被災時の教訓「まず逃げろ」「安全が確認できるまで戻らない」

被災時の教訓「まず逃げろ」「安全が確認できるまで戻らない」

津波が去った後の陸前高田市の様子。学校もJRの駅もすべて一瞬にして流された(時事通信フォト)

 首都直下地震や南海トラフ地震など、いつ巨大地震が起きてもおかしくないと言われる日本列島。だからこそ、被害を最小限にするべく、東日本大震災での経験を活かし、備えておかなければならない。

 東日本大震災での陸前高田市の死者・行方不明者は約1800人で、全世帯の約半数が被災した。地震発生から津波到達までの約40分間を改めて振り返り、教訓を心に刻みたい。

 あの日もいつもと変わらず、脇の沢港を出港し、かき筏に向かっていたというのは、防災士の佐藤一男さん。佐藤さんの被災時の状況は以下の通りだ、

●被災時の状況
<住居>
脇の沢港から徒歩で5分ほどの場所に建つ戸建て。津波で全壊。
<被災場所>
仕事中のため海上。スクリューにロープを巻き込んだような衝撃を受けた。
<家族構成>
両親、妻、長女(当時小学1年生)、次女(当時保育園)、長男(当時1才)。

「私は船で海上を移動していたのですが、いつもの波とは違う激しい揺れを感じました。陸を見ると、土砂崩れが起こり、土ぼこりが上がっているのが見えて……。ポケットの中の携帯電話は緊急地震速報が鳴りっぱなし。揺れの規模も長さも経験にないもので、“これはただごとではない”と直感。すぐに港に引き返しました」(佐藤さん・以下同)

 このとき、佐藤さんの脳裏に浮かんだのは、亡くなった祖父の言葉だったという。

「明治生まれの祖父は、1933年の昭和三陸地震と1960年のチリ地震津波を体験していました。現在自宅のある場所は、過去に2度被害に遭っています。そのため子供の頃から、“地震が起きたらテレビやラジオを聞いている暇はない。まずは逃げろ。他人の倍逃げろ。逃げることを笑うやつの言葉は聞くな”と、何度も言われてきました。この揺れなら津波も来ると確信し、みんなに逃げるよう伝えなければと思いました」

 5分ほどで港に着くと自宅へ。妻と長男は2階にいた。

「妻は私を見るなり“16時から皮膚科の予約をしているんだけど、どうしよう”とのんきに言うのです。私は、“それどころじゃない。危険だからすぐに出るぞ”と伝え、2人の娘を手分けして迎えに行き、高台にある叔父の家で落ち合うことにしました」

 家族を叔父の家に避難させてから、佐藤さんだけ自宅に戻ることにした。

いまも忘れられない防波堤の上の船

「津波の危険性がある場所に戻る。これは絶対にやってはいけない行動ですが、私は消防団に所属していたので、津波注意報が発表された場合、高齢者の家を訪ね、避難の確認をすることになっていたんです。この時点で地震発生から30分が経過。津波がいつ来るかわからない状況でした」

 一軒一軒、逃げ遅れた人はいないか確認して回り、地域の人の避難も完了。自宅に寄り、持っていく物がないか考えながら、ふと窓の外に目を向けると、異様な光景が飛び込んできた。防潮堤の上に船が見えたのだ。

「一瞬、何が起きているか理解できませんでしたが、次の瞬間、階段を駆け下りて車に飛び乗りました。あのとき、窓の外を見ていなかったらと考えるとゾッとします。この光景は10年経っても忘れられませんし、今後も忘れてはいけないと思っています」

 叔父の家に着くと、“津波が来た”という叫び声があちこちから聞こえたが、ゴーッという轟音にかき消された。家の後ろの山に駆け上がると、ついさっきまで佐藤さんがいた場所はもちろん町ごと津波にのみ込まれ、黒煙が上っていた。自宅も養殖場も船もすべて流された。

「私たちはただ津波が引くのを待ちました。その間も余震が何度も襲ってくる。娘を抱きしめながら“大丈夫”と自分に言い聞かせていました」

 津波の動きが止まり、引き波に変わりだしてから、情報と支援物資を求め、山を下り近くの中学校へ移動した。

 この日から約2か月の避難所生活と8年半の仮設住宅生活が始まった──そして現在、災害公営住宅に暮らし、防災士に転職。地元の復興と防災対策の普及に努めている。

●被災の教訓
・防災グッズは必要なものを必要な分だけ自宅にストック。無理に持ち歩かなくてもOK!
・津波の可能性がある地域なら、地震後すぐ逃げる
・安全が確認されるまでもとの場所に戻らない

【プロフィール】
佐藤一男さん/避難所運営アドバイザー・防災士。避難所の運営にも携わる。震災後、海がこわくなり、漁師を廃業。2014年に防災士の資格を取得。

取材・文/鳥居優美

※女性セブン2021年3月25日号

関連記事(外部サイト)

×