福岡5才児餓死で逮捕されたママ友 借金を繰り返し夜逃げの過去

【5歳の餓死事件】母親を“洗脳”していたママ友に『血統書付きの詐欺師』の声も

記事まとめ

  • 福岡で5歳が餓死した事件で、母親を“洗脳”していたママ友の存在が関心を集めている
  • ママ友の実父は、美しく周りの人に恵まれるよう、恵美子と名付けたと語っている
  • また、借金を繰り返し夜逃げした過去もあったらしく、『血統書付きの詐欺師』の声も

福岡5才児餓死で逮捕されたママ友 借金を繰り返し夜逃げの過去

福岡5才児餓死で逮捕されたママ友 借金を繰り返し夜逃げの過去

赤堀容疑者は2001年に式を挙げている

 福岡県で発生した5才男児の餓死事件は、背後で母親を“洗脳”していた知人女性の存在が大きな関心を集めている。母親の碇利恵容疑者(39才)と知人の赤堀恵美子容疑者(48才)が、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは3月2日のこと。近所の住民が「仲が良かった」と語る家族をメチャクチャにした赤堀容疑者とは、どんな人物なのか。

 赤堀容疑者が生まれた福岡県大川市は、その名の通り、九州最大の河川、筑後川の河口に位置している。上流付近が木材の一大産地にあたるため、古くから大川市は木材の集積地、さらには木工技術を生かした家具の生産地として知られてきた。赤堀容疑者の家も、両親ともに家具メーカーに長いあいだ勤めていたという。近隣住民が語る。

「あそこは熱心に宗教活動をしながら、いまは潰れちまった家具の会社で働いていたんだよ。親父さんの方は、その宗教の機関紙の配達員までボランティアでやっていたからよく覚えている」

 そんな両親の間に赤堀容疑者が生まれたのは、1973年のこと。兄と姉がいる3人きょうだいの末娘として生まれた。

「あの子はなぁ、口は悪いしよく肥えとる子やったけど、心根は優しい子なんよ」

 赤堀容疑者の実父が語る。

「恵美子はな、生まれてすぐ黄疸がひどくてね。産婦人科医もお手上げ。それで総合病院の院長に診てもらったら、『はやく名前をつけて呼んであげた方がいい』って。病気になったけん、『美しく、周りの人に恵まれますように』と、恵美子という名前をつけたと」

 地場産業に勤しみ、信仰心に厚く、娘思いの父親。田舎育ちの朴訥とした家族の風景のように思えるが、赤堀容疑者の実家と関係の深い女性が、一笑に付す。

「貧乏だったら、つましく生きるのが普通だけど、あの一家は人に寄生するのを得意としているところがあったわけよ。恵美子はさ、いわば“一家のサラブレッド”。血統書付きの詐欺師だよ」

 どういうことか。

「祖父母から、両親、そして恵美子ら3人きょうだい、みんな借金ばっかり作ってた。恵美子の母親なんて、“わしが信じてる宗教知っとるじゃろ。信者は嘘はつかんから貸してもらえんやろか”って。いつもそれで借りたまま。同じ宗教の信者に対しても20万円借りたまま返さないで裁判沙汰になったこともあったんだよ」

 この女性も両親の代から、赤堀容疑者の実家からの無心にあっていた。

「あそこの家は、わざわざ高齢の祖父母を連れてきて、その口から言わすことがあったんよ。そういうときは世代の近い私の父に向かって、“こまかときから知っとうやけん(小さい頃から知っている仲だから)”って何度も言ってくる。小さな町だし、情にほだされた父が、数万円を何度も貸してあげていました」

 今回の報道を見ていて、あの一家を思い出すことがあったという。

「恵美子が、防犯カメラが部屋にたくさん仕掛けられてるって、亡くなった子のお母さんに言っていただろ? あれは一家のやり口。よく、“あそこの家には盗聴器がつけられて監視されている”とかって話を祖父母の代からしていたもの。どうやったら人を不安にさせて、お金を取れるのか、恵美子は家族の中で学んだんよ」

 この女性は親の代から合わせると400万円ほど貸しているという。

「頭にきて、(金銭貸借の)公正証書を作ることになった。借主は恵美子の名前で証書を作ったよ。母娘で金を借りに来るだろ。そうしたら母親の方がよくしゃべって、恵美子は愛想のない顔でずっと聞いているだけ。母親は愛想を使ったけど、恵美子はふてぶてしかったね。

 あるとき、恵美子が家を出ていったと思ったら、両親と兄と姉の4人が祖父母を置いて蒸発するように消えちゃった。夜逃げだよ。あとから聞いたら、佐賀県の鳥栖市に一家で逃げたんだ」

 赤堀容疑者の実父は、本誌・女性セブンにこう語る。

「金を借りるときは皆、嘘言うて借りるけん。嘘言うて借りて返さんかったら、それは騙して取ったということになる。あとは貸した人がどういう気持ちになるかの問題さ」

 こういう教育法だったのだろう。

実兄も勤務先のお金を着服して事件に

 鳥栖市でも、虚飾にまみれた家族の行動は止まらない。いや、加速する。地方紙記者が語る。

「赤堀容疑者の兄が、この時期、勤め先だった競輪の場外車券場の払戻金を着服したとして、業務上横領の疑いで逮捕され、実刑判決を受けています。横領額は2000万円近くだったといいます。当時、親族もその事実を把握していたのではないかと捜査の手が伸びそうになっていました」

 その頃、実は赤堀容疑者は鳥栖市ではなく、大分県内に居を移していた。一度目の結婚をしていたのだ。結婚をしたのは2001年、28才のときのことである。

「昨年の夏ぐらいかなあ。突然、携帯電話に警察署から連絡があったんです。“恵美子さん覚えていますか?”と。すっかり忘れてたけど、ああ、元嫁だって思い出して。それで、刑事さんに“お金絡みですか”って聞き返したんですよ。だって、もう結婚していたときから、金銭トラブルが絶えなかったですからね」

 ゆっくりとした口調と柔和な表情は、大変な苦労を乗り越えたからこそか。現在も大分県内に住む、赤堀容疑者の元夫Aさん(54才)だ。閉じ込めていた記憶を一つひとつ掘り起こすように、時に言葉を止めながら語り始めた。

「交際中から向こうの実家にはお金を貸していたんです。その頃あっちの親父さんが家具の工場をしていてね。その経営が傾きよるけんという名目でね。金額は大きかったよ。300万円くらい。結婚前提の交際だったから親父さんを助けたい気持ちでね。結婚してからも“親のため”に貸してくれとさらに言うてきた。恵美子は口がうまいのよ。義兄の弁護士費用とかもろもろ貸したね」

 当時から、弁護士費用といっては金をせしめていたのだ。

「とにかくブランドものを買いあさっていたよ。特にヴィトンばっかり。しかもカバンや財布とか誰が見てもわかるやつでアクセサリーとかではない。グッチもブルガリも好きで毎回違うバッグを持って外に出てました」

※女性セブン2021年3月25日号

関連記事(外部サイト)