福岡5才児餓死事件 逮捕された母親とママ友は同じ宗教の信者だった

福岡5才児餓死事件 逮捕された母親とママ友は同じ宗教の信者だった

チューリップに囲まれた赤堀容疑者の姿

 昨年4月、5才だった翔士郎ちゃんに充分な食事を与えずに餓死させた疑いで、母親の碇利恵容疑者(39才)と知人の赤堀恵美子容疑者(48才)が、3月2日に保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された。福岡県篠栗町で発生した5才男児の餓死事件は、いわゆる「ネグレクト」に知人女性が絡んでいたことで、大きな波紋を呼んでいる。

 碇容疑者の離婚前をよく知る人たちは、みな口を揃えて、「穏やかで、子供に声を荒らげることもなく、仲のよい家族だと思っていました」と語る。新興住宅街の一角にある、2階建ての一戸建て。そこが、碇容疑者が一家で暮らしていた家だ。休みの日には一家5人で遠出をし、夏休みになれば庭にプールを出して兄弟が歓声を上げていた。

 そんな、絵に描いたような幸せな一家に、赤堀容疑者は入り込んでいった。

「毎日のように、旦那さんが出勤した後の碇さんの家に遊びに来ていましたよ。“あの人、面白い人なの”と、赤堀さんのことを彼女がうれしそうに話していたのを思い出します」(近隣住民)

 その後、碇容疑者の態度が変わっていくのに時間はかからなかった。

「外で顔を合わせてもそそくさと家の中に入っていくようになり、交流がなくなってしまいました。いま思うと、近所の人が悪口を言っていたとか嘘をつかれていたんでしょう。そんな具合なので、近所づきあいもなくなっていきました」(前出・近隣住民)

 碇容疑者は赤堀容疑者から、夫の不倫疑惑を吹き込まれ、すぐに3人の子供を連れて家を出る。離婚が成立するより前の2018年11月のことだ。生活保護費を受給しても、赤堀容疑者にほぼ全額渡すだけ。その結果、すぐに家賃を滞納し、転居を余儀なくされた碇容疑者が昨年辿り着いたのが、事件現場となったマンションだった。

 このときすでに、碇容疑者は、友人も夫も肉親も、すべてのコミュニティーを断絶し、ただ1人、“守ってくれる”赤堀容疑者のみを頼った。その2人をさらに強固に結びつけたとされるのは「信仰」だった。赤堀容疑者は、ある宗教団体の活動に熱心に参加していたという。団体関係者の話。

「赤堀さんのところは、両親の代からの熱心な信者だと聞いていました。十数年前、この土地に来たときにも活動に積極的に参加してくれてね。機関紙を広く読んでもらおうと近所に営業活動をしたり、選挙の際には団体が応援している候補者に票を入れてもらうよう積極的に投票をお願いしたりしていました。都会はどうなのかわからないけど、田舎だとこういうつながりが意外と大事なんですよ。

 ただ、亡くなった子のお母さんはあの女性に勧誘されたというわけではありません。もともと信者だったと聞いています。そこが2人の共通項だったのでしょう」

 赤堀容疑者の両親は熱心な信者であった一方で、この信仰心を“利用”もしていた。碇容疑者はこうして外の世界と断絶させられたのだ。

 驚くことに、翔士郎ちゃんが餓死した後も、碇容疑者の目が覚めることはなかった。翔士郎ちゃんの葬儀費用は、生活保護費同様、役所から支給された。それも、赤堀容疑者に渡していたのだ。赤堀容疑者が“暴力団とつながりのあるボス”に仕立て上げていたママ友の女性が憤る。

「男の子が亡くなった後、赤堀が私に電話してきたんですよ。『いや〜あいつがさ〜』なんて碇を馬鹿にしたような口ぶりで話すので、私の旦那がきつく説教していました。まったく反省していませんよ」

※女性セブン2021年3月25日号

関連記事(外部サイト)

×