ママ友がLINEグループで悪口を言っている」と碇容疑者に吹き込み、自分だけが味方であると強調し始めた。洗脳の第一歩だ。その後、赤堀容疑者は、共通のママ友を《暴力団とつながりのあるボス》に仕立て上げ、その存在をちらつかせることで主従関係を作り上げていく。

「碇容疑者の子供がトラブルを起こしたとでっちあげ、『ボスにお願いして解決した』と恩を売ったり、碇容疑者の夫が不倫していると信じ込ませ離婚させた挙句、『不倫調査費をボスが立て替えている』と作り話で彼女を追い込んだのです。その後、生活保護を受給させ、児童手当なども含めほぼ全額を騙し取り、合計は1000万円以上になるとみられています」(地元紙記者)

 赤堀容疑者は支配の強度を盤石なものにするため、碇家に対する食事制限を徹底した。長男にはご飯1杯、次男は半分にして、末っ子だった翔士郎ちゃんには与えないことも。水すら自由に与えなかった結果、亡くなったときの翔士郎ちゃんの体重は10kgほどで、平均体重の半分しかなかった。

 赤堀容疑者の洗脳手法は特殊だと捜査関係者は指摘する。

「洗脳というのは、一般的には暴力などで怖がらせて思考を鈍化させたり、常に行動を共にするもの。ところが今回は、周囲を悪人に仕立てて“私だけが味方”と近づき、ボスという架空の存在をつくって“そのボスを怒らせないように一緒に考えよう”と寄り添うんです。実際に、相談に乗ったり食料を差し入れたりする役もしている。端から見れば親身に世話をしているように映るので、なかなか事件になりにくかったのは事実です」

 赤堀容疑者にボスと呼ばれていた女性に話を聞いた。

「警察に言われるまで、私が“ボス”と呼ばれているなんて、知りませんでした。赤堀のしたことは、聞けば聞くほど腹わたが煮えくり返ります」

 上下スエット姿に金髪の“ボス”が、たばこ片手に語る。

「赤堀が逮捕される数か月前、近所のコインランドリーで偶然出会ったんです。そのときには、すでに警察から赤堀が私の名前を利用していたと聞いていたから許せなくて、『あんた、私の名前を使っているらしいな!』と怒気交じりに言うと『いや、それはあの女(碇容疑者)が……』と責任転嫁を始めるんです。それ以上は言いませんでしたが、蹴りでも一発入れてやりたかったですよ、ほんと」

 赤堀容疑者との出会いは、近所のパチンコ屋だった。

「近くの席でパチンコすることが何度かあって、あるときに『私さ、この前別の店で30万円勝ったんだ』と話しかけてきたんですよ。そこから時々、お互いの愚痴を聞き合うような関係になりました」

 別の住民も、赤堀容疑者が夫婦でパチンコに興じる姿を何度も見ている。

「あそこは夫婦でパチンコ好きなんだけど、子供の世話があるから“昼夜二交代制”でね。昼は奥さんが、夜は旦那さんが来て打っていたよ。旦那さんは体格が立派で年がら年中、それこそ暑い日も長袖を着ていて肌を見せない。でも、気のいい人ではあるよ」

 ちなみに、この夫は赤堀容疑者にとっては2人目の夫にあたる。夫婦の間には、碇容疑者と同じように3人の子供がいて、夫と子供はいまも町内に暮らしている。夫は妻の所業を知っていたのだろうか。直撃すると、一言。

「何も、何も私もわからないんで!」

 すべてを知っていて隠しているのか。もしかしたら、彼もまた赤堀容疑者の毒牙にかかった1人なのかもしれない。

“ボス”の話に戻ろう。その後、偶然にも2人の子供は同じ小学校に入学する。

「入学してすぐの授業参観で、赤堀と碇が一緒にいたときにすれ違ったのが、碇と会った最初かな。でも影が薄かったから、報道されるまで顔も忘れていたくらいだからね。顔を合わせたと記憶しているのも、そのときくらい。赤堀があえて、近付けなかったのかもしれないね。私は周りと年も離れていたから、『ママ友づきあいはしない』と公言していたんで。赤堀はそこに付け込んで“ボス”に仕立て上げたのかな」

※女性セブン2021年3月25日号

関連記事(外部サイト)

×